1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. べっ甲ネイルの簡単なやり方(マニキュア使用)

べっ甲ネイルの簡単なやり方(マニキュア使用)

Share

べっ甲ネイルとは、透明感と上品さと品の良さで人気のネイルのこと。一見難しそうに見えますが、マニキュアを使ったセルフネイルでも、べっ甲ネイルはできるんです。今回は、べっ甲ネイルの簡単なやり方・コツを画像と動画で説明します。クリアなリキュールマニキュアを使うやり方もありますよ。

べっ甲ネイルの簡単なやり方(マニキュア使用)

べっ甲とは、タイマイというウミガメの甲羅のこと。赤みのある黄色にブラウンの斑点が特徴で、この模様を取り入れたのがべっ甲ネイルです。

透明感がある上品な色味なので、年齢を問わず人気のあるデザイン。

べっ甲ネイルは、パッと見は複雑そうなデザインですが、これも実は簡単で特別な道具は必要ありません。

今回のべっ甲ネイルに使ったのは100均カラー2本のみなので、手軽にやってみていただけたらと思います。

本コラムでは、べっ甲ネイルを2種類紹介しますが、まずはベーシックなブラウン系べっ甲ネイルです。

セルフネイルのやり方を押さえて、初心者でもサロン並のネイルを!

https://p-dress.jp/articles/2730

セルフネイルの基本のやり方を押さえたら、サロン並のネイルも叶います。初心者でも簡単にセルフネイルに挑戦できるよう、必要なネイルグッズや塗り方を豊富な写真を交えて詳しく解説します。

■べっ甲ネイルのやり方〜ベーシックな黄色編

使用したのは100均で購入できるマニキュア2本。べっ甲は透明感が大事なので、クリアなリキュールマニキュアを使用します。

・ATサロンネイルエナメル12
・リキュールネイル(パイン)

それでは具体的なやり方です。

1.まずはベースにリキュールネイルのパインを塗ります。

2.ベースのリキュールネイルが乾いたらもう一度パインを塗り、すぐにボルドーをランダムに2〜3箇所乗せます。

3.パインの筆に持ち替えてささっと馴染ませます。

(ボルドーの筆だと色が濃いためパインが消えてしまいます。そのため必ずパインの筆に持ち替えてください)

工程はこれだけ。べっ甲ネイルの完成です。

ポイントは、ランダムに乗せたボルドーを、“混ぜる”というよりボルドーの筋を残しながら少しだけパインと馴染ませること。

2つのカラーを馴染ませ過ぎると、タイダイのようにぼんやりした感じになってしまったり、ボルドーを均一に乗せてしまうと前回のマーブルネイルのようになってしまいます。

ただ、濃い部分や薄い部分があったり、2つとして同じものがないところもべっ甲ネイルの良いところ。自分流のべっ甲を作ってください。

画像デザインは、中指はべっ甲に使用したボルドー、親指と小指はライトグレーを塗ってスタッズを乗せています。

薬指はべっ甲をハーフフレンチにして、ラインテープと大小のホログラムを乗せてポイントにしました。

Share

ryo

1978年生まれのネイリスト。イタリアのインターナショナルスクール/立教大学を卒業しアパレル業界に勤務。 出産後はネイリストとしてサロンに勤務するかたわら、自宅ネイルサロンでジェルネイルを施術。またマニキュアで大人女子ネイ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article