【運の良い人の思考法#5】運気の流れから知る、悪い出来事は「運の貯金」

【運の良い人の思考法#5】運気の流れから知る、悪い出来事は「運の貯金」

運気は誰しもが平等に上がったり下がったりします。運が良い人はそのことを肌感覚でわかっているため、運が落ちても「次は上がる」と思えるものです。そのことから、運が下がることは「運の貯金」ともいえるのです。


占い師は運のスペシャリストといっても過言ではないぐらい、「運」について日々考えている人ばかり。僕はその運のスペシャリスト集団の中でも、「運」を第一優先にして、「運」をとことん大事にしている気がします。

例えば、人生の決断の多くを「運」の指し示す方向に従い、日頃から「運が良いか」に比重を置いた生活を送っています。

今回は、新しい年を迎え、運気も変わる時期に入るので、運の良い人の「運気の流れ」についての考え方を紹介しましょう。

■運気には波があることを知っておくことが大切

運はどんな人にも平等です。
というのも、必ず誰にでも運が良いときも、悪いときもあり、運の上がり下がりが平等にやってくるからです。

生涯に渡って運が良い人もいなければ、どん底の悪い人生を一生歩み続ける人もいません。

運が良い人というのは、運に上下動があることを無意識であれ理解している人が多く、だからこそ運が悪いことがあっても、嘆き続けたり、人生を諦めたりすることはありません。

「今は悪くても、また上がる日が必ずやってくる」

そう思うことができるのです。

これは運の観点から見れば正しく、冒頭でも説明したように運には上がり下がりがあるため、上がる日はいずれやってきます。

例えば、東洋占いの中には天中殺(※1)と呼ばれる天が味方してくれない時期がありますが、これは誰でも12年に2年間必ず訪れるものなので、どんな人にも悪い年がやってくることを教えてくれています。

この運の上がり下がりの考え方を持っていない人は、運が下がってしまうと、その後も悪いことが続くような気がして、「結婚できなくて一生独り身かも」「どうせ仕事は上手くいかない」と投げやりになる恐れがあります。

そうなると、せっかくチャンスが目の前に現れたとしても、取り逃したり見逃したりすることがあるでしょう

ですので、悪いことがあって運が下がっていると感じた場合も、「次は運が上がる番だ」と思って、前向きに捉えることが大切です。


※1:天中殺は必ず悪い年というわけではありません。過ごし方によっては良い年になる場合もあります。

■陰極まれば陽になる

もし2017年が悪い年だったなら、2018年は良い年になる可能性は十分にあります。特に去年が失敗や嫌なことばかりで最悪だった人は、今年はビックチャンスがやってきても不思議ではありません。

なぜなら、運気の世界でよくいわれる格言のひとつに、「陰極まれば陽になる」という言葉があります。

運気がどん底まで落ちきると、それ以上落ちることがなくなるため、次は運気が上がっていく状況が必ずやってきます。反対も同じで、良いことばかりで運気が上がり切れば、次は落ちるだけです。

運の良い人になると、この様なことを肌感覚としてわかっている人が多いため、上手くいき過ぎていると手綱をしめて堅実な道を選ぼうとします。

去年を振り返ってみて、「良い年だったのか? または、悪い年だったのか?」を考え、運気の流れを自分なりに分析してみてください。

ちなみにこの理論を上手く利用すれば、開運方法として使うこともできます。
運が下がった後に運が上がるのであれば、あえて自ら運を下げることを行っても運は上がるといえるのです。

例えば、人が嫌がることを自発的に行う(外れくじを引きにいく)みたいなことは、結果的に運を上げることに繋がるでしょう。

■嫌なことがあったときは、運気アップのチャンス!

運気の上がり下がりがあることがわかれば、嫌なことに遭遇しても「運の貯金」と思うことができ、嫌なことがありがたく思えるようになるかもしれません。

そこまでいったら、完全に運が良い人の仲間入りです。

去年、悪かった人は「今年はチャンスがやってくるかもしれない」と思って、もう一度気持ちを盛り返して頑張ってみましょう。

この記事のライター

占い師として日本全国を巡り、2万人以上の鑑定を行う。その経験の中で、数多くの女性の恋の悩みに触れ、女性のための占い婚活イベントを主催し、女性を結婚に導いた実績をもつ。若き男性占い師の視点を生かして、TV・雑誌・Webなど多数...

