1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 女性が冷めてしまうLINE実例。こんなメッセージは送らないで!

女性が冷めてしまうLINE実例。こんなメッセージは送らないで!

Share

気になる男性とのLINEのやりとり。何となく「いいかも!?」と思っている相手だったのに、イラっとするLINEで一気に興ざめした経験を持つ大人女性は少なくないのでは? そんなLINE実例と改善ポイントを解説します。

女性が冷めてしまうLINE実例。こんなメッセージは送らないで!

■返信期待への圧が強いLINE 3つの実例と添削

スタンプLINE連投

スタンプだけさくっと送ってくるLINE。既に付き合っている関係だとしても、まだそうでないにしても、スタンプだけのLINEを送られても手抜き感を感じるのに、さらにその連投は「返信期待の圧」を感じてイライラがダブルに。

スタンプはLINE上の会話途中のリアクションやラリーを終わらせるときに使いましょう。
スタートからのスタンプ投げはNGです。

ひと言フレーズの連投

どうして一文にしなかったのか不思議な「ひと言フレーズの連投」もイラっとしますよね。

特に受信音をONに設定しているときは、LINEが何通も来たと思い、気になって開くことになります。
すると、このパターンのLINEが来ている……そうなるとイライラを通り越して、軽い怒りに発展することも。

LINEは家族や親しいプライベートな友達以外では、短文のコミュニケーションツールと認識し、短くとも挨拶→本文(要件)→締め言葉の流れを入れましょう。

未読&既読スルーへの軽クレーム

既読や返信がちょっとでも遅いと、軽くプレッシャーをかけるLINEを送ってくる人っていますよね。これも男女問わず不評。

電話がかかってきたり、急な対応をしなくてはならなくなったりなど、受け取る側の状況が瞬時に変化するのはよくあるケース。

なのに、「あれ?どうした?」や「既読スルー (´;ω;`)」なんて返信やリアクションをしないことへの軽いクレーム的なLINEが来ると思わずイラっとなんてことに。

たとえば、その日の予定など、急いで連絡を取り合わないといけない内容を除き、こちらから投げたメッセージの返信を待ちましょう!

■マイペースすぎるLINE

早朝、夜中などのタイミング

LINEはメールと電話の間のようなコミュニケーションツール。多くの人がメッセージ着信音を設定しています。なので早朝や夜中など非常識な時間に送るのは基本的にNG。

もし、どうしても送る場合は“朝早くからゴメンね”や“夜遅くになってしまったけ」”など、非常識な時間に送っている自覚があることと謝りや気遣いの枕詞は必要です。

酔っ払いLINE

酔っ払ったときなぜかひと言をつぶやきたくなってしまうのがSNS。

ツイッターやフェイスブックに「自分もがんばらなくてはと感じた夜でした」なんてポエミーなつぶやきを残すのは自由ですが、そのノリで送られてきたLINEは自己陶酔の単なる迷惑LINEであり、相手をイラっとさせてしまいます。

うっかり送ってしまった場合は“ごめん。飲み過ぎた”とひと言フォローメッセージを送りましょう。

当日突然のお誘いLINE

当日突然のお誘いも、付き合っている関係ならまだしも「当日誘ってOKなほどヒマだと思っている?」とイラっとするという意見多数。

もし、当日誘うのならば、「多分無理だと思うけれど」や「当日だから難しいとは思うけど、もし大丈夫なら」と当日のお誘いに対するお詫びの一文を入れましょう。

■何が言いたいのかわからないLINE

誘いを自分で断るLINE

自分で誘っておきながら、返信が遅れると自分で断りを入れてくるLINE、大人の男性に多いパターンです。受け取った女性からすると自分が悪いことをしてしまったような罪悪感を感じてちょっとイラっとさせてしまいます。

誘うなら誘い、自己完結させずに相手のリアクションや返事を待ちましょう。

移動やコーヒーカップの写真

これも意外と多いLINEですが、出張途中の駅や空港の写真、カフェのコーヒーカップだけの写真は、もらった相手がリアクションに困ってしまいます。

もし送るなら綺麗な景色や美味しそうな食事、動物にして、「綺麗」「美味しそう」「可愛い」など、コメントしやすい写真にしましょう。

■長文

最後はこれ。LINEは電話以上メール未満のコミュニケーションツールであるからこそ、メールではOKの長文はLINEではNGと覚えておきましょう。

特に画面をスクロールしなくてはならないくらいの長文は、相手に恐怖心を与えてしまいます。長くなりそうな内容は「後で電話していい? ちょっとLINEだと長くなりそうだから!」と電話にするか、会ったときときに話しましょう。

■LINEは送る前に内容と時間を確認して

せっかくいい感じで進んでいたのに、微妙なLINEでTHE ENDなんてことはもったいない。男性の皆さんには送る前に再度LINEの内容、時間を確認することをお願いしたいですね!

2019年1月25日公開
2019年10月10日更新

Share

西澤 史子

コミュニケーションコンサルティング株式会社ループ 代表取締役社長 婚活業種の事業立案・ブランディング・PR・アライアンス・社員およびスタッフ育成等のトータルサポート・コンサルティング、コミュニケーション教育、女性向けサ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article