1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. フランス女性の自然美メイクには「作り込まない」ルールがある

フランス女性の自然美メイクには「作り込まない」ルールがある

Share

生き方や服装に自分らしい軸を持つフランス女性。同様にメイクにもこだわりがあるみたい。ナチュラルな美しさを漂わせているけれど、一体どんなアイテムを使用しているの? いつもの表情がより自分らしく変わるかもしれない――そんな彼女たちのメイク術をご紹介します。

フランス女性の自然美メイクには「作り込まない」ルールがある

見出し画像

フランスのコスメブランドといえば、シャネルやディオール、ランコムなど。高級感漂うロゴの入ったパッケージを眺めるだけで気分が上がる、という方もいるのでは?

日本の百貨店のコスメカウンターでは、女性たちが美容部員さんと楽しそうに話しながら、タッチアップしてもらっているのを見かけますよね。

しかしフランスの百貨店では、そのような光景を目にすることはほとんどありません。思い返してみると、フランス女性が真剣にコスメを選ぶシーンに遭遇したことがないかも。

見出し画像

それは比較較的若い女性たちで賑わう、リーズナブルなコスメブランドの店内でも同じです。彼女たちが何を選んでいるかをチェックしたときも、リピート品らしきものを手に取ってすぐレジへ。

新商品や新色で冒険するというよりは、「マイ定番」を購入している印象。とはいっても決してメイクに興味がないわけではありませんよ。

■フランス女性はメイクに完璧を求めない

フランス女性はメイクに完璧を求めない

フランス女性の日常メイクは、すっぴんに見えるくらいナチュラル。ファンデーションは塗らない、眉も自然なままという人が多いです。

肌に気になる部分がある場合は、コンシーラーを使いさりげなくカバーするのが基本。さらに上から色を乗せて……という完璧さは求めていないようです。

南仏で暮らす友人(フランス女性)は、30代で子育て中。学生時代からノーメイク派なのですが、おでかけや家族や友人が集まるフェット(パーティ)のときはメイクをするそう。

彼女の眉は品のあるアーチ形に整えられており、ペンシルでの描き足しは不要。まずファンデーションをごく薄く塗り、アイホールに光沢のあるホワイトシャドウをほんのり乗せます。

次にアイラインを引き、唇には赤をプラス。ベースをナチュラルに仕上げることで、赤リップも控えめな印象になるのです。

気になる部分はさりげなくカバーし、色をポイントに楽しむ

気になる部分はさりげなく隠し、色をポイントに楽しむ

もうひとりの友人は40代。

眉は優しいブラウンカラーでお手入れなしのナチュラル派。しかし、目の下のたるみジワは気になるようで、光沢のあるホワイトパウダーを乗せていることがあります。

彼女の場合は、その日の気分でポイントメイクを楽しんでいるよう。あるときはピンクのアイシャドウ、またあるときは赤リップだけというように、ワンカラーを主役にするのが基本です。

「悩みはさりげなく隠し、色をポイントにする」というスタイルはぜひ参考にしたい部分。少ないアイテムだけで、きれいを作る……。なんだか洋服の着こなしに似ていますよね。

■フランス女性のメイクに濃いチークはいらない?

フランス女性のメイクに濃いチークは不要

きっちりメイクをしている印象が強いのは、ハイブランドのショップスタッフ。眉をきれいに整えて描き足し、アイラインやチークもプラスしています。

女性らしさが高まるうえ、きりっと引き締まり芯の強さを感じさせる表情に。しかし、決して濃すぎるという印象がないのです。

それは、チークの色や肌に乗せる量がポイント。

フランス女性のメイクに濃いチークは不要

チークといえば、6年前のパリでの出来事。冬のリュクサンブール公園を散歩した後、体を温めるためにカフェへ入ったときのことでした。

カフェクレームを注文し、暖房のきいた店内で心地良く過ごしていると、ウェイトレスが私の顔を見て、頬に手を当てるジェスチャーをしながら、「暑いの?」とひとこと。

私の頬に入ったオレンジ色のチークが、暑さで火照っているように見えたのでしょう。暖房を消されてしまい、友人と大爆笑!

このときフランス女性はチークをつけないのだろうかと疑問に思ったのですが、基本的には顔色を整える程度につけるそう。そしてそれは健康的に見せるためでもあるのです。

また夏は自然な日焼けを演出するための、ブロンズチークも欠かせないのだとか。

■フランス女性はポイントメイクだけで仕上げている

フランス女性はポイントメイクだけで完成させている

フランス女性の大半はポイントメイクだけで、顔を仕上げているといってもいいくらい。

とはいえ、小さなシミやニキビが気になればコンシーラーを使用しますし、シーンに合わせて着け心地の軽いファンデーションを重ねることも。ただしそれは、「ごく薄く、素肌に近く」なのです。

自分の肌のマイナス点だけに執着し、メイクを濃くすればするほど老けて見える――これは身をもって学んだこと。

彼女たちがそれを意識しているかどうかはともかく、表情にナチュラルな美が宿っているのは確か。

まるで「作り込まない」というメイクルールを、持っているかのように映るのです。

Text/KUMICO

Share

KUMICO

仏ブランド勤務を経て、ライターに転身。2007年より「暮らすように旅するパリ」をテーマに、フランス各地を訪れる。雑誌GINGERのWEBメディア「GINGER web」や「michill」にて、食やファッションに関するコラム...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article