1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 不倫相手ではなくただのセフレ? 女性をその気にさせる男性の態度とは

不倫相手ではなくただのセフレ? 女性をその気にさせる男性の態度とは

Share

結婚している男性と肉体関係を持ってしまった。男性からは愛の言葉を囁かれるし、不倫の恋って大変……。と思っていたら、男性にとってはただのセフレだった。本音ではただ抱ける相手が欲しいだけの男性は、独身女性を「これは恋愛」と錯覚させることに頭を使います。都合のいいセフレにされないために、男性の下心はしっかり見抜きましょう。

不倫相手ではなくただのセフレ? 女性をその気にさせる男性の態度とは

■「不倫の恋」と思っているのは自分だけ?

「勤務先の上司と不倫しています。

きっかけは部署の飲み会があったときに彼から声をかけられたことで、それからLINEのIDを交換して個人的な話をするようになりました。

『かわいいよね』『仕事がんばってるね、応援してるよ』など、いつも優しい言葉をかけてくれる彼にどんどん惹かれてしまい、気づけば好きになっていました。

結婚しているし、叶わない恋だからと思っても、彼から『いつも君のことを考えてるよ』『ほかの男性社員と親しくしないで、妬けるから』と言われるとその気になってしまって……。

結局、誘われるままふたりで食事するようになり、ある日彼から『好きだよ』と告白されました。

不倫がダメなことはわかっていたけど、自分の気持ちを抑えられずに彼と寝てしまい、私からも気持ちを伝えています。

それからは、人目を避けてホテルへ行く関係に。わずかな時間でも彼に抱かれるのは本当に幸せでした。

でも、休日はやっぱり家族を優先されて、会いたいと思ってもLINEに既読がつかなかったり電話に出てくれなかったり、彼の都合でしか時間を作ってもらえないことがつらいです。

約束の日はいつもホテルで、『たまには外でデートしたいな』と言うと『バレたらこんなこともできなくなるよ』と断られるばかり。エッチなしで会うことはありません。

ワガママを言っても『別れてもいいの?』と返されれば黙るしかなくて、そのうち好きなのは自分だけなのでは、と思うようになりました。

思い余って友人に相談すると、『それって不倫じゃなくてセフレって言わない?』と返され、落ち込んでいます。

不倫とセフレの違いって何なのでしょうか?」(33歳/営業事務)


まず、考えないといけないのは「自分は不倫相手かセフレか」ではありません。

どちらにせよ、既婚者と肉体関係を持つことはリスクが高く、相手の配偶者にバレれば慰謝料を請求されたり会社にいられなくなったりと、独身女性が良い目を見ることはまずないと思いましょう。

相手がどんなつもりで自分と付き合っているのか、気になるのは仕方がないですが、本当に愛情があるならそもそも不倫のような人の道に外れた関係は避けるのではないでしょうか。

実際に離婚の予定が立っている、すでに別居中で夫婦の関係が破たんしているなど、夫婦仲が完全に終わっているとしても、結婚している以上、配偶者以外の女性と肉体関係を持てば責めを負うことになります。

そして、相手が既婚者と知っていながら関係を持った独身女性側も、決して無傷では済みません。

そんな危険を承知しながら女性を誘う時点で、男性に誠意があるとは言いづらいですよね。

不倫であれセフレであれ、良い結末は待っていない現実を、まずは考える必要があります。

■「セフレ」ではなく「不倫」を装う男性の下心

あからさまに「セックスがしたいだけ」と言って女性に近づいても、まず受け入れる人はいないでしょう。

特に既婚者なら、妻がいながら独身女性と関係を持ちたがる自分など、マイナスなイメージしかありません。

それでも妻以外の女性とセックスがしたいと思うとき、既婚男性は「これは恋愛」という演出を考えます。

いきなり体の関係を匂わせても警戒されるだけ、それよりまず恋愛感情を独身女性の中に持たせることが、セフレと思われずに抱ける近道になる、と思うのですね。

「好きだよ」と言われれば、誰だって心が揺れます。たとえ相手が既婚者であっても、自分を女性として見てくれる男性の存在は、なかなか拒絶しづらいものです。

それがわかっているから、既婚男性は「かわいいね」「応援してるよ」など言葉巧みに女性の気持ちを持ち上げようとします。

「この人は自分のことを見てくれる」。こんな安心感は恋愛感情に発展しやすく、そこに「妻とは上手くいっていないんだ」など家庭の不和を加えることで、女性の心を開こうとするのですね。

