「しても意味のない妊活」に振り回されないで

「しても意味のない妊活」に振り回されないで

妊活にも意味のあるものと、意味のないものがあります。妊活とは、不妊治療とまではいかなくても、妊娠しやすい体を作るという趣旨で使われるようです。今回のコラムでは、自身も不妊を経験した女医の視点から、さまざまな妊活の効果について検証します。


■わからないことも多い妊娠のメカニズム

医学が進歩したとはいえ、不妊症(正常な性生活を営むカップルが1年間以上妊娠しない状態)の原因ははっきりわからないこともあります。

妊娠しない原因が女性側にある場合、男性側にある場合、両方にある場合のほかに、検査しても「特に異常がない」ケースは多いです。

既婚者であれば「お子さんは?」という質問の答えに詰まることもあると思います。医師の私であっても、不妊に悩んでいたころは、今思うと笑ってしまうような「妊娠にいい」方法を試したことがありました。

ただ、ひとつ確実に言えることは、残念ながら「女性の年齢が上がるほど妊娠の確率は低くなる」ということです。

■巷で話題の妊娠法には、根拠がないものがたくさん

「妊娠によい」とされる商品はたくさん売られていますが、はっきりと「妊娠率が上がった」ことを証明したものはありません。

たとえば有名なのが葉酸のサプリメント。葉酸は、「妊娠初期の妊婦がとると、胎児の先天異常の確率が下がる」ことがわかっています。ただ、「妊娠しやすくする」ものではありません。

マカも妊娠しやすさとの関連を調べた医学論文はいくつかありますが、はっきりと「妊娠しやすくなる」ことを証明するデータはありません。

ここ数年よく耳にするのが、「紙ナプキンには発がん物質が含まれており、経皮吸収されて婦人科の病気の原因になる」といったデマです。

紙ナプキンに発がん物質はなく、そもそもナプキンは粘膜に直接触れてない、経皮吸収されたとしても子宮に蓄積されるわけではないなど、この説は矛盾点だらけです。医師からすると笑い話なのですが、信じてしまっている女性も多いようです。

もちろん、紙ナプキンを布ナプキンに変えたから妊娠しやすくなる、ということはあり得ません。布ナプキンのほうが快適だというのなら変えると良いでしょう。でも、無理に変える必要はありません。

また、整体やヨガで妊娠しやすくなると謳っているところもあるようです。 サプリメントや健康食品にしろ、布ナプキンや整体にしろ、それを取り入れる本人が好きでやるのは構わないと思います。

しかし、もしストレスになるのに無理をしているのであれば、根拠のない方法はやめてしまってもいいのではないでしょうか。

赤ちゃんがほしいのになかなかできない、という悩みはつらく、何らかの方法に頼りたくなる気持ちもわかります。しかし、そういった思いにつけ込むビジネスがあるのも事実です。

布ナプキンで「子宮が温まる」「生理痛が減る」は眉唾

https://p-dress.jp/articles/2586

月経時に布ナプキンを使うと「生理が軽くなる」「子宮が温まる」「出血量が減る」などの効果が期待できる、と信じている女性たちがいます。Web上には布ナプキンの作り方や洗い方などの情報がズラリ。でも、その効果って本当? それとも眉唾? 宋美玄先生が解説します。

■「しても意味のない妊活」に時間とお金を使うのはもったいない

では、どうすれば意味のない妊活に時間やお金を使わずに済むのか。答えはシンプルで、妊娠のしくみを考えたときに、明らかに関係のなさそうなものはやめておくということ。

妊婦さんから妊娠菌をうつしてもらう、などがそうですね。菌で妊娠するなら精子と卵子は必要ないことになってしまいます。

整体で妊娠したという人は、もしかしたら整体を受けていなくても妊娠したのかもしれません。人の心理には「物理的、時間的に近いものを関係があるとみなしやすい」という特徴があります。

もちろん、病院の治療以外の方法をすべて否定するわけではありませんが、妊娠にはタイムリミットがあるのも事実。

不妊を経験した女医としては、効果のない方法に時間とお金を費やす女性を見ると、「もったいない」と感じてしまいます。パートナーとよく話し合って、自分たちで納得のいく方法を選んでほしいと思います。

