O40とU40。LINEと電話のやりとり、そのボーダーライン

O40とU40。LINEと電話のやりとり、そのボーダーライン

今や主たる連絡手段はLINEの時代。高校生以下になるとメールアドレスも電話番号も聞かず、LINEやツイッターでのやりとりが友達との連絡手段です。けれどO40(OVER40)の大人女性や大人男性はまだ昭和のアナログな通信手段にノスタルジーを感じる世代。


O40(OVER40)世代は、重要なことは会って伝える、声で伝えるという諸先輩方の教えを忠実に守り、未だに対面&電話好きな人が多い世代です。

しかしながら、それが災いして“それってわざわざ電話でやりとりすることなの?”と40(UNDER40)世代からひんしゅくを買っていることも。

今回は、O40とU40の世代間で違うLINEと電話のやりとりのボーダーラインについて、仕事と恋愛のシーン別に考察していきます。

■仕事でのLINEと電話のボーダーライン。電話は緊急事態の知らせ

LINEでのやりとり

U40(Under40)にとって電話がかかってくるというのは、イコール緊急事態のお知らせ。
しかも、何かよくない事が起こったのではないかと心配してしまうそうです。

30代の女性、Nさんは出版社に勤めるバリキャリ系ウーマン。

「40代の上司がすぐに電話をしてくることが軽いストレスです。毎回『何か起きたのでは?』と心臓がバクバクしますが、話してみるとホントにどうでもいいことが多くて」

どうでもいいことは?

「例えばクライアントさんの近くの公園の桜が満開になってたよとか、外回りの帰りに美味しそうなシュークリーム見つけたから買って帰るけど今会社に何人残ってるとか」

――確かにどうでもいいことですが、上司がそうした気遣いのコミュニケーションをとろうとしてくれる気持ちは嬉しい気がしますが?

「コミュニケーションをとろうとしてくれる気持ちは嬉しいのですが、その内容ならLINEで良くないですか、って思ってしまいます」

■コミュニケーションは若い世代がスタンダートを作っていくもの

U40のNさんにとって「電話=緊急事態」のコミュニケーションの世代だからこそ、ちょっとしたおしゃべりの延長線上にあることはLINEにしてほしいとのこと。

一方、O40(OVER40)の40代上司にとってLINEはあくまでも最近のコミュニケーションツール。業務連絡はメールでも、おしゃべりの延長線上にあることは“おしゃべり”だからこそ会って話すか、電話で話すべきだという刷り込みがされています。

けれど、コミュニケーションはいつの時代も若い世代が進化させ、時代に合ったスタンダードにしてきました。だから、O40世代はもはや電話は緊急事態を知らせるコミュニケーション手段になっていると理解し、時代にスタイルを合わせていきましょう。

■恋愛でのLINEと電話のボーダーライン、LINEに頼りすぎは危険サイン

LINEでのやりとり

一方、恋愛におけるLINEと電話のやりとりにおけるボーダーラインは少し事情が違ってきます。特にO40世代の恋人がいるU40世代のLINEに頼りすぎるコミュニケーションは相手を疲れさせていることも。

O40の40代男性、Sさんはメーカー勤務の独身。現在婚活サイトで知り合ったU40の30代女性と真剣交際中です。

「彼女のことは大好きですが、LINEでのやりとりは正直大変です」

女性に比べて“おしゃべり”自体、そんなに得意ではない男性。恋愛初期はお互いに知りたいことが多く、たわいのないことも連絡をしたくなる甘い時間。

そんな頃はLINEで「今日は満月だね♡」や「今日のランチはサラダ♪ダイエットしなくちゃ」なんてたわいのないメッセージも嬉しいものの、恋愛期間が長くなればなるほど“どうでもいいこと”LINEは男性にとって重荷になります。

「彼女からのLINEが入ってくるとチェックしたくなるし、そうすると既読になってしまうからすぐにレスを入れたいのですが、そもそもスマホで文字入力するのが余り得意じゃないですし、仕事中や仕事関係の人と一緒のときは返信できないので、早く返信しなくてはと焦る気持ちが募るばかりで(笑)」

確かにスマホでの文字入力は意外と時間がかかるもの。

ましてや大切な恋人とのやりとりなら誤字脱字はもちろん、文章や内容も変に取られる内容になっていないかとチェックして送りたいメール世代のO40世代。何気ない短文メッセージも意外なほど時間をかけて校正しています(笑)。

――彼女と電話はそんなにしないのですか?

