ホテル120%活用の自分磨きタイム。生き返るヘアケアにご褒美カクテル【オトナの美旅スタイル #16】

ホテル120%活用の自分磨きタイム。生き返るヘアケアにご褒美カクテル【オトナの美旅スタイル #16】

インターコンチネンタルホテル大阪といえば、ランチやビュッフェ、アフタヌーンティーが有名ですが、バー「アディーadee」やスパ「ALL THAT SPA OSAKA」も魅力のひとつ。出張ついでに楽しめます。


旅するジャーナリスト小野アムスデン道子です。仕事で大阪へ。実は大阪出身の私は、地元ではなかなかホテルでゆっくりすることがないのですが、今回は特別。

ちょうどその日が水曜日で「インターコンチネンタルホテル大阪」のレディースナイトの日だったんです。バー「アディーadee」では、毎週水曜日の16時から夜はとっぷり22時まで、100種類ものスタンダードカクテルが1,000円で楽しめるんです(税込み、サービス料12%別)。

かつ、こちらの「ALL THAT SPA OSAKA(オールザットスパオオサカ)」には、スパオリジナルのプロダクツを使ったトリートメントや日本の茶芸にインスパイアされて、オイルではなくバームでトリートメントを行なうフランスの「テマエTHÉMAÉ」のスパや、ホテルスパには珍しい個室のヘッドスパも。

本当はお泊まりもしてゆっくりしたいところではありますが、今回は日帰り出張の仕事の後、東京に戻るまでの時間をヘッドスパとバーで自分磨きタイムに当てることに。ボディやフェイスは駆け込み的にもよくトリートメントしてもらいますが、なかなかヘッドスパには行けないし、美容院ではそこまでラグジュアリーな気分にはなかなかなれません。

お願いしたのは45分間の「リフレッシング スカルプ」(14,256円税・サ込み)。頭皮のケアは自分ではなかなか難しいですから。

自然由来のエッシェンシャルオイルと植物オイルを使ったとても香りのいいフランスのヘア&スカルプケアブランド「ルネ フルトレールRENE FURTERER」でトリートメントをしてくれます。

まずは頭皮の状態をチェック。私は、毛穴の状態はまあまあよいのですが、血行があまりよくないので頭皮が固くなっているそう。それが嵩じて肩こりなどにもつながっていると聞いて納得。

まず、シャンプー前にオイルで頭皮をマッサージ。これは座ったままでやります。アーユルヴェーダでも頭皮マッサージは座ったまま。これが効きます。

次に椅子を倒して至福のシャンプータイム。シャンプーには、日常用と週末のケア用のエイジングケアになるものとがありますが、後者を使って泡たっぷりに洗髪。最後は洗い流さないヘアトリートメントで仕上げてもらいます。

美容院ではないので、髪を乾かすのは、お着替え用の個室で自分で。実感したのは髪の立ち上がり。

ヘアドライがセルフなので、ツルツルになるというのとは違いますが、髪が元気になったのを実感してうれしくなりました。スパオリジナルのブレンドティーを最後に出してくれます。出張でやってきて、元気になって帰れるのは、なかなか気分がよいですね。

出発までのしばしの時間は、バー「アディー」のレディースナイトで。こちらは月〜金の午後5時〜8時には、カクテルの2杯目無料というハッピーアワーをしています(2017年2月28日まで。以降は内容変更の予定)。

ホテルはハッピーアワーなど、サービスを上手に使うとお得。以前にご紹介した「ANAインターコンチネンタルホテル東京」の「シャンパンバー」でも、夕刻の2時間、シャンパンを始めとしたドリンクの飲み放題プラン「シャンパンソーシャル」をしています。

“泡”飲み放題+タパスセットの「シャンパンソーシャル」で癒やしの時間を

https://p-dress.jp/articles/2085

シャンパーニュの“違いがわかる”女になれる!? ANAインターコンチネンタルホテルで楽しめる「シャンパン・バー」をご紹介します。

出張は一人だったので、バーで静かにマティーニを1杯。気持ちよく大阪を後にしたのでした。

インターコンチネンタルホテル大阪:https://www.icosaka.com

Text/Photo=小野アムスデン道子
世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。日本旅行作家協会会員。

