コンドーム、女性の私は持ち歩いてます

コンドーム、女性の私は持ち歩いてます

コンドームを女性が持つことについて皆さんはどう思いますか? ご存知の通り、コンドームは避妊目的だけでなく、恐ろしい性感染症予防にもとても役に立ちます。コンドームの準備を男性だけに任せるのではなく、女性もコンドームを持っておいて、大事な自分の体は自分で守る。それは常識であり、大人の女性のマナーでもあると私は思います。


■なぜ「コンドーム」が大切なのか

そもそもコンドームを使うのは目的は、避妊や性感染症予防のため――大人の女性なら基本的な知識はありますよね。

性感染症には、代表的なものではクラミジア、梅毒、子宮頚がん、HIVなどがあります。妊娠を望む女性もそうでない女性も、性感染症にかかると不妊症になったり、最悪の場合は生命に危険が及んだりする可能性があります。

ピルには避妊効果はありますが、性感染症は防げません。どんなに愛している相手でも、絶対に性感染症にかかっていないとか、性感染症が移らないといった保証はありませんから……。

DRESS世代の私たちは避妊目的はもちろんのこと、性感染症含め、自分も移らない、相手にも移さない、最低限のマナーを意識したいもの。

また、大人の女性のたしなみとして、自分自身でも「コンドーム」を持ち歩くこと、コンドームの準備を男性任せにしないことが大切だと思います。

■コンドームなしの方が気持ちいい、は脳が思い込んでいるだけ

ではなぜ、「コンドームをつけない」事態が生まれるのでしょうか。

「コンドームをつけてほしい」と言い出しにくい、その場にコンドームがなかった、男性がつけたがらない……いろいろな言い訳があるかもしれませんが、女性が自らコンドームを持つことで、回避できることはたくさんありますね。

男性がコンドームをつけたがらない、ということについては、興味深い話があります。

以前、NHKの某番組で、男性の52.5%が、「コンドームをつけないほうが気持ちいい」と回答したアンケート結果が発表されていました。

男性の半数以上がセックスのときに、コンドームをつけないほうが気持ちいいと感じている、というのです。

しかし、ある産婦人科医の話を聞くと、「男性器も女性の膣も、実は0.何ミリを感知できるほど敏感じゃないんです」とのこと。

つまり、コンドームをつけたことで、気持ちよさが減るというのは、脳がそのように認識しているだけで、実際の感覚は変わらないということです。

■女性が携帯したくなる、おしゃれなコンドームをセレクト

女性がコンドームを持っていると、「いろいろな男性と遊んでる」などと思われるんじゃないか? なんて気にする人もいるようですが、いざというときに自分の身を守れるのは、自分自身であるという当たり前のことをお忘れなく。

そんなこと、内心わかっちゃいるけれど、それでも躊躇いがある……なんて人に、私がおすすめのコンドームをふたつご紹介します。どちらもネットから購入できますよ。

商品名:グラマラスバタフライホット
おすすめサイト:ラブピースクラブ
女性だけで運営されているサイトで安心してお買い物できます。
お問い合わせ先:0120-812-554

パッケージがゴージャスでかわいい「グラマラスバタフライホット」。温かさを感じるジェルがたくさん塗布されていて、機能的にも優れています。

つけるのを嫌がる彼にも、「温かいみたいだよ。試してみよう!」と笑顔で言えば、男性も試してみたくなるはずです。

商品名:リラックマ ラブラブホット

癒されるパッケージの「リラックマ ラブラブホット」。お菓子かふりかけみたいな見た目です。手帳や財布に入れていても、コンドーム感がありません。

こちらも、温かく感じるホットジェルが塗布されているため、ただかわいいだけではなく、女性の体にも優しい作りになっています。

■女性もコンドームを持ち歩こう

コンドームを持ち歩くことは、恥ずかしいことでも、周りから「遊んでいると思われる」ことでも、なんでもありません。

自分の身を自分で守りながら、大好きな人とのセックスを、お互いに安心・安全な状態で思いきり楽しむ――ただ、それだけのこと。コンドームはそのための大事なツール、といえるでしょう。

今日からコンドームを持ち歩く生活、始めてみてください。

この記事のライター

大手インポートランジェリーの輸入商社を経て、現在はポーランドのランジェリーのPR・営業を担当。東急プラザ銀座3階ヒンカリンカ1stにあるポーランドランジェリーセレクトショップ「コビエタ」をはじめ、全国百貨店などで期間限定ショ...

関連するキーワード


セックス コンドーム

関連する投稿


コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを着けない男性に対し、「着けて」と言えない女性は少なくない。厳しい言い方かもしれないが、性病や妊娠を望まない相手とのセックスにおいてコンドームを着用しないのは、「自分の体を大事にしない」行為でもある。考え方を変えて、コンドームをセックスを楽しむ小道具にしてみてはどうか。作家の島田佳奈さんによる提案だ。


コンドームを持ち歩く女性に見る、本当の意味での自立

コンドームを持ち歩く女性に見る、本当の意味での自立

コンドームを女性も持っておき、パートナーが着けようとしないなら「着けてね」とはっきり伝えること――それこそ性的に自立した女性ではないか。経済的、精神的な自立も大切だけれど、自分の心と体を守るため、性的な自立も大事にしなければならない考え方だと私は思う。


相手任せの人生を、もう私たちは生きてはいけない - 女性もコンドームを持とう

相手任せの人生を、もう私たちは生きてはいけない - 女性もコンドームを持とう

女性もコンドームを持ち歩こう――そんな習慣を伝えるシリーズ企画。3本目のコラムを寄稿してくれたのはユキ・クリヤマさん。私たちは、本当に自由に・しなやかに、そして時に強くしぶとく生きていくには、「この人のせいで、私の人生はこんな風になった」という言葉をネガティブに言うことは、もう卒業しなければならない――?


女性がコンドームを持ち歩くのってどう思う?

女性がコンドームを持ち歩くのってどう思う?

いいなと思っていた男性と初めて一線を超えそうなとき、実に悩ましいのが「コンドーム」について。もちろんつけてするのが望ましいけれど、もしその場所にコンドームがなかったら、あなたならどうする?


セックス中に言い訳する男は出世しない【AV男優しみけん】

セックス中に言い訳する男は出世しない【AV男優しみけん】

AV男優しみけんさんによる本『SHIMIKEN's BEST SEX 最高のセックス集中講義』の刊行を記念して、しみけんさんをインタビュー。前編に続き、後編ではコンドームを着ける・着けない問題を中心に伺いました。「女性もコンドームを携帯しよう」としみけんさんが勧める理由は――。


最新の投稿


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。


不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人の特徴は? そう聞かれて思いつくのは、口の堅さではないでしょうか。その人と接していると、安心感と信頼感を感じ取れるはず。今回は信頼される人の共通点であり、条件ともいえる口の堅さをテーマにコラムをお届け。口が堅い人がどうしてそういられるのか、その理由を考えてみましょう。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録され、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は後編をお送りします。