1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. セフレを好きになってしまったとき、考えたい3つのこと

セフレを好きになってしまったとき、考えたい3つのこと

Share

カラダから始まる恋も確かにあります。どんなタイミングで人を好きになるかは誰にもわかりませんが、セフレとの関係では、忘れたくないのは「これから」のこと。セフレから恋愛関係に発展させるには、まず「先」があるかどうかを考えることが必要です。セフレを好きになったとき、何を見極めれば良いのでしょうか?

セフレを好きになってしまったとき、考えたい3つのこと

■セフレを卒業したいけど、関係が終わりそうで怖い

「出会い系アプリで知り合った男性とセフレを続けています。

たまたま顔が好みで、会話も楽しかったので会ってみたのですが、顔を見て話すとアプリのときよりも盛り上がり、すぐにホテルに行きました。

寝てみると体の相性も良く、彼とのセックスにハマっています。

彼は、『仕事が忙しくて彼女を作る暇がないから出会い系をしている』と言っていましたが、実際多忙な人でLINEの返事もなかなか来ません。

でも、ホテルに行くだけの関係なので、短い時間でもわりとすぐ約束してくれて、月に数回は会っていました。

『ごめん、明日も早いから』って先に帰られるときもあるけど、支払いを済ませておいてくれるような気遣いのある人で、私も彼に差し入れを用意したら喜んでくれて、居心地の良い関係だと思います。

不規則な生活で疲れが溜まっている様子を見ると、何かしてあげたいなという気持ちが湧いてきて、ある日『お弁当を作ろうか』と思ったときに、私は彼のことが好きなんだと気づきました。

でも、お弁当の差し入れってセフレがすることじゃないなと思い、そのときは諦めています。

好きだと意識すると彼に会うのも緊張してしまい、抱かれるときは恥ずかしいくらい興奮する自分がいます。

彼も私の変化に気がついているのか、『何かいいことあった?』と訊かれますが、本心を言えません。

セフレだから会ってくれるんであって、好きになったと言えば関係が終わるかも、と思うと怖くて……。

それに、好きにはなったけど彼の個人的な部分ではまだまだ知らないことが多く、お付き合いしてもらえるとなっても上手くいくかどうか、わかりません。

それなら、このままセフレを続けるほうが良いのかなとも思います。

会っていればいつか好きになってくれるかもという期待もあるのですが、これからどうすれば良いでしょうか?」(34歳/看護士)


セフレから始まった関係を変えたいと思っても、相手の気持ちがわからないと不安ですよね。

「セフレ=都合の良い関係」だから会っているのであって、恋愛感情を持ち込むと面倒くさいと思われそうで怖い、と思うのは当然です。

ですが、今のつながりだって、いつまで続くかはわかりません。相手の気が変われば、いつでも終わりになる危険はあります。

恋人ではない、セフレだからこそ簡単に切ることができるのであって、このままの状態を維持することばかりが良いとはいえないのですね。

「それなら告白したほうがいいの?」と思いますが、闇雲に思いを告げるのもまた怖いもの。

相手の人間性を知らないうちに告白し、交際が始まってから「これならセフレのほうが良かったかも」となっても、元の関係に戻るのは難しくなります。

もし、セフレを本当に好きになってしまったら。

恋愛関係に発展させるには、まず考えておかなければいけないことがあります。

■彼との関係に「先」はあるか

たとえば、出会い系アプリのように不特定多数の人が集まる場で知り合うと、その人の性格や人となり、仕事や普段の生活など、見えない部分はたくさんあります。

会う回数を重ねることでお互いのことを知っていく楽しさはありますが、その反面、仕事や生活の環境が違いすぎたりプライベートで大きな問題を抱えていることがわかったりと、「セフレの関係を抜け出したとき」に引っかかることが出てくるかもしれません。

セフレとしてなら良いつながりでも、恋人となると話は別。もちろん、そのままスムーズに関係が移行していけば良いですが、上の彼女のように個人的な部分を知らないことが不安、ということもあるでしょう。

