1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. やや太め・短め・輪郭ふんわり。大人かわいく見せる眉メイクのやり方とコツ

やや太め・短め・輪郭ふんわり。大人かわいく見せる眉メイクのやり方とコツ

Share

いまの時代に合った美しい眉、美眉をつくる方法をご紹介する連載「美眉レッスン」。美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんに眉メイクの基本から、なりたいイメージに合う眉メイクを伝授していただきます。第8回では「大人かわいく見せる眉メイクのやり方とコツ」をご紹介します。

やや太め・短め・輪郭ふんわり。大人かわいく見せる眉メイクのやり方とコツ

ポイントメイクのなかで、トレンドが刻々と移り変わっていくパーツのひとつが眉。少し前までは太めな眉が旬でしたが、太めでもなく、細めでもない「やや太め」な眉が最旬に。

いまの時代に合った美しい眉、美眉をつくる方法をご紹介する本連載では、美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんに眉メイクの基本から、なりたいイメージに合う眉メイクを伝授していただきます。

第8回では「大人かわいく見せる眉メイクのやり方とコツ」をご紹介します。

大人かわいく見せる眉メイクの特徴

「大人かわいい」印象を与えたい――では、どんな眉メイクをすれば、大人かわいい雰囲気をつくれるのでしょうか。

芸能人でいうなら、佐々木希さんや白石麻衣さん、深田恭子さんなどが、大人かわいいの代表格。誰もが認める、大人っぽさもありながら、どこかキュートな印象を持つ方たちです。

彼女たちの眉に共通するのは、やや太めで曲線的な眉であること。以下に眉メイクの具体的な方法をご紹介します。

1.目幅の3分の2くらい、やや太めに描く

目幅の3分の2くらいの太さを意識して描きます。目幅の2分の1くらいの細さにすると、大人かわいいというよりも、色っぽい雰囲気に仕上がります。

2.短めに描く

大人かわいい眉は気持ち短めに描くのがコツ。若々しく見せたいときは太め・短めな眉と覚えてください。

短めな眉の目安は、口角と目尻を結んだ延長線上に眉尻がきます。描き終わってそれよりも長いと感じたら、綿棒で余分な部分をとって、短くしてください。

注意点は目安よりも短くしないこと。眉を短くしすぎると、眉〜生え際までの余白が大きくなり、顔が大きく見えてしまいます。

※綿棒の使い方は、「美眉づくりに欠かせない道具の選び方・使い方」でもご紹介しています。

3.上下のアウトラインをアーチ型にする

大人かわいい眉は、アーチ型にするのがポイント。

眉のアウトラインはアイブロウペンシルではなく、眉の内側から色を乗せた後、ブラシに残ったパウダーでふんわりと描き足すようにします。淡い色でぼかすイメージです。

4.眉頭をぼかす

眉頭はブラシに残ったアイブロウパウダーをなじませ、スクリューブラシでぼかします。

■眉メイクのやり方〜基本編
■「美眉レッスン」連載一覧はこちら

写真提供/玉村麻衣子
構成/池田園子

Share

玉村 麻衣子

美眉アドバイザー/アイブロウの技術者資格「Browtist(R)」を保有し、人の筋肉や骨格に基づくアイブロウデザインの提案や施術、なりたい理想イメージに近づくためのアイブロウメイクのポイントを、セミナーや雑誌の監修、執筆活動...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article