1. DRESS [ドレス]トップ
  2. カルチャー/エンタメ
  3. 俳優・木村拓哉の再生が見られる作品に注目――『~BG身辺警護人~』

俳優・木村拓哉の再生が見られる作品に注目――『~BG身辺警護人~』

Share

「武器を持たず、人を護る民間の警護人」であるボディーガード=BGが、命を懸けて依頼人を守る、木村拓哉主演のヒューマンアクションドラマ『~BG身辺警護人~』のレビューをあのふたりの掛け合いでお届けします。

俳優・木村拓哉の再生が見られる作品に注目――『~BG身辺警護人~』

■『BG~身辺警護人~』あらすじ

「武器を持たず、人を護る民間の警護人」であるボディーガード=BGが、命を懸けて依頼人を守る、木村拓哉主演のヒューマンアクションドラマ。エリート集団の警視庁SPからは邪魔者扱いされ、守るべき対象者からは「武器も権力もない人」と軽く見られがちな立場にありながらも、知恵と体技と勇気と優しさで難局を切り開いてゆく。

■「歳食った」「オッサン」をついに受け入れたキムタク

小耳沢はさ美(以下、耳)「今期の連ドラの中で注目度No.1、初回視聴率1位15.7%をたたき出したドラマといえば……」
バルサミコ瞬(以下、バ)「キムタク主演の『BG~身辺警護人~』ですよね。たしか先週オンエアの第2回視聴率は15.1%。安定軌道に乗ったかなと」
「それにしてもこの『BG』でのキムタクの扱い、ひどすぎません?」
「これまでとは、明確な違いが見えますね」
「冒頭いきなり思春期の息子から反抗されまくる。おまけにBG(=ボディーガード)の職場では、重要なミッションを前に『大丈夫、大丈夫。(オレ)歳だけは食ってるから』なんて自虐的な台詞を口にするかと思うと、若手から『それ、マイナスでしかないんですけど』なんて、ナメたことを言われて」
「あげく斉藤工(たくみ)演じる高梨からは『オッサン』呼ばわり。いつものキムタクなら『ちょ待てよ!』と反抗すべきところが、あっさり受け入れてしまう」
「ひさしぶりに観るキムタク。両頬にくっきり肉割れの線なんか入っちゃって、オッサンと呼ばれても仕方ない老いがあらわに。だからといって、SMAP解散騒動で大バッシングを受ける以前のキムタクなら、ありえない脚本ですよね」

■平凡な中年男だけど有能、誠実。あらたなヒーロー像がここに

「たしかに。でもなんだろう、パーフェクトなヒーローを降りたキムタクが、妙にいい味なんだな。『BG』のキムタクは、ごく普通の中年男。思春期の息子とうまく関わる器用さがないし、職場で尊敬を集めるリーダーってわけでもない。平凡な中年男なんだけど職能は高くて、クライアントや同僚など、誰に対してもちゃんと誠実に向き合う。時折やさしい人間性が顔を覗かせる」
「あ。第2回のオンエアでもやさしさがわかるシーンがありましたよね。キムタクが取り押さえた犯人を警察が手荒く連行するんだけど、その様子を見送りながらぽそっとつぶやくんです。『そのひと(犯人)だって被害者なんだよ』って」
「あれはグッときましたね」
「これまでのいかにもヒーロー然とした隙のないキムタクよりも、ずっと共感できるんですよね。アクションシーンでも結構やられちゃって、『いてっ』なんて言ってケガだってしちゃうんだけど。その、なんとかギリギリ勝ってる感じに、母性本能をくすぐられるっていうか(笑)」

■「あの会見」を相殺。俳優・木村拓哉の再生が見られるか

「今回のキムタクは、自分から前へ出ようとするところが一切ありませんよね。職場でもヒラのボディガードにすぎなくて、指示する側じゃなくされる立場。これね、あの謝罪会見と真逆だなあと」
「謝罪っていうと、あの『SMAP×SMAP』で放送されたSMAP解散騒動のときの?」
「もう2年前になりますか。あの会見でキムタクは、リーダーの中居くんを差し置いてセンターポジションに陣取り、自分がSMAPをちゃんと存続させるからと取り仕切ってみせた。その姿は多くの視聴者に『リーダー気取りの唯我独尊』と映り、そこからキムタクは一気に批判と嫌悪の対象に転落してしまった感がある」
「なんとかこのままSMAPを存続させるんだって気持ちが空回りした感じでしたよね」
「そう。あそこで前へ出ることで国民から買った反感と、今回『BG』で控えめに下がりつつ見せる好感。これでちょうど相殺というか、このドラマが綺麗にあの謝罪会見のフォローになってるんです」
「そんな相殺の仕方聞いたことありませんけど、でもたしかに今回の役の印象で、なんだかいろんなことがチャラになって、ここからあらためて俳優キムタクのキャリアが始まる予感があります」
「でしょ?(笑)」
「今クール、嵐・松潤の『99.9』に、石原さとみの『アンナチュラル』と、1話完結ものが揃って善戦してますよね。キムタクの『BG』も1話完結もので何話からでも見やすいですし、ぜひこのまま三強のひとつとして勝ち残ってほしいなと」
「気づけばキムタクも45歳ですからね。弱さを認めない強さから、弱さを認めて受け入れる強さへ。これがこれからの俳優・木村拓哉のキーワードなんじゃないかと」
「じゃあわたしも自分の弱さを認めて、ダイエットは明日から……と。さ、コンビニスイーツパトロールに繰り出しますか」
「弱さを認める弱さ、ってのもあるんですね……」






小耳沢はさ美/よろず文案作成家。『BG』で明快に「愛される中年男」へとシフトチェンジしたキムタク。妻・工藤静香が家族の私生活を公開しつづけるインスタは、夫の好感度獲得を目指すうえでプラスに働く? それとも。
バルサミコ瞬/ライター兼放送作家。キムタクに求められる「強さ」の質の変化は、もちろん彼の状況や加齢による部分もあるけれど、世の中全体が求める「強さ」の質が変わってきているということなのかもしれず。

Share

小耳沢 はさ美

よろず文案作成家。コラムニスト。エンタメ系ニュースから世相まで、くすっと笑わせユーモラスに批評するコラムに定評あり。 hasami.komimisawa@gmail.com

関連するキーワード

関連記事

Latest Article