1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 新しい年に向けて新調しませんか。魅惑のランジェリーブランドと選び方

新しい年に向けて新調しませんか。魅惑のランジェリーブランドと選び方

Share

新しいランジェリーを身につけて新年をスタートしませんか。自分のために、自分が好きな、自分の気分が上がるランジェリーを選んで、2018年も幸せあふれる1年に。さあ、皆さんは2018年、どんなランジェリーで身を包みますか?

新しい年に向けて新調しませんか。魅惑のランジェリーブランドと選び方

新しい年に財布や下着を新調する人は多いようですね。私も子どもの頃、新年は新しい下着で迎えましょうと母親から教わった覚えがあります。

さて、2018年の始まりに向けて、どんなランジェリーを選びましょうか。

■美しいレースに酔いしれる

自分自身を大切にし、労るのは大切なこと。でも、仕事や生活、家事、育児に追われていると、自分のことは後回しにしがちです。

自分に優しくなれたら、ほかの誰かにも優しくできるようになります。時間がなくても自分を思いやるひとときを作りたいもの。

2018年は自分のためにとっておきのランジェリーを選んでみませんか。以下に私が所有しているおすすめのランジェリーをもとに、ランジェリーの選び方をご提案します。

美しいレースに酔いしれる

こちらはフランスの「LISE CHARMEL(リズシャルメル)」。美しいレースが特徴的です。

日本からは遠い国の職人さんたちによって大切に作られた芸術を身にまとう喜びと興奮。レースから透ける肌はいつもよりも美しく見え、自分に自信がわいてきます。

美しいランジェリーは、あなたに心地よさと自信を与えてくれるでしょう。

■美しいランジェリーで自分と向き合う

美しいランジェリーで自分と向き合う

こちらはイタリアの「COTTON CLUB(コットンクラブ)」。触り心地の良いシルクが印象的です。

必要以上に伸びない張りと柔らかさを併せ持つこちらのシルクランジェリーは、発色が良く、色と艶で肌を美しく見せてくれます。

美しいランジェリーを着ると自分の体に興味がわきます。自分の体に向き合って、体を労り、保ち、改善するのが楽しくなります。

それは、健康だけではなく美しさをもたらす、楽しい時間に違いありません。

■慣れないものを着る高揚感が大人の色気をもたらす

慣れない物を着るドキドキが大人の色気をもたらす

いつもとは違う自分を楽しめるのもランジェリーならでは。こちらはポーランドの「LE PETIT TROU(ルプティトゥルー)」のボディ。

薄く透ける上半身と、それに続く黒くつるりとした透けないショーツ部分。腰の部分のレースがひらりと妖精のよう。

それを着るのは私たち大人の女性。アンバランスさが緊張感とドキドキ感を与えてくれます。

安定した大人ならではの、相手を包み込むような美しさも良いけれど、時には誰かが守ってあげたくなる様な危うい美しさも素敵。選ぶランジェリー次第で、気持ちはずいぶん変化します。

■新年らしい元気な色で気分を上げる

新年らしい元気な色で気分をあげる

こちらはワコール「IN CARAT(インカラット)」の赤いランジェリー。

クリスマスに続き、元気の出る赤い色。着物を着ない身軽な初詣にもぴったりです。

新年らしい元気な色で気分をあげる

縁起の良い黄色や金色も良いでしょう。

「LISE CHARMEL(リズシャルメル)」の華やかな発色のシルクランジェリーは、新年にふさわしい豪華さと上質さ。

ランジェリーは自分自身のためのもの。そして、もしパートナーに見せるのなら、パートナーにも喜んでもらいたいから大切に選ぶ。

相手に楽しいデートの計画を求めるだけではなく、心地よく喜んでもらえるランジェリーを選ぶことは、大人の心遣いもしくは「愛」そのものです。

さまざまなランジェリーで身を包み、2018年が私たちにとって素敵な1年になりますように。

Share

ゆりこ

1979年生まれ。 個人的な趣味として、ランジェリーをこよなく愛しています。 楽しいことを見つけて、飛び込むことが大好きです。 歯科医師。妻。2008年生まれの一児の母。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article