食もおしゃれも。ハイセンスな街シカゴを散策

食もおしゃれも。ハイセンスな街シカゴを散策

普段、拠点にしているカリフォルニアにからトリップして東のシカゴに行ってきました。水辺に沿って立ち並ぶ有名な建築物の周りを船で観光するのも楽しいです。世界的にも人気ランキング1位に輝くほどのシカゴ美術館、ブルースやミュージカルの街でもあり、食も美味しくて。まさに五感を刺激されてしまう街でした。


■洗練された街並みが残り、緑あふれるオークパーク

日本から直行便で12時間のシカゴ。今回の目的のひとつは、シカゴ郊外にあるオークパークという美しい街でした。緑が多い街は、ぶらぶらと歩くだけでも優雅な気持ちになり、とても気持ちのいい時間を過ごせます。

中でも、世界中から多くの人々が訪れる、こちらに来たら必ず行きたい場所はこちら。旧帝国ホテルや、ニューヨークのグッゲンハイム美術館の設計で知られ、20世紀を代表する建築家のひとり、フランク・ロイド・ライトが設計した自宅や事務所。

世界中からこの建築を見に訪れている人はあとを絶ちません。日本文化に興味を持ち、至るところに日本のデザインを感じさせてくれ、木の温かさや外から入る太陽の光がうまく設計されています。子供たちのプレイルームはとても特徴的で面白かったです。

セレクトショップ「GEM」には、オーナーのセンスが光る、洗練された逸品たちが勢揃い。

散策していると、おしゃれなレストランやカフェ、そしてセレクトショップも。歩くローカルな人もおしゃれな人が多い印象でした。

せっかく行くならこちらのランチスポット「Citrine Cafe」がおすすめ。店内はモダンでおしゃれで、食事もドリンクもとてもおいしかったです。この白魚がまるごと使われている料理はローカルでも人気だそうです。

Citrine Cafe
100 S Oak Park Ave Oak Park, IL 60302
(708) 948-7328

■志高い日本人女性がパワフルに働く、話題のオーガニックウイスキーブランド「KOVAL」

こちらは、すべて有機栽培のオーガニック原料で、酵母や酵素もオーガニックにものを使用しているこだわりあるブランド。パッケージデザインもとてもセンスが良く女性にも人気。樽作りや工場もこだわりを感じる設計で管理されています。

また、わたしがとても感激した理由のひとつに、若い日本人女性がパワフルに働いていることがありました。ウイスキー好きが高じて、こちらの会社に行きついたそう。

お名前は小嶋冬子さん。日本に向けてのマーケットはすべて彼女が担当。若き日本女性がアメリカで活躍している姿を見て、とても感銘を受けました。

KOVAL
5121 N Ravenswood Ave, Chicago, IL 6064
+1 312-878-7988

シカゴの街ひとつを見ても、魅力的なスポットがたくさん。シカゴ市内はもちろん、ミシシッピ川近くのガリーナまで足を伸ばすと、さらに自然が広がり、乗馬やアクティビティも楽しめるスポットも。ぜひ機会がありましたら、立ち寄ってみてくださいね。

今後も、私が訪れた素敵な街をご紹介していきたいと思います。お楽しみに。

この記事のライター

株式会社HIROE STYLE LAB代表 / ビューティプロデューサー 東京とLAのデュアルライフをしながら、独自の感覚でヒト・モノ・コトに対し本音で発信。 これまで美容アドバイスしてきた顧客は14万人を超え、幅広い年...

関連するキーワード


海外旅行

関連する投稿


魅惑の街フィレンツェの旅 後編 〜ミラノ通信#24

魅惑の街フィレンツェの旅 後編 〜ミラノ通信#24

フィレンツェの街歩きでは絶景のバールや、レストランなど、ぜひご自身で体験していただきたい魅力的なスポットがたくさん。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただくフィレンツェの旅、後編です。


魅惑の街フィレンツェの旅 前編 〜ミラノ通信#23

魅惑の街フィレンツェの旅 前編 〜ミラノ通信#23

古いものをきちんと残しながらも、上手に進化している花の都フィレンツェ。大聖堂や美術館から、美味しいものが揃うメルカートまで、ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただくフィレンツェの旅、前編です。


【実践検証】クルーズ船での家族旅行。良かったこと・悪かったこと

【実践検証】クルーズ船での家族旅行。良かったこと・悪かったこと

年末にブラジルに住む家族とマイアミで落ち合い、クリスマスを含む1週間のカリブ海クルーズに行ってきました。下は7歳、上は75歳という年齢差のある全10名みんなが楽しく過ごせるはずだ、と選んだクルーズ船での旅。今回は、実体験を元にその長所と短所を検証します。


幸運を呼ぶ!? ヘミングウェイ家の6本指の猫たち

幸運を呼ぶ!? ヘミングウェイ家の6本指の猫たち

年末にフロリダ旅行をしてきました。訪れたキーウェストには、アメリカの文豪、アーネスト・ヘミングウェイの家があります。ここには50匹以上もの猫が暮らし、その半数以上が「6本指」を持っているのだとか。今回は、「幸運を呼ぶ」と言われるこの猫たちについてご紹介します。


アートと過ごす贅沢ホテル「ルメリディアン・ソウル」

アートと過ごす贅沢ホテル「ルメリディアン・ソウル」

いまソウルには新しいホテルが続々とオープンしています。今回のソウル旅では、2017年9月にオープンした「ルメリディアン・ソウル」をチョイス。目新しいということに加え、地下鉄9号線新論峴(シンノニョン)駅から徒歩2分、江南駅まで徒歩圏内という立地の良さにも魅かれました。リピート必至の素敵なホテルをご紹介します。


最新の投稿


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

『DRESS』2月特集は「美人は肌から」。自分が機嫌よく過ごせて、メイク時もすっぴんのときも、自信を持てる「お気に入りの肌」を手に入れるための、ストレスとの向き合い方をご紹介。解説してくださるのは「ブレインケアクリニック」院長、今野裕之先生。ストレスと上手く付き合って、肌に悪影響を与えない日常を過ごすアイデアをお届け。


お肌の調子が悪いときは、とにかく肌表面の保護を優先【わたしを助けてくれる肌ケア】

お肌の調子が悪いときは、とにかく肌表面の保護を優先【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESSコラムニストの猫川舐子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


肌に負担をかけず、メイクを落とし切る「正しいクレンジング」をおさらい

肌に負担をかけず、メイクを落とし切る「正しいクレンジング」をおさらい

『DRESS』2月特集「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回はメイクをする人に欠かせない「クレンジング」を見直します。大人の素肌を美しく保つ、正しいクレンジングとは。


新発想「スクラブ×バーム×ティント」の“3in1”リップ

新発想「スクラブ×バーム×ティント」の“3in1”リップ

“スクラブ×バーム×ティント”の新発想“3in1”リップ「ヌードアップ リンクルリップス」が2月20日に新発売に。米国の先行発売で週間ランキング1位を獲得した注目のコスメです。