フランス発「第3のコンシーラー」でシミを強力にカバーする

フランス発「第3のコンシーラー」でシミを強力にカバーする

シミ・あざを強力にカバーする、フランス発の第3のコンシーラー「ラクシオン インスタントカモフラージュ」が日本で発売開始に。水・油不使用なのに着け心地&定着度が抜群。


株式会社イザヴェルは4月20日より、カタログ通販「生協」にて「ラクシオン インスタントカモフラージュ」を発売しました。

世界40カ国でベストヒット中のラクシオンは、フランスにあるメディアテック社によって、忙しいパリジェンヌ用の悩みケア商品を展開するシリーズとして1995年にパリで設立されました。

即効性があり、軽くて携帯可能、いつでも使える、というコンセプトでパリジェンヌに愛されています。

■商品特徴

「ラクシオン インスタントカモフラージュ」はフランスで主流の、水を使わない“無水粘定着処方”を採用した第3のコンシーラーです。

“無水粘定着処方”とは、水・油分を使用せず、皮膜成分と一体化して顔料を含むことでスムーズに顔料を肌にすべらせ、その後に潤滑膜成分全体が揮発してなくなることで、顔料が肌に定着する処方です。

本商品では、潤滑膜成分として「イソドデカン」と「シクロペンタシロキサン」を配合しています。国内で“無水粘定着処方”を採用したコンシーラーの登場は初(※当社調べ)となります。

また、本商品は水や油を使っていないため、汗、皮脂と混ざらず、強いウォータープルーフ処方を実現。顔や体のシミやあざ、目の周りの小ジワにもさっと定着してヨレません。チップタイプなので細かくヨレやすい目元のカバーにも最適です。

天然色素の酸化チタン、酸化鉄でカバーする、お肌にやさしい無香料、タール系色素不使用、防腐剤不使用の商品です。

商品名 :ラクシオン インスタントカモフラージュ
カラー :ライトベージュ、ナチュラルベージュ、オークル
価格  :2800円(税抜)
販売場所:カタログ通販、生協、バラエティストアなど

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


メイク

関連する投稿


レブロンでロングセラーの毛穴レス下地に「色ムラ補正タイプ」が新登場

レブロンでロングセラーの毛穴レス下地に「色ムラ補正タイプ」が新登場

レブロン人気NO.1*毛穴レス下地「レブロン フォトレディ プライマー」に、待望の色ムラ補正**タイプが誕生します。独自の「フォトクロマチック色素」配合により、光を屈折・反射・拡散させて、クマ、色ムラ、毛穴など気になる部分をカバーする頼れる下地です。


ユーグレナのスキンケアブランド「one」からベースメイクアイテムが新登場

ユーグレナのスキンケアブランド「one」からベースメイクアイテムが新登場

ユーグレナのスキンケアブランド「one(ワン)」より、初のメイクアップ商品が登場しました。第一弾は、「oneパーフェクトBBクリーム」「oneフィニッシュパウダー」。肌を明るく見せ、美しい仕上がりが期待できる商品です。


まつエク派も使えます! 「シュシュモア ホットクレンジングジェル」から冬限定の香りが登場

まつエク派も使えます! 「シュシュモア ホットクレンジングジェル」から冬限定の香りが登場

まつ毛エクステをしていても使える、肌にやさしい温感クレンジング「シュシュモア ホットクレンジングジェル」から、冬限定<ゆずの香り>が新登場。オイルフリー処方ながら、オイルクレンジング級のメイク落ちを叶えるアイテムです。クレンジング・洗顔・角質ケアがこれ1本で完了します。


17年秋冬の囲み目メイクは自然なのに目力しっかり。方法、アイテム、詳しく解説します

17年秋冬の囲み目メイクは自然なのに目力しっかり。方法、アイテム、詳しく解説します

囲み目メイク、久しぶりにきてます。「目元がぼんやりしている」と感じている方はとくに嬉しい流れかも!? でも、イマドキの囲み目メイクは、昔の囲み目メイクとはちょっと違うみたい。今どきの囲み目メイクの方法、選ぶべきアイテムなど、詳しくまとめてみました。


秋色コスメを取り入れて、自分の顔を見直す機会に

秋色コスメを取り入れて、自分の顔を見直す機会に

秋色コスメといえば、カーキやボルドーなど、季節を感じられる色味が代表的。そもそもくすんだ色のため、大人の肌をさらにくすんで見せたり、肌のアラを助長させてしまったりすることも。しかし、それを逆手にとって、自分の顔を見直す機会にしてみるのはいかがでしょうか。


最新の投稿


『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

綾野剛主演の人気ドラマ『コウノドリ』第1話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。産科医療の現場をリアルに描くドラマです。号泣必至なので、見るときはハンカチを用意しましょう。


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


おっぱい

MENU

DRESS部活