この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連する投稿


女性専用カプセルホテルが神戸に誕生。スパ・サウナ・朝食付きでおトク

女性専用カプセルホテルが神戸に誕生。スパ・サウナ・朝食付きでおトク

神戸レディススパが女性専用カプセルホテルも新設。また全面リニューアルも行い、天然温泉での寝浴やマッサージ浴はもちろん、本場フィンランド式のサウナやバラのミストサウナ、天然鉱石を敷き詰めたテラ・ルーム(Terra Room)、ルナ・ルーム(Luna Room)の2種類の岩盤浴など各種スパがさらに充実。


長野観光のついでに、今夏は「諏訪大社」へ行こう

長野観光のついでに、今夏は「諏訪大社」へ行こう

蓼科を観光したついでに、長野県にある諏訪大社を訪れてきました。諏訪大社は7年に一度行われる御柱祭で知られる、全国に約2万社ある諏訪神社の総本社です。これからの時期、避暑を兼ねて蓼科や諏訪湖畔と諏訪大社巡りをしてみては。


伊勢参りに行くなら、服装を「正装」にするのもおすすめ

伊勢参りに行くなら、服装を「正装」にするのもおすすめ

2016年に初めて伊勢参りをしてきました。服装は「正装」です。ジャケットに黒のワンピース、パンプスでお参りしたときの気持ちを振り返りつつ、鳥羽と合わせて巡った伊勢参りの旅レポ、そして、赤福の喫茶併設店舗で、夏季限定でいただける「赤福氷」の思い出もお届けします。


【裏ワザ集】家族旅行の荷物準備と整理をとことん楽にする

【裏ワザ集】家族旅行の荷物準備と整理をとことん楽にする

家族旅行は楽しいイベントだけど、家族の人数分だけ荷物の準備や片づけが大変。準備・管理に主婦は疲労困憊しがち。それが憂鬱で家族旅行が億劫、という意見はまわりでもよく聞く。それをシステマチックに整えるために私が実践してきた方法をご紹介。


女性のストレスオフ県ランキング2017! 一番ストレスが少ない都道府県は?

女性のストレスオフ県ランキング2017! 一番ストレスが少ない都道府県は?

私たちの生活とは切っても切れない関係にある「ストレス」。今回はそんなストレスが少ない都道府県ランキングを発表します。


最新の投稿


【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

街中で目を惹く、主張の強いカラー。そんなトップスを自然に着こなすには、トータルコーディネートがものをいいます。連載「おしゃれびとスナップ」2017年6月第5週は「印象的なカラートップスを着こなす人」をテーマにお届けします。


ふるさと納税活用法! 自宅にいながら日本全国の食を楽しむ

ふるさと納税活用法! 自宅にいながら日本全国の食を楽しむ

お金の相談を受けたときには、必ず「ふるさと納税は利用していますか?」と聞くようにしています。「聞いたことはあるけど、利用したことはありません」という人も多く、そんな人には、「手続きは10分もあればできるから、利用してみて」とお伝えします。今回は、ふるさと納税の魅力について解説します。


メイクが下手な人(下手に見える人)が雑にしがちな4つのポイント

メイクが下手な人(下手に見える人)が雑にしがちな4つのポイント

この人メイクが下手なのかな? そう思う相手のメイクを観察すると、自分では気づきにくいファンデーションの塗り忘れやムラなどの雑なメイクになっていることが往々にしてあります。雑になりやすいメイクの4つのポイントを押さえて、外出前にしっかりチェックして。


「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

株式会社オークローンマーケティング(ショップジャパン)でアンケートを取ったところ、自分の子どもが「パパよりママ派」だと感じている方が約8割。父の日を前に、パパが今よりもっと子どもと良い関係を築くためのきっかけとなるイベントを実施しました。その模様をレポートします。


ハーゲンダッツ新作は完熟バナナ×ほろ苦チョコ

ハーゲンダッツ新作は完熟バナナ×ほろ苦チョコ

夏に美味しいシェイクをイメージした期間限定フレーバーが登場。芳醇な完熟バナナの味わいとほろ苦いチョコレートの絶妙なバランスを堪能して。ハーゲンダッツミニカップ「バナナショコラータ」が6月27日より発売となります。


DRESS部活