ホテル120%活用の自分磨きタイム。生き返るヘアケアにご褒美カクテル【オトナの美旅スタイル #16】

ホテル120%活用の自分磨きタイム。生き返るヘアケアにご褒美カクテル【オトナの美旅スタイル #16】

インターコンチネンタルホテル大阪といえば、ランチやビュッフェ、アフタヌーンティーが有名ですが、バー「アディーadee」やスパ「ALL THAT SPA OSAKA」も魅力のひとつ。出張ついでに楽しめます。


旅するジャーナリスト小野アムスデン道子です。仕事で大阪へ。実は大阪出身の私は、地元ではなかなかホテルでゆっくりすることがないのですが、今回は特別。

ちょうどその日が水曜日で「インターコンチネンタルホテル大阪」のレディースナイトの日だったんです。バー「アディーadee」では、毎週水曜日の16時から夜はとっぷり22時まで、100種類ものスタンダードカクテルが1,000円で楽しめるんです(税込み、サービス料12%別)。

かつ、こちらの「ALL THAT SPA OSAKA(オールザットスパオオサカ)」には、スパオリジナルのプロダクツを使ったトリートメントや日本の茶芸にインスパイアされて、オイルではなくバームでトリートメントを行なうフランスの「テマエTHÉMAÉ」のスパや、ホテルスパには珍しい個室のヘッドスパも。

本当はお泊まりもしてゆっくりしたいところではありますが、今回は日帰り出張の仕事の後、東京に戻るまでの時間をヘッドスパとバーで自分磨きタイムに当てることに。ボディやフェイスは駆け込み的にもよくトリートメントしてもらいますが、なかなかヘッドスパには行けないし、美容院ではそこまでラグジュアリーな気分にはなかなかなれません。

お願いしたのは45分間の「リフレッシング スカルプ」(14,256円税・サ込み)。頭皮のケアは自分ではなかなか難しいですから。

自然由来のエッシェンシャルオイルと植物オイルを使ったとても香りのいいフランスのヘア&スカルプケアブランド「ルネ フルトレールRENE FURTERER」でトリートメントをしてくれます。

まずは頭皮の状態をチェック。私は、毛穴の状態はまあまあよいのですが、血行があまりよくないので頭皮が固くなっているそう。それが嵩じて肩こりなどにもつながっていると聞いて納得。

まず、シャンプー前にオイルで頭皮をマッサージ。これは座ったままでやります。アーユルヴェーダでも頭皮マッサージは座ったまま。これが効きます。

次に椅子を倒して至福のシャンプータイム。シャンプーには、日常用と週末のケア用のエイジングケアになるものとがありますが、後者を使って泡たっぷりに洗髪。最後は洗い流さないヘアトリートメントで仕上げてもらいます。

美容院ではないので、髪を乾かすのは、お着替え用の個室で自分で。実感したのは髪の立ち上がり。

ヘアドライがセルフなので、ツルツルになるというのとは違いますが、髪が元気になったのを実感してうれしくなりました。スパオリジナルのブレンドティーを最後に出してくれます。出張でやってきて、元気になって帰れるのは、なかなか気分がよいですね。

出発までのしばしの時間は、バー「アディー」のレディースナイトで。こちらは月〜金の午後5時〜8時には、カクテルの2杯目無料というハッピーアワーをしています(2017年2月28日まで。以降は内容変更の予定)。

ホテルはハッピーアワーなど、サービスを上手に使うとお得。以前にご紹介した「ANAインターコンチネンタルホテル東京」の「シャンパンバー」でも、夕刻の2時間、シャンパンを始めとしたドリンクの飲み放題プラン「シャンパンソーシャル」をしています。

“泡”飲み放題+タパスセットの「シャンパンソーシャル」で癒やしの時間を

https://p-dress.jp/articles/2085

シャンパーニュの“違いがわかる”女になれる!? ANAインターコンチネンタルホテルで楽しめる「シャンパン・バー」をご紹介します。

出張は一人だったので、バーで静かにマティーニを1杯。気持ちよく大阪を後にしたのでした。

インターコンチネンタルホテル大阪:https://www.icosaka.com

Text/Photo=小野アムスデン道子
世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。日本旅行作家協会会員。

