1. DRESS [ドレス]トップ
  2. カルチャー/エンタメ
  3. 『フリンジマン』第5話あらすじ - 既婚を隠して愛人を作るのはルール違反!

『フリンジマン』第5話あらすじ - 既婚を隠して愛人を作るのはルール違反!

Share

『フリンジマン』第5話 のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。愛人作りを開始した満島。既に愛人候補はふたりもいる!? 気になる5話の展開は――。

『フリンジマン』第5話あらすじ - 既婚を隠して愛人を作るのはルール違反!

『フリンジマン』第4話のレビュー・あらすじ

■『フリンジマン』第5話のあらすじ(ネタバレあり)

田斉(大東駿介)の愛人作りが未遂に終わり、今度は満島(淵上泰史)が愛人作りに乗り出した。

「とにかく愛人が欲しい!」と主張する満島に、井伏(板尾創路)はまず愛人候補を見つけることが必要だとレクチャー。

それを聞いた満島は得意げに「すでに愛人候補を見つけた」と言う。それもふたりいるとのことで、愛人同盟は驚愕した。

早速愛人候補を見に行ったところ、ひとりはデパートの店舗案内係・ミエ(佐津川愛美)、もうひとりはキャバ嬢・カオリ(岸明日香)だった。

田斉(大東駿介)と坂田(森田甘路)は清楚系であるミエのほうが適役だと考えるが、井伏は「店舗案内係は難易度が高い」とふたりに話す。

店舗案内係がいかに手強いか力説した井伏は、満島に過度なプレッシャーを与えないよう、そのことは秘密にしておくようにと田斉と坂田に口止めした。

満島は井伏から「曲がっているネクタイを直接直しにくる女性は愛人の原石」という「ネクタイの法則」を教わり、早速実行に移した。するとミエは見事に満島のネクタイを直し、愛人の原石だと判明した。

その後、満島はカオリとのデートに成功。ミエともデートの約束を取り付け、順風満帆な状態だった。

しかし、満島はミエにあることを秘密にしており、井伏はそのことを指摘したが……。

■『フリンジマン』第5話の感想

愛人候補がすでに見つかっているうえに、ふたりもいるとは。おまけにそのふたりと順調に仲を深めているのですから、愛人成立も時間の問題かもしれません。

期待を高めつつドラマを見ていましたが、それほど甘いものではなかったよう。最後に大きな問題が発覚しました。

なんと満島は、既婚者であることをミエに黙っていたのです。

満島が既婚者だとミエが知っていれば、ミエもその気がある場合、納得したうえで愛人関係になれます。

しかし、知らなければ……ミエは完全に騙されている状態です。これはひどい、ひどすぎます。

自分がこんな目に遭わされたら、きっと秘密にしていた男性を恨むでしょう。そして騙された自分を恥じて、ひたすら泣いているかもしれません。

愛人作りのプロである井伏は、電話で満島に「妻帯者であることを彼女に伝えなさい」と指示。

井伏の愛人作りのポリシーから考えたら、既婚者であることを秘密にするなんて言語道断です。レクチャーしている相手がそんな行動に出ることは許せないと思います。

今まで井伏の言う通りに動いていた満島でしたが、今回は井伏からの電話を切ってしまいました。

あぁ、あんなにお世話になった井伏からの指示なのに!

順調に進んでいた関係が終わってしまうという恐怖は、満島にとって井伏を裏切る恐怖よりも大きかったようです。

とはいえ、電話を切った満島の手はかなり震えていました。井伏に牙をむける恐ろしさを感じているのがよくわかります。

関係がうまくいっていたら、自分が不利になるようなことは言いたくない。そんな気持ちはよくわかります。

問題を後回しにすればするほど、事態が発覚したときに困ることはわかっているのですが、どうしても目先のことばかり考えてしまうのでしょう。

井伏に逆らった満島は、もう井伏からアドバイスを受けられないかもしれません。

関係が順調にいっているため、井伏がいなくてもなんとかなる可能性もありそうですが、それでも不安は大きそう。

また、既婚者だといつバレるのかも気になるところ。満島はこれから、仲を深める楽しみよりも、既婚者であることを知られる恐怖のほうが大きくなっていくのではないでしょうか。

愛人作り、やはりむつかしい。せっかく愛人候補がふたりもいるのに、今回も一筋縄ではいかないようです。

ただ次回予告では、満島が女性とベッドインしそうな雰囲気がありました。もしかして、なんだかんだで愛人関係が成立するのでしょうか……?

そして、井伏は言うことを聞かない満島に手を貸すのでしょうか? 来週の展開も見逃せません。

■『フリンジマン』作品概要

「愛人がほしい!」その願望を抱く田斉、満島、安吾の3人は、今まで数々の愛人を作ってきた井伏に愛人の作り方を教えてほしいと申し出る。

井伏は愛人教授(ラマン・プロフェッサー)として愛人を作る方法を教える代わりに、「愛人同盟」として4つの掟と厳しい指導、ミッションを与えていく――。

なぜ男が不倫をするのか? 危険な愛人作りの先にあるのは天国か、それとも地獄か……? 笑いあり、エロありの不謹慎不倫コメディードラマ。

第5話 11月4日 (土)深夜0時20分〜放送分

■『フリンジマン』キャスト

板尾創路
大東駿介
淵上泰史
森田甘路
東幹久
村松利史
筧美和子
佐津川愛美
岸明日香
小倉優香
MEGUMI
板野友美
ほか

『フリンジマン』第6話あらすじ - ホテルへ行けたのに……焦ってデキない男

https://p-dress.jp/articles/5417

『フリンジマン』第6話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。愛人候補のミエに妻帯者だと伝えていない満島。気になる6話の展開は――。

Share

神之 れい

関西在住のフリーライター。1984年11月5日生まれ。ライターとは無関係の短大へ進学、一般企業で5年ほど勤めた後にライターへ転身。女性向けウェブメディアを中心に執筆。もやもやを抱える女性のヒントになるような記事執筆を目標に活...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article