オイル美容と相性がいい肌、悪い肌

オイル美容と相性がいい肌、悪い肌

すっかり定番化してきたオイル美容。「オイルを取り入れるようになってから、肌の調子がすこぶるいい!」と、ハマる人はとことんハマる印象がありますが、一方で、苦手な人も少なくないようです。オイル美容が合う肌、そうでもない肌について考えてみました。


数年前から広まりつつある「オイル美容」。一過性のブームで終わらず、最近ではすっかり定番ケアになってきたような。

オイル美容は、スキンケアにオイルをプラスすることを言い、洗顔後にオイルだけでお手入れを完了させる方法だったり、いつも通りのスキンケアの仕上げとしてオイルを加える方法だったり、取り入れ方はさまざま。

オイルアイテムも、オイルだけでできているものもあれば、オイル以外の美容成分をブレンドしたものもあったり、豊富に揃っています。

雑誌でもオイル美容について多く取り上げられたり、各化粧品ブランドからもオイルアイテムが続々と発売されたりしているので、気になっている方も少なくないのでは。

オイル美容は、加齢の影響で皮脂が少なくなり、乾燥しやすくなっている大人の肌にぴったりだと、美容関係者の間で囁かれています。皮脂を補うことで肌がやわらかくなり、しっとりなめらかな肌を保てるんだそう。

乾燥肌にしか向いていないケアなのかと思えば、べたつきが気になる肌にも良い作用があり、皮脂が過剰に出てしまうのを抑えてくれるとも聞きます。つまり、あらゆる肌質に合ったケア方法……!?

でも実際のところ、オイル美容は、好き嫌いがはっきり分かれるケアだと思います。私自身、何種類かのオイル美容液を試してみましたが、どちらかというと苦手でした。

使い切ることができなかったオイル美容液が、家に何本もあります。「ハマる人はとことんハマる」という印象が強かったのに、拍子抜けです。

では、一体どんな肌の人が向いているか、少し考えてみました。

■毛穴が目立たない人が使うと◎

私の周りでオイル美容にハマっている人を思い浮かべてみたところ、「毛穴があまり目立たない」という共通点があります。顔にあまり汗をかかず、皮脂も少ないようで、夏場でさえテカッてるのを見たことがありません。

吹き出物や赤みなど、目立った肌トラブルはないものの、乾燥や小じわには少々悩んでいる様子。ファンデーションが、時間が経つにつれ粉っぽくなってしまうことはよくあるみたいです。

こういった肌の持ち主だったら、オイル美容に惚れ込む可能性は高いでしょう。肌がしっとりとした感触になり、乾きが気にならなくなるので、どんな高級クリームよりも手応えを感じるかもしれません。

化粧のりはもちろん、化粧持ちも良くなるようで、ファンデーションのつきがもう、むきたまごのように「つるん」としていて、思わず触りたくなるくらい!

実際に触らせてもらうと、本当にすべすべ! べたつきがなく、とってもなめらか。良い感じに整っています。

もともと毛穴が目立たない肌なのに、さらに磨きがかかったという感じです。

■混合肌やオイリー肌の人には不向きかも

私の肌は、いわゆる混合肌です。口の周りだけは少々乾燥しますが、それ以外はべたつきが気になるので、しっとりするスキンケアは苦手です。

最近のオイルは、「べたつかない」「サラサラ」などと宣伝しているものが多く、それならばと安心して買ってみるものの、やっぱりオイルはオイルです。「思ったよりべたつかない」だけで、当然オイル特有のべたつき感はあります。

サラサラのテクスチャーだったとしても、時間が経つと、いつもより皮脂が出ているかのようなテカリが気になってきます。

「過剰な皮脂を抑えてくれるはずでは?」と疑問に感じ、ネットで調べてみると、一人ひとり異なる皮脂が多くなる原因によって、期待できる効果が変わってくるようです。

オイルでべたつきの改善が期待できるのは、乾燥が原因で皮脂過剰になっている場合。逆に、もともとの皮脂腺が大きいなどの理由で皮脂が多い場合は、改善が難しいという情報を目にしました。

私の場合は、べたつきが改善されなかったので後者だったのかもしれません。ただ、どちらのタイプにせよ、皮脂の多さやべたつきが気になる人や、しっとりタイプのスキンケアが苦手な人は、テクスチャーそのものが好みではないかもしれません。