「電話をかけてもタイミングが悪いことが多くて。電話をする前にLINEで知らせてほしいって言われますが、仕事のアポ取りみたいに感じてしまいますよね」

確かに、それならLINEでいいかって気持ちになりますね。

■気持ちを声に出して伝えることが大切

「彼女は緊張するので電話はあまり好きじゃないそうです。僕は青春時代に彼女と長電話の世代ですから、会えないならせめて声だけでも聴きたいんですけれど、彼女は電話よりもLINEの方が素直に気持ちを伝えられるそうです」

U40にとっては、“愛してる”と声で伝えるより“♡”マークや“好き”スタンプを送る方が気軽に照れずに気持ちを伝えられます。

けれど「音=声」で伝えることはとても大切。

LINEよりも手間がかかりますがO40世代は恋人とのコミュニケーションは対面か電話という“肌感”を感じたい世代。真夜中に親に聞こえないよう、布団をかぶりながらこそこそと親子電話の子機で恋人との深夜電話を楽しんだ甘い思い出を持つ世代なのです。

だからLINEだけのコミュニケーションは味気ないものに感じます。

時には声に出して電話で伝えましょう。

“愛してる”ということを。

この記事のライター

1968年生まれ横浜市出身。株式会社ループ 代表取締役社長。 モデル、MC、テレビレポーター、大手電器メーカー法人営業を経て業界最大手の婚活パーティーイベント企画会社の法人営業兼広報としてメディ...

関連するキーワード


LINE

関連する投稿


あなたのLINEは大丈夫? 

あなたのLINEは大丈夫? 

大人の女性に求められるのは、年齢を重ねただけ成熟され、磨かれた「大人力」なのかもしれません。そんな大人力を身に着けた女性は、好きな相手とどのように恋に落ちていくのか。LINEの使い方から覗いてみた。


危ないLINEのメッセージ。好きなテレビドラマの話題はアリかナシか?

危ないLINEのメッセージ。好きなテレビドラマの話題はアリかナシか?

34歳・派遣社員のヒロミさんは、とあるLINEメッセージをきっかけに、婚活相手から返事がこなくなってしまった。婚活アドバイザー大西朋美さんは、この状況を”相手がどんな状況にいるのか”という推測が欠けていると指摘。ヒロミさんがやってしまった致命的なミスとはなんだったのでしょうか。


【ダサいLINEチェック】こんなLINEスタンプの使い方は嫌われる?

【ダサいLINEチェック】こんなLINEスタンプの使い方は嫌われる?

【ダサいLINEチェック】後半は、スタンプの使い方について。日本で誰かと文字でコミュニケーションをとるとき、「LINE」の存在は欠かせません。今や誰もが使う「LINE」だからこそ、ダサくならないように、気をつけたいもの。あなたのLINEは大丈夫?


もしも彼からの返事を待つことに疲れたら【カツセマサヒコ】

もしも彼からの返事を待つことに疲れたら【カツセマサヒコ】

好きな人からLINEの返事が来ない。それってもしかしたら、相手にとってあなたの優先順位がそれほど高くないからなのかもしれない。だから私たちは想像する。どんな話なら喜んでくれるかな、興味を持ってくれるかな、と。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第6回。


LINEで自撮り写真を送るのはイタい?

LINEで自撮り写真を送るのはイタい?

LINEでのやりとりで、自撮り写真を送ることはイタいのか? アラフォー・アラフィフ女性にとって、何より言われたくない言葉が「イタい」でしょう。例えばレースやリボン、ピンク、ふんわりスカートが基本の甘口ファッション。若いうちは自然と似合う甘口ファッションも、年齢を重ねていくと“イタい”ファッションになってしまいます。


最新の投稿


旬のトマトは冷凍せよ! 冷凍トマトで作る夏のひんやりレシピ3選

旬のトマトは冷凍せよ! 冷凍トマトで作る夏のひんやりレシピ3選

旬を迎えたトマト。安くて買いすぎたけど、使いきれない。というときにおすすめの夏のひんやりトマトレシピを紹介します。


スニーカーみたいに心地よく、歩きやすい。女性の足にやさしい美パンプス

スニーカーみたいに心地よく、歩きやすい。女性の足にやさしい美パンプス

スニーカーのように心地よく、ラクに歩けて美しい。働く女性のための新しいシューズブランド「SUGATA(スガタ)」が8月下旬にデビュー。女性の足にやさしく、正しい歩行と姿勢をサポートするおしゃれな靴が揃います。


台湾おすすめグルメの旅! 台北でいちばん美味しい朝食を

台湾おすすめグルメの旅! 台北でいちばん美味しい朝食を

今回ご紹介するのは、台湾のおすすめグルメ情報! 旅の醍醐味といえば、現地の美味しい食事を楽しむこと。今観光スポットとして大人気の台湾にも、魅力的なグルメがたくさん溢れています。定番の小龍包やビール、朝食におすすめのお店を取り上げます。


フランス女性に学ぶ「目的別」のオイル美容

フランス女性に学ぶ「目的別」のオイル美容

ここ数年、日本でホットなオイル美容。フランスでも日々のケアに取り入れることは一般的。数滴のオイルの力で肌も体もきれいになれると、重宝されているスキンケアアイテムです。しかし、何より大切なのは目的に合わせて効果的に使用すること。今回はおすすめのオイルと期待できる効能、オイル美容に対する疑問についてご紹介します。


『ウチの夫は仕事ができない』第3話あらすじ - 夫婦の間でついてもいい嘘

『ウチの夫は仕事ができない』第3話あらすじ - 夫婦の間でついてもいい嘘

『ウチの夫は仕事ができない』第3話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。仕事と家庭の両面から見たレビューです。キャストは錦戸亮、松岡茉優ほか。第3話では、司はコンペに企画を出すことになり、ステップアップを期待するが……。


DRESS部活