この記事のライター

1982年広島市生まれ。2007年大阪大学医学部卒業。医師。外国人のパートナーとの間にもうけた2児のシングルマザーでもある。 予防医学と訪問診療にたずさわりながら、個人でセミナーやコンサルティング、執筆などもしています。

関連するキーワード


妊娠

関連する投稿


『隣の家族は青く見える』3話。子を持ちたくない女と子を引き取る男、価値観の違うカップルの悲劇

『隣の家族は青く見える』3話。子を持ちたくない女と子を引き取る男、価値観の違うカップルの悲劇

深田恭子さん、松山ケンイチさん主演の木曜ドラマ『隣の家族は青く見える』。おしゃれなコーポラティブハウスを舞台に、さまざまな価値観を持つ4組のカップルを描くドラマです。特にポイントになっているのが「子ども」の存在。先週放送された第3話では「子どもを作らない」と宣言しているカップルに焦点が当たりました。


『隣の家族は青く見える』2話。ラブラブ夫婦でも不妊治療には男女の意識の差が歴然!

『隣の家族は青く見える』2話。ラブラブ夫婦でも不妊治療には男女の意識の差が歴然!

深田恭子さん、松山ケンイチさん主演の木曜ドラマ『隣の家族は青く見える』。テーマはズバリ、“妊活”。さらに、ゲイカップルや子育て家族、子どもはいらないと主張する家族などが入り乱れる、ハートフルなヒューマンドラマです。2話から大きな展開があったようですが……。


「2人目を産もう」と心底思えるタイミングなんて来ない【母でも妻でも、私#6】

「2人目を産もう」と心底思えるタイミングなんて来ない【母でも妻でも、私#6】

息子はそろそろ2歳。ほどよい年齢差の兄弟姉妹を持つには、ちょっと遅いくらいの妊娠タイミングがやってきています。でも、頭で考えたら、ふたり目なんて全然ぴんとこない。はじめて子どもを妊娠する前と、似たようなことを考えています。


無痛分娩という選択肢【アラフォーで産む#6】

無痛分娩という選択肢【アラフォーで産む#6】

アメリカやイギリスでは、出産翌日に退院するのが当たり前なことを知っていますか? そんなにすぐに退院できるのはナゼ? の理由のひとつに「無痛分娩」がありました。


私はまだ、息子に「愛してる」を言えない【母でも妻でも、私#5】

私はまだ、息子に「愛してる」を言えない【母でも妻でも、私#5】

息子は「小さな恋人」でも「私の分身」でもないけれど、とてもかわいくて愛しくて、かけがえのない存在です。子どもに対する気持ちと誠実に向き合ったら「愛してる」にはまだ早いことがわかりました。でも、人間として1対1の関係を、これからもやさしく、大切に育てていきたいと思っています。


最新の投稿


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

『DRESS』2月特集は「美人は肌から」。自分が機嫌よく過ごせて、メイク時もすっぴんのときも、自信を持てる「お気に入りの肌」を手に入れるための、ストレスとの向き合い方をご紹介。解説してくださるのは「ブレインケアクリニック」院長、今野裕之先生。ストレスと上手く付き合って、肌に悪影響を与えない日常を過ごすアイデアをお届け。


お肌の調子が悪いときは、とにかく肌表面の保護を優先【わたしを助けてくれる肌ケア】

お肌の調子が悪いときは、とにかく肌表面の保護を優先【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESSコラムニストの猫川舐子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


肌に負担をかけず、メイクを落とし切る「正しいクレンジング」をおさらい

肌に負担をかけず、メイクを落とし切る「正しいクレンジング」をおさらい

『DRESS』2月特集「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回はメイクをする人に欠かせない「クレンジング」を見直します。大人の素肌を美しく保つ、正しいクレンジングとは。


新発想「スクラブ×バーム×ティント」の“3in1”リップ

新発想「スクラブ×バーム×ティント」の“3in1”リップ

“スクラブ×バーム×ティント”の新発想“3in1”リップ「ヌードアップ リンクルリップス」が2月20日に新発売に。米国の先行発売で週間ランキング1位を獲得した注目のコスメです。