■オイル美容を実践するなら、まずはテクスチャーを試して

好き嫌いこそ分かれるものの、肌の乾燥を早急に和らげたいときや、いつものスキンケアがさっぱりしていて物足りないときなどにもうってつけのオイル美容。

これからオイル美容を取り入れようと思っている人は、できれば店頭でテクスチャーを試してみてください。せっかく買ったのに使い切れない(私です)なんて、もったいないですから。

この記事のライター

美容ブロガー。1974年生まれ。元美容部員の経験を活かし、複数の美容ブログを運営中。 運営ブログ「美容部員は辞めました。」http://cosmebocco.blog59.fc2.com/ など複数サイト。

関連するキーワード


オイル美容 スキンケア

関連する投稿


プチプラ大容量が嬉しい! 卵由来の天然成分を配合した「たまご化粧水」

プチプラ大容量が嬉しい! 卵由来の天然成分を配合した「たまご化粧水」

「たまご化粧水 ココエッグ リンクルローション」は、卵由来の天然成分「加水分解卵殻膜エキス」配合の「乾燥小じわケア化粧水」。しっとりみずみずしい肌に保ち、乾燥小じわを目立たなくします。顔や全身にも使える大容量タイプ。コットンなどにたっぷり含ませて5分ほどパックするとさらに効果的です。


化粧水は今の3倍入れ込む。美容皮膚科で教わった、大人の乾燥肌ケア【猫川舐子】

化粧水は今の3倍入れ込む。美容皮膚科で教わった、大人の乾燥肌ケア【猫川舐子】

美容皮膚科の看護師さんに、大人の乾燥肌のスキンケアは「今の肌悩みや基礎化粧品のラインアップを意識するだけでなく、今後、加齢に伴って肌の水分量が減っていくことに着目する必要がある」と教えていただきました。重要なのは、化粧水をたっぷり、今使っている量の3倍は使い、とにかく水分を入れ込むこと。方法を具体的にご紹介します。


乾燥肌のアラフォーがすすめたい保湿コスメたち

乾燥肌のアラフォーがすすめたい保湿コスメたち

乾燥肌が気になる季節。乾燥肌のアラフォーである筆者も、乾燥対策に力を入れています。今回は、冬に乾燥が気になる方におすすめの、保湿コスメを3点ご紹介します。いずれも筆者が日々使っていて、うるおいを感じているコスメです。個人的な感想を交えてお伝えします。


高貴な薔薇「イザヨイバラエキス」を配合したエイジングケアクリーム

高貴な薔薇「イザヨイバラエキス」を配合したエイジングケアクリーム

高貴な薔薇「イザヨイバラエキス」新配合しました。艶やかにハリ輝く女性らしい美しさへ導きます。最高峰エイジングケアクリーム「ジェノマー ダーマクリーム」を数量限定で発売します。


スキンケアもベースメイクも。SUQQUから贅沢な限定キットが発売

スキンケアもベースメイクも。SUQQUから贅沢な限定キットが発売

SUQQUから、冬の歓びをつめ込んだ、心にも贅沢な限定キットが12月1日より発売に。お好きなファンデーションと、スキンケアから化粧下地、粉雪のようなみずみずしい艶と煌めきで肌を彩る、このキットだけの限定パウダーまでを堪能できる特別なキットに仕上げました。


最新の投稿


ソーシャルレンディングとは - 新しい投資のカタチ

ソーシャルレンディングとは - 新しい投資のカタチ

ソーシャルレンディングとは何かご紹介します。最近話題の、インターネットを使った資金調達方法のクラウドファンディング。その中でもとくに旬なのがソーシャルレンディング。株や債券など、今まであった投資対象に加えて、これを機にあなたも新しい投資を始めてみませんか?


東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

忙しすぎる日常が流れる東京。あまりにも忙しすぎて、情報が多すぎて、本当に自分が幸せなのか、不幸なのか、その基準を人と比べることによってのみ、判断するとつらくなる現状です。自分は自分、人は人。自分の幸せは自分で決める。そのスタンスで生きる人が都心での暮らしで幸せになれる人だと思います。


LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

“いいな”と感じた大人の男性とのLINEのやりとり。“これってその気になってもいいの?”と思わせる言葉や意味深なスタンプ。けれど、意外なところに本音が現れるのがLINE。彼のあなたへの本気度をチェックしてみましょう。


ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから、足元の2大冷えポイント“すね”と“足底”を徹底保温する、至福の極暖「足底とスネの幸せソックス」が数量限定で発売に。カラー展開は新年に向けて縁起が良い「赤」「紺」「金」の3色です。


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


おっぱい