口説かれる女にある4つの"すき"

口説かれる女にある4つの"すき"

草食な男性がスタンダード化している昨今。今回は、口説かない男性がそれでも口説きたくなる女性たちがもっている4つの“すき”について。


"最近の男は口説かない"

負け惜しみのように聞こえるかもしれませんが、本当に最近の男性は口説くことに対して超がつくくらいに慎重。

お取引先の結婚相談所のカウンセラーさんたちからも、同じようなセリフをよく聞きます。草食男子が今やマジョリティとなり、スタンダード化している様相の昨今、口説かない男性がそれでも口説きたくなる女性たちには共通する4つの“すき”があります。

■"親近感"="隙"を感じさせる

「とても素敵な女性でしたが、完璧すぎて僕にはちょっと難しいと感じました」

先日とある30代前半の独身女性を、30代後半の独身男性に紹介した際の男性からのお断りのセリフでした。

その女性A子さんは育ちの良さを感じる穏やかな雰囲気のおっとり美人。性格がきつく、主張をするタイプではなく、むしろ逆に3歩下がってついてきてくれそうな穏やかな女性です。

「僕が話している間、ずっと背筋をピンとして、ニコニコと一生懸命聞いてくれるんですが、なんか緊張してしまって……。だらしない僕にはもったいないかなと……」

申し訳なさそうに、けれどきっぱりお断りされてしまいまいた。

最近は、疑似恋愛を体験できるツールやマッチングサービスが充実しています。そんな疑似体験で"口説く"ことなく楽に恋愛経験をしている男性にとって"がんばらなくてはならない相手"はハードルが高くなり避けられてしまう傾向に。

主張が強い、強そうというタイプだけでなく、意外とこの”完璧感“を感じさせる女性も"隙がない"と理由で敬遠されがち。ちょっと抜けているところがあったり、少しルーズに感じられる隙が見えたりするくらいが、ちょうど良い親近感を感じられ、気軽に口説けるかもという気持ちにさせてくれるのでしょう。

■"好き?"を感じさせる

口説かない男性にとって一番避けたいのはフラれてしまうこと。

“口説いたのにお断りされてしまった事実が、自分の友達にSNSで知られたらどうしよう”と、情報化社会の恐怖を感じながら生きているのが今の独身男性。

昭和の時代と違い"無理めな女"を狙う男性は、相当自分に自信がある自信過剰男性か、逆にそのあたりをまったく気にしてない勘違い男性かも知れません。最近の男性は、友人から恋人に発展するように相手の女性も自分を気に入ってくれている、と実感させてくれる女性を気に入る傾向です。

だから、男性からよく口説かれる女性たちは、相手の男性に“もしかして俺のこと好きなのかな?”と思わせるサインを多く発信します。潤んだ目で相手の目をじっと見つめて話したり、ボディタッチを積極的にしたり。また口説かれ上手は褒め上手です。

「〇〇さんって、すごく素敵ですよね」「昔好きだった人に似てるの」なんてセリフを無邪気に、無防備に笑顔でさらりと言うような女性の周りには、ドキドキしながら彼女を狙っている男性が密かに多く存在しています。

■恋愛の"すき間"がある

恋愛体質の女性の本質は寂しがり屋。

常に愛されたい、誰かといたいという願望が、恋人を途切れさせない原因であることが多々あります。例えば、幼少期に愛情不足を感じながら育つと、恋愛に依存してしまう傾向が強くなるとも言われていますが、そんな風に恋愛依存体質の女性は、恋人が途切れないために恋愛に"すき間"がありません。

いつでも満室御礼のような恋愛をしている女性は、"誰でもいいの?"と男性から安っぽい女というレッテルを張られてしまい敬遠されてしまいます。そして、"すき間"がないと当然新しい恋が入る余地がなくなります。結果として自分から次の恋人候補を探して、間があかないように乗り換えていくという繰り返しに。

本当の縁を呼びたいのなら、恋愛体質の人こそ恋の断捨離をするべき。一旦、ひとりになって本当に自分が求める男性はどんな人なのか、自分自身と向き合ってみましょう。

そして、そんな恋愛の“すき間”にこそ本当の縁が引き寄せられてきます。

■"透き肌"を持っている

上の3つと違って最後のひとつは見た目の要素です。

失礼ですが、美人でもなくそれほど可愛くもないのに、男性から人気がある女性が持っている要素のひとつとしてこの"透き肌"があります。

女性の場合、年齢を重ねてくると肌は幸せの象徴に。艶やかでハリがあり、透き通った“透き肌”は健康で幸せな印象の象徴です。

多くの男性が本能的に望むことのひとつは、自分の遺伝子を残すということ。そのため無意識に相手の女性が健康であるかどうかをチェックしています。年齢や体型より健康が現れるこの肌は、男性の多くがチェックするポイントです。

だから何よりも肌のケアは怠らないようにしましょう。高価なアクセサリーよりも、綺麗なメイクよりも、”透き肌“が口説かれる女への近道となるので、スキンケアは入念に!

