1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 「コンビニ恋愛」にしない! 彼と長続きするLINEのやりとり

「コンビニ恋愛」にしない! 彼と長続きするLINEのやりとり

Share

「だれと付き合ってもあまり長く続かない」 「最初は盛り上がるのにすぐ冷めてしまう」。恋愛期間が短くなってしまうことに、悩む女性が増えています。付き合った男性と長続きするためのコミュニケーションの手段として、LINEを上手に利用しましょう。

「コンビニ恋愛」にしない! 彼と長続きするLINEのやりとり

仮に今の恋愛が終わったとしても、お互い次の相手をオンラインでもオフラインでも探す手段があふれているから困らない……。

そんな出会いに対する無意識の安心感が、恋愛期間をより短くしている原因のひとつであることは確実です。

ですが、簡単で便利なコンビニ恋愛を続けていると、本当に大切な人と出会えずに年齢だけを重ねていくことに。

付き合った男性と長続きするコツは「コミュニケーション」。そしてLINEは恋愛を長続きさせるために、とても大切なコミュニケーション手段なのです。

■恋愛を長続きさせるLINE、それはルーティーン化すること

非日常的なドキドキが楽しい恋愛ですが、互いの存在がなくてはならないものになることが長続きの秘訣。

「たわいのないことですが、毎日朝、彼女から”おはよう(はぁと)今日もがんばってね!“のLINEが入るんです。一言だけですがこのLINEが1日の始まりになっていて、彼女から入らないと不安になります(笑)」

そう話してくれたのは、今年彼女と付き合って4年になる30代のAさん。

彼女からの毎朝のLINEは、Aさんに1日をがんばる気持ちを起こすルーティーンになっています。

人はマイナスの変化に弱いもの。

無意識に”当たり前“になっていることがなくなると不安を感じます。ささいな挨拶でも、一言の短いフレーズでもいいので、小さなルーティーンをLINEに作ってみましょう。

■大切なことはLINEで伝えない

文字だけのやりとりは感情的になってしまいがち。SNSやTwitterの炎上に見られるように、文字だけで発信者が意図した“伝えたいこと”を伝えることはとても難しいのです。これはLINEでも同じです。

“そうなんだ”

という一言でも、相手の気持ち次第で明るくカジュアルな返事にも、突き放したようにも感じられます。

だから大切なこと、例えば自分の気持ちやお願い事、謝り事、核心に迫ることなど、大切だと感じることはLINEで伝えないことが大切です。

こぼした水のように、伝えてしまった文字を消すことはできません。そしてLINEの画面に現れたあなたの言葉たちは、取り消し機能を使っても、彼の中で記憶として残ってしまうことを忘れずに。

■些細なこと、だけど大切な挨拶

“挨拶は人間関係の潤滑油“
“挨拶もできない人間は信用ならない”
“まず挨拶から”

そんな挨拶にまつわる訓示は数知れず。

日本は礼儀や礼節を重んじる国であり、その基本となっているのが挨拶。

挨拶がきちんとできる人に対して嫌な印象を抱く人は、相当ひねくれている人でない限りいません。それはオフラインだけでなく、手紙やメール、そしてLINEでも同様です。

人は“きちんとしている”人には“きちんと誠実に対応しなくては”と無意識に感じます。

背筋が伸びている人と話してると、自分の背筋もピンとしなくてはと感じるように、しっかり挨拶ができる人には、礼儀や礼節をもって接しようと思うもの。

LINEでの“おはよう”や “おやすみ”、“ありがとう”や“お疲れさま”、そんな挨拶は彼があなたに対して誠実に対応したいと思うひとつの要素になります。

■季節に応じたフレーズ。寒いこの時期は温もりを感じる言葉を使おう

LINEは会えないときのコミュニケーション手段。けれど、恋愛が長くなるとLINEで伝えることもワンパターンになりがちです。

だから季節に応じたフレーズで、LINEのやりとりを飽きさせないようにしてみましょう。

寒い時期は温もりを感じるフレーズで、彼の”会いたい”気持ちを刺激してみるのもひとつ。

“お疲れさま(はぁと)今日も寒かったね。
お部屋あったかくして待ってるね(^_-)“

と外の気温と部屋の暖かさを対比させたフレーズは、暖かい部屋だけでなくそこで待っているあなたの温かい気持ちも伝わります。

春が感じられるようになってきたら、暖かさをこんな感じで伝えてみると、ワクワクと楽しい気持ちになります。

“今日は暖かい日差しで眠たくなりそう
仕事よりも、ふたりでピクニックに行きたい気分(はぁと)“

マンネリにならないためには、LINEの文字だけで、相手にどれだけプラスのイメージを与えられるかが大切。季節に絡めながら五感に訴えるフレーズを使ってみましょう。

■LINEの中の恋愛にしない、それが恋愛を長く続かせる

頻繁にLINEをしていると、まるで会っているような錯覚に陥ります。

恋愛の初期はとても気持ちが高まり、楽しいLINEのやりとりですが、過ぎたるは及ばざるがごとし。

LINEのやりとりがつまらない、負担に感じる、嫌な面が見え隠れするという印象を与えてしまうと、恋愛寿命を縮めてしまうことに。

LINEのやりとりをしすぎて、LINEの中だけの恋愛にしてしまわないこと。

それが、恋愛を長く続かせるコツです。

Share

西澤 史子

コミュニケーションコンサルティング株式会社ループ 代表取締役社長 婚活業種の事業立案・ブランディング・PR・アライアンス・社員およびスタッフ育成等のトータルサポート・コンサルティング、コミュニケーション教育、女性向けサ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article