1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. 洗顔を変えると、肌が変わる。今日は何でどう洗う?【美活手帖#13】

洗顔を変えると、肌が変わる。今日は何でどう洗う?【美活手帖#13】

Share

洗うということを、もう一度見直してみましょう。洗顔はスキンケアの土台づくりといえるもの。洗顔を変えれば、肌は変わるのです。今日はどう洗おうか。だからそんなふうに肌とじっくり向き合い、その日の洗顔料を選ぶことからスキンケアを始めませんか。その手ごたえを一度で実感できる、ユニークな洗顔料を選りすぐってご紹介します。

洗顔を変えると、肌が変わる。今日は何でどう洗う?【美活手帖#13】

■温泉成分で洗う:「有馬温泉水でつくった兵庫柚子の無添加石鹸」

使うたびに感心してしまいます。石鹸ひとつでこんなにも肌が整うなんて、と。乾いて荒れがちな肌さえ、ひとたび洗えばしっとりすべすべ、続けるほど揺るぎなく健やかに。柚子がふわりと香る素朴な石鹸がもたらすそのうれしい実感は、たっぷりの温泉水とこだわりの材料、そしてその力を最大限に引き出す熟練の職人技によるものです。

へてから
有馬温泉水でつくった兵庫柚子の無添加石鹸
90g 1000円(税抜)

兵庫・有馬の伝統工芸品、有馬籠を製造する国内唯一の工房が展開するブランド、へてから。日本に伝わる美容の知恵と現代の感性を融合した“美粧品”のなかでも特に愛されているのが、この柚子香る無添加石鹸です。

きちんと洗えてつっぱらない。ぬるつきが残らないのに洗い上がりなめらか。
落とすことと守ること、そのちょうどいい絶妙な調和こそが何といっても素晴らしいのです。

日本三名泉と称えられる有馬温泉。そこに湧き出る炭酸泉を、食品レベルの良質な素材とともに、贅沢に配合。
温泉成分の詳しい分析をもとにその良さを引き出す複雑な配合レシピを開発し、火を使わずオイルの特性や栄養分を活かす製法で、職人の手により一つひとつ丁寧につくられています。

そうしてできあがった石鹸には、温泉の美肌成分をはじめ、生のオイルに含まれるグリセリン(天然保湿成分)やビタミンなどがたっぷり。肌がすっきりしなやかに整うのはそのためなのです。

みずみずしく自然な柚子の香りもそう。香料でも精油でもなく、兵庫県産柚子の果汁と果皮を使用。リラックス効果を持つ香りも、豊富な柚子の栄養分もまるごと活かされ、心と肌に働きかけます。

肌へのやさしさにこだわり、シンプルな原料をもとに無添加でつくられているのもうれしいところ。顔も体もこれひとつ。温泉上がりのあのすべらかな美肌を、家族みんなで味わえる名品です。

お問い合わせ先/へてから Tel. 078-907-3600

■米ぬか酵素で洗う:「米ぬか酵素洗顔クレンジング」

とってもユニークな、すごい洗顔料です。成分は、米ぬかと小麦ふすま(小麦ぬか)のみ。それだけなのに、泡立てネットを使えばもこもこと泡立つし、しっかりメイクも皮脂汚れも一度で驚くほどすっきり。不要な角質や毛穴の角栓だってきれいに落ちて、洗い上がりの肌のつるつる具合といったら、他ではなかなか味わえないくらいなのです。

みんなでみらいを
米ぬか酵素洗顔クレンジング
85g 2130円(税抜)
※詰替パック 85g 1800円(税抜)

冬のあいだに溜まった古い角質によるごわつきや、暖かくなるにつれて気になる毛穴。そんなお悩みをきれいに洗い流すなら、この“特別な”洗顔クレンジングにおまかせあれ。

米ぬかと小麦ふすまだけで、ウォータープルーフマスカラまで、するり。
見事なまでの洗浄力の秘密は、米ぬかに含まれる有益微生物のちから。化学的な作用とは異なるその酵素の働きでメイクや皮脂、毛穴汚れを分解して落とすから、肌に優しいうえに洗浄力はなんと一般的な界面活性剤よりも高いんですって。
(さらに、微生物が排水後も残って水や水道管まできれいにし、環境改善につながるというから、すごい!)

それでいて、ビタミンB2やビタミンE、セラミドといった美肌成分を多く含む米ぬかのおかげか、うるおいは残して肌がいちだんと明るくなる洗い上がり。それはもう、やみつきになるなめらかさです。

肌のざらつきが気になるときにはペースト状にして優しくゴマージュ、肌をいたわりたいときにはふんわり泡立てて洗顔、などその日の肌状態にあわせて工夫するのも楽しいもの。

毎日の洗顔にはもちろん、さっぱりとした洗い上がりはべたつきや毛穴汚れが気になるときのスペシャルケアとしても◎。
ナチュラルメイクの日、よりやさしく洗いたいときには、米粉を配合して洗浄力をさらにマイルドにした「米ぬか酵素ボディウォッシュ」もおすすめです。

お問い合わせ先/フロムファーイースト Tel. 06-6206-3410

■クリームで洗う:「クレンズクリーム」

来る日も来る日も乾燥やくすみに悩んでいるのなら、今日からクリームで顔を洗ってみませんか。植物の恵みからなる、たっぷりのクリームで。その独特な洗顔法と、それによりもたらされる肌の輝かしい変化を体験したら、きっと洗顔の概念が覆ってしまうことでしょう。洗顔料でありながら頼もしいほどのしっとり感が、忘れられなくなるかもしれません。

Dr.ハウシュカ
クレンズクリーム
50mL 2500円(税抜)

泡で落とすのではありません。スクラブでもピーリングでも、マッサージでもパックでもないのです。

うるおいを奪わず、肌のバリア機能も皮脂膜もpHバランスも崩さずに、洗うことで肌をうるおすクリーム。肌を落ち着かせ保湿するハーブエキスや植物オイルなどの自然原料が、界面活性剤の働きによらずに、肌の不要な皮脂や汚れを穏やかにオフ。アーモンドが古い角質や毛穴の汚れもそっと落とし、明るい肌へと導きます。

乾燥が気になる日ほど、朝晩の洗顔が待ち遠しくなる洗い心地。
顔を湿らせたら、ぬるま湯で柔らかくした「クレンズクリーム」を両手で顔にやさしく押しつけて離す動きを繰り返しながら広げます。力を入れず決してこすらないで丁寧に。そして、ぬるま湯で洗い流せば洗顔はおしまい。

植物オイルが程良く肌に留まる洗い上がりは、まるでスキンケアした後のようにしっとりなめらか。
ちなみに、Dr.ハウシュカでは、夜のスキンケアに油分を補わない、オイルフリーのナイトケアを基本としています。肌を解き放ち自ら健やかになろうとする力を育む独自のケアは、このクリームでの洗顔あってこそ。
洗うことで肌をリセットするのではなく、洗顔から肌をうるおいで満たす。そのベースがあるから、大人の肌をも満足させるシンプルケアが叶うというわけです。

独特な洗顔法に慣れるころには、うるおいバランスの整った生き生きとした肌を実感できるはず。顔はもちろん、首やデコルテまで使って、薄着の季節へ向けた肌磨きを楽しんで。

お問い合わせ先/インターナショナルコスメティックス Tel. 03-5833-7022

Text/小島 奈緒子

Share

DRESS編集部

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article