関連するキーワード


開運 運の良い人の思考法

関連する投稿


2018年に運気をまとうメイク術! 大切とされるのは「大人の美しさ」や「上品な装い」

2018年に運気をまとうメイク術! 大切とされるのは「大人の美しさ」や「上品な装い」

2018年はいったいどのような一年になるのでしょうか。さまざまなメディアを舞台に占い師として活躍するそまり百音さんが、東洋占星術の視点から徹底解説! 合わせて、2018年に運気をアップさせるメイク術もご紹介します。


今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

人生を好転させる秘訣をさまざまな視点からご紹介します。今の状態を逆転させたい。将来こうなっていたい。など人生を変えたいと思ったことはありませんか。人生を良い方向に持っていくために必要なこととは――。


「感情に支配されないで」 日々の暮らしの中に“隙間”をつくるべき理由

「感情に支配されないで」 日々の暮らしの中に“隙間”をつくるべき理由

「洗濯機のようにグルグルと回り続ける暮らしの中にこそ、隙間を作り出し、体と呼吸を整える時間をつくってほしい」そう話す女性僧侶・大澤香有さんの想いとは。


Dr.コパ先生監修。2018年の「開運ネイル」は?

Dr.コパ先生監修。2018年の「開運ネイル」は?

爪先は「幸せの入り口」です。全国のネイルクイックグループでは、風水の家相・方位・インテリア学の第一人者である、Dr.コパ先生が監修するネイルクイックの「開運ネイル」を2月末まで展開中です。2018年におすすめのラッキーカラーやラッキーアイコンを知りましょう。


トイレへの意識を変え、2018年も良い風水を保つ

トイレへの意識を変え、2018年も良い風水を保つ

2018年、風水でトイレをどのように扱うとよいのかを、風水コンサルタントの田中道明さんに紹介してもらいます。日常的に便器のフタを閉じるなど、具体的なアドバイスをいただきました。


最新の投稿


未練がましい男性ほど、次の行動を元カノに取らせたがる

未練がましい男性ほど、次の行動を元カノに取らせたがる

別れた元カレから突然謝罪の連絡が来るけど、それっきり。「どうすれば良いの?」と悩む女性もいるでしょう。未練がましい男性ほど、本音を隠して次の行動を元カノに取らせようとします。素直に復縁したいと言えない男心と、どんな対応をすれば良いかについてお話しします。


産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

多くの女性が対峙する、子どもを産む・産まない問題。産んだ人の体験談はたくさん聞くけれど、産まなかった人の話って意外と聞かないような……? とふと思いました。子どもを持たない人生を送る女性たちのリアルな声を聞ける本『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』と出会い、考えたこと、感じたこと――。


幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

日本国内だけでなく、外国人観光客からも多くの支持を集める京都。そんな京都には悠久の時を超え、今も残る寺社や、晴れやかな気持ちになる雅な美食まで、パワーをもらえるスポットがたくさん。今回は新春におすすめな、開運京都旅のモデルプランをご紹介いたします。


”衝撃の40分”から目が離せない! 『デトロイト』が描く歴史に埋もれた戦慄の一夜 古川ケイの「映画は、微笑む。」#35

”衝撃の40分”から目が離せない! 『デトロイト』が描く歴史に埋もれた戦慄の一夜 古川ケイの「映画は、微笑む。」#35

イラクを舞台に米軍爆発物処理班の兵士たちを描いた『ハート・ロッカー』、オサマ・ビンラディンの捜索に執念を燃やすCIA女性分析官を描いた『ゼロ・ダーク・サーティ』など、センセーショナルな題材選びに定評のあるキャスリン・ビグロー監督。新作『デトロイト』は、米国デトロイト暴動で起きた戦慄の一夜を映画化した、必見の衝撃作です。


フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

冷えや寒さから体調を崩しがちな冬、ちょっと調子が悪いなと感じたとき、どのようなケアを取り入れていますか? 早めに薬を飲むという手段もあるけれど、できればそれ以外で回復させたいもの。今回はフランス女性による風邪予防と対策法をご紹介します。