この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連する投稿


日本初の泊まれる公園「INN THE PARK」が誕生

日本初の泊まれる公園「INN THE PARK」が誕生

敷地面積9000㎡、”沼津市立少年自然の家”跡地を活用した新発想の複合施設が誕生しました。豊かな自然環境を活かした体験型アクティビティと宿泊・飲食施設を融合しているのが特徴です。沼津市とオープン・エーによる公民連携の”パークリノベーション”、「INN THE PARK」とは。


ロマン薫る街並みにうっとり~倉敷観光1泊2日モデルプラン

ロマン薫る街並みにうっとり~倉敷観光1泊2日モデルプラン

白壁の屋敷や江戸の風情薫る街並み、川沿いの柳並木と川船流しなど美しい景観が楽しめる岡山県・倉敷。今回はロマン薫る倉敷で女性におすすめの、1泊2日モデルプランをご紹介します!


美肌も恋も叶える旅へ~島根の玉造温泉【オトナの美旅スタイル #24】

美肌も恋も叶える旅へ~島根の玉造温泉【オトナの美旅スタイル #24】

島根県といえば縁結びの神様出雲大社が有名。ちょっと足を伸ばせば美肌の湯がこんこんと湧く「玉造温泉」があります。美と恋を叶える「玉造温泉」のおすすめスポットをご紹介します。


移動式アウトドアホテル”The Caravan”9〜10月の予約受付をスタート

移動式アウトドアホテル”The Caravan”9〜10月の予約受付をスタート

日本の四季と旬を求めて、東から西、北から南へお客様と旅をする移動式アウトドアホテル”The Caravan”が、2017年9〜10月の予約受付開始しました。自然のもたらす「何もない贅沢」を味わいにお越しください。


ひとり旅で自己成長する方法【長谷川朋美】

ひとり旅で自己成長する方法【長谷川朋美】

国内外問わず、旅をすることが大好きです。中でもひとり旅は、人生における挑戦にとても似ていて、ひとり旅をすることが人生で起こる出来事のトレーニングになると感じています。今回はひとり旅を自己成長につなげる方法をご紹介します。


最新の投稿


不倫のやめどきには転機が必要。依存を断ち切る方法とは

不倫のやめどきには転機が必要。依存を断ち切る方法とは

不倫の付き合い、いけないとわかっていてもなかなかやめられない。「やめどき」がわからなくて苦しむ女性は多いですが、それは既婚の彼に依存しているから。周りが見えなくなると、どんどん自分だけが取り残されていきます。実際に不倫をやめた女性は、自分の時間を大切にするために依存を断ち切りました。


元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

最近耳にする「パラレルキャリア」という言葉。本業を持ちながら別の仕事を持つ、あるいはボランティアやNPOに参加し広義の社外活動を行うなど、新しい働き方として注目されています。今回は、日系航空会社を退職後、パラレルキャリアを実践することになった神原李奈さんに、現在のキャリアを築くに至った経緯について伺いました。


最新美容の祭典「ビューティーワールドジャパンウエスト」で得たビューティトレンド4選

最新美容の祭典「ビューティーワールドジャパンウエスト」で得たビューティトレンド4選

2017年10月16日〜18日、インテックス大阪で開催された西日本最大の総合ビューティ見本市「ビューティーワールドジャパンウエスト」に行ってきました。女性にとって、美は永遠のテーマ。今回は印象に残ったブースをご紹介しつつ、見本市の楽しみ方をお伝えします。


【おしゃれびとスナップ#20】靴下×パンプスで、レディとガールのあいだ

【おしゃれびとスナップ#20】靴下×パンプスで、レディとガールのあいだ

急に冷え込みが強まってきた今日この頃。おしゃれも暖かさもあきらめないファッションテクを押さえておきましょう。連載「おしゃれびとスナップ」2017年10月第3週は「こなれた靴下コーデ」をテーマにお届けします。


NY発祥の暗闇バイクエクササイズ「FEELCYCLE」を体験してみた~女性を魅了する新感覚の正体とは

NY発祥の暗闇バイクエクササイズ「FEELCYCLE」を体験してみた~女性を魅了する新感覚の正体とは

「FEELCYCLE」というエクササイズをご存知でしょうか。これはNY発祥、ハリウッドセレブやモデルたちを魅了した、世界中で爆発的な人気を誇る暗闇バイクエクササイズのこと。今回はこの「FEELCYCLE」を、DRESS読者におすすめするため、編集部が体験してきました。


おっぱい