1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 年下男性からのアプローチは「受け身」でいるとうまくいく

年下男性からのアプローチは「受け身」でいるとうまくいく

Share

年下男性からのアプローチ、皆さんはどう受け止め、対応しているだろうか? そもそも年上女性好きな年下男性には、コミュニケーション力が高い人が多いと思う。一般的に、男性は年下の女性を、女性は年上の男性を好む人が多いということを理解しているから、アプローチ手法も上手い。彼らに翻弄されずにうまくことを進める方法を考えてみた。

年下男性からのアプローチは「受け身」でいるとうまくいく

これまでお付き合いしてきたのは年上の男性ばかり。しかし昨年、初めて年下の彼氏ができたことで、30代になれば年下男性もありなんだ、と意識が変わった。

年下男性との恋愛経験に加え(サンプル数は少ないけれど)、現在進行中の年下男性との関係を分析してみると、なんとなく年下男性ならではのアプローチの方法が見えてきた。

今回、年下男性からのアプローチに対して、年上女性はどうやって対応したらいいのか考えてみたい。

■年下男性からの”公開”アプローチには明るく対応しよう

まず、年上女性が好きな男性たちは、「女性の多くは年上男性が好きだ」ということを理解しているため、自分が恋愛対象に見られているか確認するために必ずジャブを打ってくる。

そのジャブとは。年下ならではの利を活かし、”ストレートに冗談っぽくアピールする”というもの。

たとえば、
「俺、年上の女性が好きなんですよ」
「○○さん、好きなタイプです」
「今度家に行っていいですか? 手料理作ってくださいよ」
など、流されること前提の振り切ったアプローチである。

ただし、この時点ではふたりきりではなく、大勢での飲み会の場などでの発言なため、誰も本気で狙っているとは思わないのがポイント。

さりげなく自分の好意を伝えて、相手に意識させる作戦だ。年下男性はそのときの相手の反応やその後の接し方を見て、自分の恋が発展する可能性を探っている。

このときはノリよく対応するのが得策だ。真面目に返事するのでは場が白けてしまうので、雰囲気に合わせて受け入れるなり断るなり、とにかく好意的に対応するのが良いだろう。

■年上好きな年下男性はコミュニケーション能力が高め

勝手な予想だが、年上女性が好きな男性というのは、恋愛においても経験豊富で自分に自信がある人が多いと思う。自分がリードして言う通りについてきてくれる年下女性ではつまらないから、年上女性としか付き合わないとか、自分がよりステップアップできるように相手も自立して稼いでいる女性がいいなど、20代だととくに意識高い系が多いような気がする。

そんな年上女性好きはプライドも高めなので、フラれないように事前にジャブを打って、成功の可能性を探ってくる。

こうして相手に意識させて、相手の反応を見て”アリ”だと思ったら、その後は普段話す中でもアプローチが始まる。

「髪切りました? かわいいですね」
「最近お疲れですか? 癒してあげたいな」
「また一緒に飲みにいきたいですね。今度はふたりで」

こんな言葉だけでも、年下男性という要素のおかげで120%の威力を持つのである。年上女性はついついおだてられ、まんまと意識し始めてしまうので要注意。

女性側も年下男性を意識して、相手への好意を分かるようにアピールしたら、きっと年下男性はふたりきりのデートに誘ってくれるだろう。まずは仕事帰りに飲みに行こうと。

そのときに気をつけるのは、くれぐれも自分からガツガツいかないこと。繰り返しになるが、年上女性が好きな男性はモテる人が多いので、完全に勝ち戦と分かると興味を失う可能性があるし、勝算がまったくないときには自分から決定打は打たないので、とても加減が難しい。相手と呼吸を合わせるようにタイミングは気をつけたい。

■年下男性からのアプローチを誘導するスキルを持とう

年下男性からのアプローチを受けたら、態度では”私もあなたを意識してますよ”アピールをする。年下男性は勘は良いはずなので、その好意はすぐに伝わるはず。

そこから実際にふたりで飲みにいくことがひとつ目のハードル。相手次第だが、基本的に年下男性は積極的なので、女性から誘うのではなく誘われ待ちをした方がうまくいく気がする。

そこで、年下男性が誘いやすいように水を向けるのが年上女性の役目だ。

最近忙しくて飲みにいけてない、期間限定の○○店に行ってみたい、パーッと騒ぎたい、など相手の趣味に合わせてやんわりと誘ってほしいアピールができる。

あくまでさりげなく、自然に、がポイント。男性からのアプローチを受けた、という体を保てるようにしたい。

ここまで意識してさりげないアプローチをしても、何も誘ってこないとしたら、思わせぶりな発言はアプローチではなく、ただ単にその場のノリだったということだ。

くれぐれも勝手に意識して年下男性に振り回される結果にならないように、年上女性の方でも気をつけたいところ。具体的なことが起こるまでは、”冗談でした”と言えるように保険をかけておきたい。

ちなみに現在、年上女性好きの年下男性からアプローチを受けている私。上記の通り、飲み会での”タイプです”発言をきっかけに、普段話す機会が急激に増えた。

距離が近すぎて今のところ、その年下男性とどうにかなる気はないのだが、次はどんなアプローチをしてくれるのか楽しみでもある。

年下というだけで、かわいく見えてくるから不思議だ。これくらい余裕がある方が、恋愛はうまくいくのかもしれない。

かわいい年下彼氏との「恋愛」と「結婚」。年下男子はこう攻める

https://p-dress.jp/pages/shitakare

かわいい年下彼氏との恋愛。自分が年上ということもあって、うまくアプローチができなかったり、付き合ったとしても常に不安を感じてしまったりすることがあります。

9歳年下彼氏との恋愛、不安が消えて、楽しめるようになった理由

https://p-dress.jp/articles/2839

年下彼氏、といっても9歳も年下の彼氏と付き合っている、アラフォーの私。4歳上の元夫と別れ、最初に恋に落ちた相手が、ずいぶん年下の男性だった。2年間一緒にいて、しっくりくる関係になった今、年下男性×年上女性の恋愛を楽しむ方法を綴ってみたい。

【プロのカウンセラーに相談】恋愛の電話相談 [Excite×DRESS]

https://p-dress.jp/pages/onayami01

恋愛の電話相談 [Excite×DRESS]のページです。恋愛、将来の不安、職場や仕事の悩み……。そんな誰にも話せないお悩み、カウンセラーに相談してみませんか。

誰にも言えない悩み、相談してみませんか。もちろんお悩み内容は厳守いたします。電話相談は1分100円から、メール相談は一通800円から。24時間365日、好きな時に相談できます。

Share

サリー

東京で働く30代シングル。仕事・恋愛・結婚・人間関係・健康・趣味など、一通りのことは悩んでます。毎日楽しくご機嫌で暮らしたい。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article