この記事のライター

コミュニケーションコンサルティング株式会社ループ 代表取締役社長 婚活業種の事業立案・ブランディング・PR・アライアンス・社員およびスタッフ育成等のトータルサポート・コンサルティング、コミュニケーション教育、女性向けサ...

関連するキーワード


恋愛

関連する投稿


自分に自信のない男性ほど女性を「キープ」したがる

自分に自信のない男性ほど女性を「キープ」したがる

女性をキープする、と聞くと女慣れした男性を思い浮かべる人も多いと思います。しかし、自分に自信が持てない男性も意外とやってしまうこの行為。ですが、彼らの場合は決して複数の恋愛を楽しむためではなく、自分の恋愛感情を貫けない弱さが原因。一途になりきれない理由について、お話します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


自分の性体験を話してドン引きする男ならすぐに切りなさい

自分の性体験を話してドン引きする男ならすぐに切りなさい

社会学者の宮台真司さんとAV監督の二村ヒトシさんが、共著『どうすれば愛しあえるの』を出版。本書の発売を記念してイベントを開催。後編では、実りのある関係を結べる男性を選ぶ方法を詳しく語りました。


幸せなセックスは「与えあう」、不幸せなセックスは「要求する」

幸せなセックスは「与えあう」、不幸せなセックスは「要求する」

社会学者の宮台真司さんとAV監督の二村ヒトシさんが、共著『どうすれば愛しあえるの』を出版。本書の発売を記念して、現代人は性愛を通じて幸せになれるのか、語り尽くすイベントを取材しました。


断捨離で運気アップ! 整理整頓で生活をもっと輝かせる

断捨離で運気アップ! 整理整頓で生活をもっと輝かせる

皆さん断捨離をしたことはありますか? 断捨離は不要なものを捨てる行為のことを指しますが、自分にとって大切なものを見直す機会にもなります。本当に必要なものだけを持つことで運気アップにもつながります。新しい年を迎える前に、断捨離をしてみてはいかがでしょうか。


最新の投稿


友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。ときどき「大人になると友だちができない」という声を聞きます。友だちがほしいのにできない――そんな方は本特集にヒントがあります。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポットの紹介、友だちと一緒に過ごさないひとり時間など、友だちにまつわるあれこれを取り上げます。


キャリアと経験を掛け合わせてレアな人材になる――未経験からのチャレンジで活躍する方法

キャリアと経験を掛け合わせてレアな人材になる――未経験からのチャレンジで活躍する方法

異職種への転職や未経験からのチャレンジ。やってみたいけど、活躍できるかどうか、不安で一歩踏み出せない人も多いはず。今回は株式会社メルカリの広報、中澤理香さんのキャリアインタビューから、未経験からの転職で活躍する方法を紐解きます。


僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

大人になると友達を作るのが難しい……。そんな悩みを抱える人は少なくないようです。そもそも友達とは何なのか? 友達を作りたいとき、どう作るのか? 「DRESS」では1月、「友達」特集(仮)をお届けします。渋谷でbar bossaを経営する林伸次さんに「友達と孤独」をテーマに寄稿いただきました。


1月特集「トモダチってナニ?」

1月特集「トモダチってナニ?」

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。今の友だちに満足している人も、友だちを増やしたいと思っている人も、今あらためて、友だちについて考えてみませんか。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポット、ひとりの時間など、友だちを再考するきっかけを提供します。自分が理想とする友だち関係をつくっていこう!


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

ビジネスシーンに最もふさわしいドレスシューズ(革靴)。一般的には、「黒の内羽根式のストレートチップ」のドレスシューズが最もクラシカルでフォーマル度が高いといわれます。ドレスシューズの正しい知識を押さえて、ビジネスシーンにふさわしい革靴選び、ケアをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


おっぱい