化粧品ブランドは「なりたい顔のイメージ」で選ぶ

化粧品ブランドは「なりたい顔のイメージ」で選ぶ

百貨店を訪れたものの、どこの化粧品ブランドで買い揃えようか、迷ってしまった経験がある人もいるのでは。おすすめはなりたい顔のイメージ(雰囲気)で、化粧品ブランドを選ぶこと。なりたい顔別におすすめな化粧品ブランドを分類してみました。お買い物の参考にしてみてください。


新しいメイクアイテムを買いに百貨店にやってきたものの、いろいろな化粧品ブランドがあって、一体どこで買い揃えれば良いのか迷ってしまった……そんな経験を持つ方は意外と多いかもしれませんね。

特に、ほしいアイテムがこれといって決まっていない場合は、美容部員さんに声をかけられても、「う~ん」と煮え切らない態度をとってしまうことも。

そうこうしているうちに、だんだん気遅れしてきてしまい、「今日のところは帰ろう……」となり、何も買わずに帰ってきてしまう。これではぐったりしてしまうかも。

私の場合、「特にほしいアイテムは決まっていない、でも何か新しくメイクアイテムがほしい」というぼんやりとした目的があるときは、とりあえず化粧品売り場を一周してみます。

そして、自分の好きな感じのメイクをしている美容部員さんを見つけます。化粧品ブランドで選ばず、素敵だなと思う美容部員さんに声をかけるんです。

こうすると、自分の好きな雰囲気(イメージ)のメイクをしてもらうことができて、満足度の高い買い物ができることが多いです。

でも、接客をお願いしたい美容部員さんがすでに接客中だったり、自分から声をかけるのはちょっと……という場合もあると思います。

そんなときは、自分のなりたい顔の雰囲気が得意そうな化粧品ブランドを選ぶと良いですよ。

私の勝手なイメージではありますが、自分自身が美容部員をしていた経験も活かし、なりたい顔の雰囲気別に化粧品ブランドを分類してみました。迷っている方は、参考にしてみてくださいね。

■華やかな雰囲気の顔になりたいならDior、GIVENCHY

華やかで明るい雰囲気の顔を目指したいときは、「Dior(ディオール)」。アイシャドウもリップも発色が良く、見たままの色を楽しめます。顔が華やぐような色味が多く、パーティやイベント時にもひと際映える顔を作ってくれそうです。

華やかな中にも大胆な雰囲気を醸し出したいというときは、「GIVENCHY(ジバンシイ)」。アイシャドウパレットの色の組み合わせや、質感などにも遊び心あふれるブランドだと思います。

■上品で洗練された雰囲気の顔になりたいならCHANEL

上品で洗練された雰囲気の顔を目指したいときは、迷わず「CHANEL(シャネル)」。女性らしい色っぽさも表現してくれますが、どこか粋な感じがして格好いい。シャネルに行けば、シックな女性のイメージになれるメイクアイテムが見つかるはずです。

■優雅で大人な雰囲気の顔になりたいならGuerlain

優雅な大人の雰囲気あふれる顔を目指したいときは、「Guerlain(ゲラン)」。ゲランのメイクアイテムはとても質感が良く、大人の肌や唇にもなめらかにマッチ。艶やカラーも絶妙で、大人の余裕と品が感じられます。パッケージもラグジュアリー感にあふれています。

■セクシーだけど艶っぽすぎない雰囲気の顔になりたいならLancome

セクシーだけどかわいい、セクシーだけどフレッシュ。女性らしい雰囲気はほしいけどセクシーすぎない、艶っぽすぎないイメージを目指したい。そんなときは、「Lancome(ランコム)」。深みのあるカラーでもどこかかわいらしく、甘いカラーでも強さを感じさせるバランスに。

■ナチュラルで穏やかな雰囲気の顔になりたいならCLINIQUE

ナチュラルで穏やかな雰囲気の顔といえば、「CLINIQUE(クリニーク)」。他の化粧品ブランドと比べてメイクアイテムの発色が抑えめなので、清潔感があり、ふわっとした雰囲気を出せます。好感度がアップしそうなイメージです。

