1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 1枚で高見え。UNIQLOのドレープワイドアンクルパンツが夏に活躍

1枚で高見え。UNIQLOのドレープワイドアンクルパンツが夏に活躍

Share

UNIQLOのドレープワイドアンクルパンツは、夏にサラッと履けるだけでなく、着こなしを上品に見せてくれる優秀ボトムス。1枚で高見えし、コーディネートを格上げしてくれるUNIQLOのドレープワイドアンクルパンツを主役にしたコーデを3パターンご紹介します。

1枚で高見え。UNIQLOのドレープワイドアンクルパンツが夏に活躍

■UNIQLOのドレープワイドアンクルパンツで高見えコーデ提案

夏本番。日焼けも汗も気になる毎日。スキニーパンツやデニムが暑くて履きづらい季節ですね。

真夏こそサラッと着心地の良いものを身に着けたいと思いませんか? ただ、私たち大人世代が避けたいのは

・履き心地を重視しすぎて選んでしまい、仕事スタイルには使えないこと
・手抜きをしている感じになってしまうこと
・安っぽく見えてしまうこと

ではないでしょうか。今回、3つのコーディネートで、着まわしご提案をさせてください。少しでも参考になると嬉しいです。

紺色ジャケットと合わせてオフィスカジュアルコーデ

H&Mのレースブラウスで、白色のワントーンコーデを作りました。上下の色を揃えるワントーンコーデにすると、ジャケットの色は自由自在。

私の場合、白色のワイドパンツを選んだので、ホワイトワントーンコーデとなっていますが、これがネイビーやブラウンにしても素敵ですね。

ネイビーやブラウンのワントーンコーデにする際は、ジャケットをベージュや白色にして、かろやかに仕上げると良いと思います。

手抜きに見えない、きれいめカジュアルコーデ

UNIQLOの「ドレープタンクブラウス」とコーディネートしました。このドレープタンクブラウスは夏にぴったりですが、もし初秋にコーディネートするなら、同じくUNIQLOの「レーヨンエアリースキッパーカラーブラウス」のイエローとの相性が良さそうです。

ドレープワイドアンクルパンツなら、カジュアルなぺたんこサンダルと合わせても、きれいにキマって手抜きに見えません。

ブラック×ホワイトで大人の高見えコーデ

ZARAのレースブラウスとニットベストでコーディネートしました。ブラック×ホワイトの組み合わせは、大人な雰囲気に仕上げてくれる配色です。

サンダルは楽天SESTOのプチプラアイテム。トップスの黒色と色合わせをしました。

バッグはクラッチバッグにするだけで、より大人な雰囲気が出せますよ。

白パンツなので黒色のトップスと合わせていますが、黒パンツの場合は白色のトップスが素敵です。

コーデの中で色を多く取り入れず、ブラック×ホワイトのバイカラー配色を意識するだけで、高見え効果が狙えます。

◼︎真夏に履きたいドレープワイドアンクルパンツ。上品に着こなすコツは?

UNIQLOのドレープワイドアンクルパンツは、XS〜3XLまでのサイズ展開(オンライン限定サイズもあるのでご確認くださいね)。

わたしはSサイズを選びました。身長159センチなので、くるぶしの数センチ上に裾がきます。

UNIQLOのサイトを見ると、モデルさんはスネ辺りに裾がきていますね。着丈の長さを短くしたいときは、UNIQLOの「まつり縫い仕上げ」で裾上げをするのがおすすめです。

サイズ選びのポイントは、「ウエスト位置で履ける」かどうかで選ぶこと。少しゆったりしたサイズを選ぶと、ウエストが腰の位置にきてしまい、スタイルアップ効果が見込めなくなります。

今回、3種類のコーディネートを紹介しました。どのコーディネートにも共通しているのは、ウエスト位置をきちんと作っていること。シャツの裾をパンツにインしています。

ワイドパンツなので、意識してウエスト位置を作るのが重要。お腹周りをあまり出したくない方は、シャツの裾を少しゆるっとインするとそれほど気になりませんよ。

このドレープワイドアンクルパンツは、前側に2箇所タックが入っているので、腰回りのハリが気になる方でも、きれいなシルエットが作れておすすめです。

さらに、生地が白色ながらも、下着が透ける心配もない、超優秀なアイテム。汗を気にせず、サラッと履けてしかも上品な1枚。8月のヘビロテアイテムになりそうな予感です。

Share

木村 えりな

パーソナルコーディネーター®。1978年生まれ。CHANELのファッションブティックにてファッションアドバイザーとして勤務。2児の母。現在はパーソナルコーディネーター®として起業家女性のスタイリングやおしゃれをもっと自由に楽...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article