1. DRESS [ドレス]トップ
  2. トラベル
  3. ホテル120%活用の自分磨きタイム。生き返るヘアケアにご褒美カクテル【オトナの美旅スタイル #16】

ホテル120%活用の自分磨きタイム。生き返るヘアケアにご褒美カクテル【オトナの美旅スタイル #16】

Share

インターコンチネンタルホテル大阪といえば、ランチやビュッフェ、アフタヌーンティーが有名ですが、バー「アディーadee」やスパ「ALL THAT SPA OSAKA」も魅力のひとつ。出張ついでに楽しめます。

ホテル120%活用の自分磨きタイム。生き返るヘアケアにご褒美カクテル【オトナの美旅スタイル #16】

旅するジャーナリスト小野アムスデン道子です。仕事で大阪へ。実は大阪出身の私は、地元ではなかなかホテルでゆっくりすることがないのですが、今回は特別。

ちょうどその日が水曜日で「インターコンチネンタルホテル大阪」のレディースナイトの日だったんです。バー「アディーadee」では、毎週水曜日の16時から夜はとっぷり22時まで、100種類ものスタンダードカクテルが1,000円で楽しめるんです(税込み、サービス料12%別)。

かつ、こちらの「ALL THAT SPA OSAKA(オールザットスパオオサカ)」には、スパオリジナルのプロダクツを使ったトリートメントや日本の茶芸にインスパイアされて、オイルではなくバームでトリートメントを行なうフランスの「テマエTHÉMAÉ」のスパや、ホテルスパには珍しい個室のヘッドスパも。

本当はお泊まりもしてゆっくりしたいところではありますが、今回は日帰り出張の仕事の後、東京に戻るまでの時間をヘッドスパとバーで自分磨きタイムに当てることに。ボディやフェイスは駆け込み的にもよくトリートメントしてもらいますが、なかなかヘッドスパには行けないし、美容院ではそこまでラグジュアリーな気分にはなかなかなれません。

お願いしたのは45分間の「リフレッシング スカルプ」(14,256円税・サ込み)。頭皮のケアは自分ではなかなか難しいですから。

自然由来のエッシェンシャルオイルと植物オイルを使ったとても香りのいいフランスのヘア&スカルプケアブランド「ルネ フルトレールRENE FURTERER」でトリートメントをしてくれます。

まずは頭皮の状態をチェック。私は、毛穴の状態はまあまあよいのですが、血行があまりよくないので頭皮が固くなっているそう。それが嵩じて肩こりなどにもつながっていると聞いて納得。

まず、シャンプー前にオイルで頭皮をマッサージ。これは座ったままでやります。アーユルヴェーダでも頭皮マッサージは座ったまま。これが効きます。

次に椅子を倒して至福のシャンプータイム。シャンプーには、日常用と週末のケア用のエイジングケアになるものとがありますが、後者を使って泡たっぷりに洗髪。最後は洗い流さないヘアトリートメントで仕上げてもらいます。

美容院ではないので、髪を乾かすのは、お着替え用の個室で自分で。実感したのは髪の立ち上がり。

ヘアドライがセルフなので、ツルツルになるというのとは違いますが、髪が元気になったのを実感してうれしくなりました。スパオリジナルのブレンドティーを最後に出してくれます。出張でやってきて、元気になって帰れるのは、なかなか気分がよいですね。

出発までのしばしの時間は、バー「アディー」のレディースナイトで。こちらは月〜金の午後5時〜8時には、カクテルの2杯目無料というハッピーアワーをしています(2017年2月28日まで。以降は内容変更の予定)。

ホテルはハッピーアワーなど、サービスを上手に使うとお得。以前にご紹介した「ANAインターコンチネンタルホテル東京」の「シャンパンバー」でも、夕刻の2時間、シャンパンを始めとしたドリンクの飲み放題プラン「シャンパンソーシャル」をしています。

“泡”飲み放題+タパスセットの「シャンパンソーシャル」で癒やしの時間を

https://p-dress.jp/articles/2085

シャンパーニュの“違いがわかる”女になれる!? ANAインターコンチネンタルホテルで楽しめる「シャンパン・バー」をご紹介します。

出張は一人だったので、バーで静かにマティーニを1杯。気持ちよく大阪を後にしたのでした。

インターコンチネンタルホテル大阪:https://www.icosaka.com

Text/Photo=小野アムスデン道子
世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。日本旅行作家協会会員。

Share

小野アムスデン 道子

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article