ベッドに連れ込むまでは、男性は必死に独身女性を口説きます。その過程では、相手の下心にはなかなか気づきません。どこかで男性の言葉を信じたい、愛されていると思いたい心理が、女性の判断を狂わせます。

だからこそ、既婚者から恋愛をほのめかす言葉をかけられたときは、相手の真意を見抜こうとする姿勢を忘れてはいけません。

■セフレ狙いの既婚男性は態度に出やすい

上記の女性は、流されるまま関係を持ってしまいましたが、

・約束はいつもホテル
・外でのデートを断られる
・セックスなしで会うことはない
・自分の都合は優先してもらえない
・ワガママを言うと別れを持ち出される


など、既婚男性に関係の主導権を握られています。

無事にセックスのつながりを得ることができた男性は、今度は関係をコントロールすることを考えます。

女性の恋心を利用して、自分の都合よく存在させることが既婚男性の狙い。不自然でなく肉体関係が続けられるように、「アメとムチ」を使い分けて女性の心が離れないように仕向けるのですね。

「アメ」は当然セックスする時間のことです。甘い快楽で独身女性を縛っておいて、愛されていると錯覚させ続けようとします。

肉体関係を持つまでにも、セフレが欲しいだけの既婚男性の言動には特徴があります。

・ふたりきりになりたがる
・夜の時間帯しか会おうとしない
・「抱きたい」「我慢できない」など性欲を伝えてくる
・手を握るなどのスキンシップがある
・「嫁とはずっとしていない」とセックスがご無沙汰なことを伝えてくる


要は、いかに独身女性をその気にさせるか。恋愛感情を持っても自分が既婚者だからとセックスすることをためらう女性の気持ちを、なんとか解消しようとします。

本当に男性にも恋心があるなら、ベッドを思わせる夜の時間帯は避け、昼間のデートを提案することで、女性に警戒心を持たせまいとするでしょう。

スキンシップも、独身女性の気持ちを考えれば控えるのが本当の男らしさです。

不倫は前向きな関係ではないことを真剣に考えれば、独身女性を引きずり込むような真似はしないのが、誠意ある男性の態度。それらを無視して距離を詰めようとするのは、自分の欲望を満たしたいだけの可能性を常に独身女性は考えていたいですね。

■既婚男性とのセックスは決して気持ち良くない、と思うこと

男性の言葉にほだされ、好きになったところで、独身女性が迎える結末は幸せなものばかりではありません。

「妻とは離婚するから」という言葉を信じていざ関係を持ってみても、のらりくらりと決断をかわされて気づけばセックスの相手ばかりさせられる、なんて話は、実際によくあることです。

そもそも、ほかにセックスする相手がいる男性に抱かれても、本当の快感が得られるでしょうか。

お互いの愛情を確かめる幸せな機会が、本来のセックスの意味であるはずです。

確かに信頼し合っている気持ちを交換することで、ベッドでの時間はより濃密になり、心から気持ちいいと思えるセックスができる、と筆者は考えます。

誠意のない男性とのセックスは、自分の体を蔑ろにすること。無駄にリスクを背負うこと。それを忘れずに、既婚男性の下心はきっぱりとはねつけてくださいね。

彼氏はいるけどセフレとのセックスがやめられない本当の理由

https://p-dress.jp/articles/6855

大好きな彼氏。大事にしてくれるし良い交際ができているのに、カラダのつながりしかないセフレとのセックスを求めてしまう。それって、本当に彼氏を好きと言えるのでしょうか。セフレを作ることに悩むけど、本当の問題はどこにあるのか、ある独身女性のお話です。

Share

ひろた かおり

37歳で出産、夫と子どもの三人暮らし。何歳になっても恋愛ネタ大好物。恋愛相談家としてこれまで多くの男女から話を聞いてきた経験を活かし、復縁についてのアドバイスや不倫などさまざまな「愛のカタチ」について書いていきます。 人生...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article