1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. 色香漂う大人のフラワーネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

色香漂う大人のフラワーネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

Share

大人向けのフラワーネイルをご紹介します。フラワーネイルはキュートなイメージになりがちですが、落ち着いた印象のフラワーネイルに仕上げることもできます。マニキュアと筆が1本あれば簡単にできる、大人ならではの色香漂うフラワーアートのやり方を豊富な画像を交えて説明します。

色香漂う大人のフラワーネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

フラワーネイルは定番の人気アートですが、花の描き方ひとつで幼いイメージになってしまうことも。キュートなフラワーはDRESS世代の私たちにとっては気後れしてしまうし、ファッションとも合わせにくいもの。

そこで今回は、色香漂う大人のフラワーネイルをご紹介します。

こんな大人フラワーならば、きちんとしたシーンやファッションにも合うので、気軽に試すことができると思います。

大人なフラワーネイルはアート感が強いため、一見難しそうですが、コツを押さえれば意外と簡単。カラーの刷毛で直接花びらを描くので、必要なグッズは細筆のみです!

カラーは抑え気味にオーロラモカをベースにホワイトでフラワーを描き、ブラウンで縁取りをして大人仕様にしました。

仕上げにパールを乗せてリッチ感もプラス。一味違う色気漂う大人フラワーネイル、ぜひお試しください! 季節によって使うカラーを変えて楽しむのもおすすめです。

■色香漂う大人のフラワーネイルに必要な材料

今回の色香漂う大人のフラワーネイルに使用したネイルグッズです。まずはフラワーアートの指に使用したものから。

・サンリオコラボネイル37(オーロラモカ)
・サンリオコラボネイル1(ホワイト)
・エスポルール23(チョコレート)

ビジューの指に使用したネイルグッズはこちらです。

・サンリオコラボネイル22(シャイニーグレー)
・パール
・クリアストーン
・ブラックストーン

■マニキュアを使った、大人のフラワーネイルのやり方

まずはベース(オーロラモカ)を2度塗りして乾かします。

ホワイトで花びらを描いていきます。

刷毛からそのままカラーを乗せてしまうと、カラーが多すぎるあまり、ぽってりと厚塗りになってしまう可能性があります。刷毛の余分なカラーをアルミホイル等に落としてから爪に乗せると良いでしょう。

花びらを外側から中心に向かって描いていきます。後の工程で縁取りをするので、形はなんとなく花びらになっている、というくらいで大丈夫です。

爪の先端に3枚描きました。

次に筆にブラウンをとり、縁取りをします。

こちらも一度アルミホイルにカラーを落として、刷毛のカラーの量を調整してください。量はやや多め、刷毛の先端にちょんとカラーが乗っているくらいです。

まずは輪郭から。しっかり描くよりも、途切れていたり、太いところや細い部分があったりする方がよりナチュラルになります。

中心に円を描きます。

円の周りに筋を描いていきます。中心から外側に向かって筆を動かします。

筆に残ったブラウンでいくつかの花びらに薄い筋を足します。最後に中心部分にドットを付けます。筆でちょんちょんと乗せても良いですし、爪楊枝を使用しても簡単にできます。

フラワーの爪は、トップコートを塗ればこちらで完成です。

フラワーのポイントはラインをきっちり描かないこと。ラインに使用するカラーはブラウンやブラックなど、はっきりとしたものを選ぶことで、メリハリがついて大人なイメージになります。

ビジューの爪は大きさの違うパールを中心にクリアストーンとブラックのストーンを散らしました。お持ちであれば、ラインに合わせてブラウンのストーンでも素敵です。

ビジューを乗せた爪は固めのトップコートを乗せれば完成。

■やり方を覚えて素敵な大人のフラワーネイルを!

意外に簡単なフラワーネイル。使用アイテムも少ないですし、オールシーズン活躍するアートなので、ぜひこの機会にチャレンジしてみてください。

■セルフネイルの基本のやり方
■「マニキュアでセルフネイル」連載一覧はこちら

Share

ryo

1978年生まれのネイリスト。イタリアのインターナショナルスクール/立教大学を卒業しアパレル業界に勤務。 出産後はネイリストとしてサロンに勤務するかたわら、自宅ネイルサロンでジェルネイルを施術。またマニキュアで大人女子ネイ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article