彼にも好きになってもらいたい気持ちはわかりますが、その前に、彼との関係に「先」はあるのかどうかを考える必要があります。

具体的に何を見据えれば良いか、挙げてみます。

女性関係に問題はないか

まず、男性のほうに女性関係で問題がないかどうかは、必ず確認したいことです。

・実は結婚している
・遠距離恋愛中の彼女がいる
・元カノと揉めている
・片想い中の相手が別にいる


一番気をつけたいのは、相手が独身と偽って会っている場合。

既婚者と肉体関係を持てば不倫になり、こちらにも責任が生じます。相手の配偶者にバレて慰謝料を請求されるなんてことは、絶対に避けたいですよね。

会う時間帯や連絡に不自然さがなくても、一度きっぱりと「結婚してないよね?」と確認してみましょう。

その上で相手がまだ嘘をついて関係を続けていたなら、何かあったときに「既婚者とは知らなかった。確かめたけど独身だと言われた」と説明ができます。

また、実は遠距離恋愛中の彼女がいて、寂しさを紛らわすためにセフレを探していたり、別れた彼女と完全に切れていなくて揉めていたりと、女性関係に問題がある男性なら、告白は控えるのがベター。

重たい関係を避ける男性は、セフレ相手が本気になったと知ると関係を切りたがります。

一緒にいるとき、さり気なく相手の持ち物やスマホを触る様子、別れるときの態度などを観察して、ほかの女性の影がないかチェックしましょう。

良いペースでお付き合いができるか

セフレのつながりなら、上の彼女のように会うとなってもホテルで過ごす短時間で済みますが、交際となるとそうはいきません。

食事する時間やデートでの外出、普段の連絡など、セックス以外の時間も共有するのが恋人です。

相手が忙しすぎて会う時間を作れそうになかったり、連絡の頻度を重要視していなくて放置される時間が長かったりすると、「セフレのときと何が違うんだろう?」ということになりかねません。

どんな暮らしを送っているのかを知ることは、ペースを合わせていけるかどうかで重要になります。

どちらかに大きな負担のかかるお付き合いは続きません。交際を考えるなら、相手の生活リズムや勤務の時間なども、会話の中で手がかりを掴んでいきましょう。

お互いに自立したお付き合いができるか

何より大切なのは、お互いに自立した交際ができるかどうかです。

お金がなくて相手の財布に頼りっぱなしだったり、また精神的に弱くて依存体質だったりすると、対等な関係を築けません。

セフレのときは限られたシチュエーションの中で過ごしていたけど、いざお付き合いするとなると生活に相手の存在が入り込みます。

ホテル代だけでなくデートのときの費用まで負担する、1日中スマホの通知が止まないくらい連絡が来るなど、自分の生活にネガティブな影響のある相手では、良いお付き合いはできませんよね。

精神的にも自立した男性なら、必ず女性の気持ちを尊重した振る舞いができます。お互いに思いやり合えるような、前向きな関係が築けるかどうかを、告白する前には考えたいですね。

■自分の気持ちと向き合う時間を持つ

体の交わりがあると気持ちにも加速度がつきやすく、すぐ恋愛モードに入ってしまうという人もいるでしょう。

ですが、「体の相性が良いから」「居心地が良いから」だけで恋愛感情を貫こうとすると、いざ交際が始まってから相手の人間性がわかり、「こんなはずじゃなかった」と思わぬストレスを受けることもあります。

セフレを好きになったら、自分の気持ちと冷静に向き合う時間を持ちましょう。

お付き合いは、心と心でするものです。相手にも自分を受け入れる姿勢があり、恋人としてしっかり気持ちが結ばれるふたりでないと、セフレの関係を抜け出したとしても幸せな恋愛はできません。

その人との恋愛に、「先」はあるかどうか。恋人になってからも良い絆を築いていけるかどうか。

まずは、セフレとしてではなくひとりの女性として、相手を見極める目を持ちたいですね。

彼女ではなくセフレを求める男性の特徴とは

https://p-dress.jp/articles/7011

親しくなった男性がいるけど、イマイチ関係が発展しない。告白のタイミングは避けるし、でも距離はどんどん詰めてくる。「自分は彼女候補なのかわからない」ときってありますよね。男性が自分とどんな関係を結びたいのか知るためには、あえて「恋愛」を感じさせることが重要です。男性の真意を見分ける方法について、お話します。

「セフレ」から始まった女性を恋愛対象として見るきっかけって?

https://p-dress.jp/articles/6944

カラダだけのつながりで始まった女性に、いつしか恋愛感情を覚えてしまう。そもそも、セフレだからといって、決して別の関係に進めないわけではないですよね。その境目は自覚できないくらい曖昧で、意識した瞬間から男性の言動には変化が現れます。セフレを本当に好きになるきっかけには、何があるのでしょうか。

Share

ひろた かおり

37歳で出産、夫と子どもの三人暮らし。何歳になっても恋愛ネタ大好物。恋愛相談家としてこれまで多くの男女から話を聞いてきた経験を活かし、復縁についてのアドバイスや不倫などさまざまな「愛のカタチ」について書いていきます。 人生...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article