■カッコいいモード系な雰囲気の顔になりたいならM・A・C、NARS

個性的でアーティスティックな雰囲気を作りたいなら、「M・A・C(マック)」や「NARS(ナーズ)」がぴったりです。メイクアイテムのカラーが豊富で、似たようなカラーでも微妙に違っていたりと、色にこだわりがあるのが魅力です。

モードだけどもう少し親しみやすい雰囲気なのは、「ADDICTION(アディクション)」や「THREE(スリー)」。コンサバティブメイクをグレードアップしたような旬の顔になれます。ニュアンスカラーが多めです。

■なりたい顔のイメージから、化粧品ブランドを選んでみよう

なんとなくでいいので、「クール系」や「フェミニン系」など、自分のなりたいイメージを持っていると、より買い物をしやすくなりますよ。メイクアイテムのお買い物、楽しんでくださいね!

この記事のライター

美容ブロガー。1974年生まれ。元美容部員の経験を活かし、複数の美容ブログを運営中。 運営ブログ「美容部員は辞めました。」http://cosmebocco.blog59.fc2.com/ など複数サイト。

関連するキーワード


メイク

関連する投稿


ユーグレナのスキンケアブランド「one」からベースメイクアイテムが新登場

ユーグレナのスキンケアブランド「one」からベースメイクアイテムが新登場

ユーグレナのスキンケアブランド「one(ワン)」より、初のメイクアップ商品が登場しました。第一弾は、「oneパーフェクトBBクリーム」「oneフィニッシュパウダー」。肌を明るく見せ、美しい仕上がりが期待できる商品です。


まつエク派も使えます! 「シュシュモア ホットクレンジングジェル」から冬限定の香りが登場

まつエク派も使えます! 「シュシュモア ホットクレンジングジェル」から冬限定の香りが登場

まつ毛エクステをしていても使える、肌にやさしい温感クレンジング「シュシュモア ホットクレンジングジェル」から、冬限定<ゆずの香り>が新登場。オイルフリー処方ながら、オイルクレンジング級のメイク落ちを叶えるアイテムです。クレンジング・洗顔・角質ケアがこれ1本で完了します。


秋色コスメを取り入れて、自分の顔を見直す機会に

秋色コスメを取り入れて、自分の顔を見直す機会に

秋色コスメといえば、カーキやボルドーなど、季節を感じられる色味が代表的。そもそもくすんだ色のため、大人の肌をさらにくすんで見せたり、肌のアラを助長させてしまったりすることも。しかし、それを逆手にとって、自分の顔を見直す機会にしてみるのはいかがでしょうか。


マットリップブームの立役者「レブロン ウルトラ HD」に待望の新色

マットリップブームの立役者「レブロン ウルトラ HD」に待望の新色

海外セレブに大人気。マットなのに、メタリック!? キスを誘うキラめきリップ「レブロン ウルトラ HD マット リップカラー」から新色3色が登場します。


クラランス2017クリスマスコフレ第1弾の注目は「コンフォート リップオイル」

クラランス2017クリスマスコフレ第1弾の注目は「コンフォート リップオイル」

クラランスから今年もクリスマスコフレが登場しました。2017 Precious Holiday 第1弾は、シャイニー コンフォート リップオイルと美しい10色グラデーションのアイパレット。数量限定で全国発売決定です。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

夏が残していった紫外線ダメージ。秋が連れてくる無慈悲な乾燥。そして、カサカサどんより冴えない肌。さあ、悩めるくすみ肌をいたわり、透明感を取り戻すお手入れに注力する時がやってきました。ご用意したのは6つのメニュー。脱ぐ、満たす、補う、包む、巡らせる、うるおす。肌とじっくり向き合って、効果的にお手入れを組み合わせてみて。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


おっぱい

MENU

DRESS部活