ホテル120%活用の自分磨きタイム。生き返るヘアケアにご褒美カクテル【オトナの美旅スタイル #16】

ホテル120%活用の自分磨きタイム。生き返るヘアケアにご褒美カクテル【オトナの美旅スタイル #16】

インターコンチネンタルホテル大阪といえば、ランチやビュッフェ、アフタヌーンティーが有名ですが、バー「アディーadee」やスパ「ALL THAT SPA OSAKA」も魅力のひとつ。出張ついでに楽しめます。


旅するジャーナリスト小野アムスデン道子です。仕事で大阪へ。実は大阪出身の私は、地元ではなかなかホテルでゆっくりすることがないのですが、今回は特別。

ちょうどその日が水曜日で「インターコンチネンタルホテル大阪」のレディースナイトの日だったんです。バー「アディーadee」では、毎週水曜日の16時から夜はとっぷり22時まで、100種類ものスタンダードカクテルが1,000円で楽しめるんです(税込み、サービス料12%別)。

かつ、こちらの「ALL THAT SPA OSAKA(オールザットスパオオサカ)」には、スパオリジナルのプロダクツを使ったトリートメントや日本の茶芸にインスパイアされて、オイルではなくバームでトリートメントを行なうフランスの「テマエTHÉMAÉ」のスパや、ホテルスパには珍しい個室のヘッドスパも。

本当はお泊まりもしてゆっくりしたいところではありますが、今回は日帰り出張の仕事の後、東京に戻るまでの時間をヘッドスパとバーで自分磨きタイムに当てることに。ボディやフェイスは駆け込み的にもよくトリートメントしてもらいますが、なかなかヘッドスパには行けないし、美容院ではそこまでラグジュアリーな気分にはなかなかなれません。

お願いしたのは45分間の「リフレッシング スカルプ」(14,256円税・サ込み)。頭皮のケアは自分ではなかなか難しいですから。

自然由来のエッシェンシャルオイルと植物オイルを使ったとても香りのいいフランスのヘア&スカルプケアブランド「ルネ フルトレールRENE FURTERER」でトリートメントをしてくれます。

まずは頭皮の状態をチェック。私は、毛穴の状態はまあまあよいのですが、血行があまりよくないので頭皮が固くなっているそう。それが嵩じて肩こりなどにもつながっていると聞いて納得。

まず、シャンプー前にオイルで頭皮をマッサージ。これは座ったままでやります。アーユルヴェーダでも頭皮マッサージは座ったまま。これが効きます。

次に椅子を倒して至福のシャンプータイム。シャンプーには、日常用と週末のケア用のエイジングケアになるものとがありますが、後者を使って泡たっぷりに洗髪。最後は洗い流さないヘアトリートメントで仕上げてもらいます。

美容院ではないので、髪を乾かすのは、お着替え用の個室で自分で。実感したのは髪の立ち上がり。

ヘアドライがセルフなので、ツルツルになるというのとは違いますが、髪が元気になったのを実感してうれしくなりました。スパオリジナルのブレンドティーを最後に出してくれます。出張でやってきて、元気になって帰れるのは、なかなか気分がよいですね。

出発までのしばしの時間は、バー「アディー」のレディースナイトで。こちらは月〜金の午後5時〜8時には、カクテルの2杯目無料というハッピーアワーをしています(2017年2月28日まで。以降は内容変更の予定)。

ホテルはハッピーアワーなど、サービスを上手に使うとお得。以前にご紹介した「ANAインターコンチネンタルホテル東京」の「シャンパンバー」でも、夕刻の2時間、シャンパンを始めとしたドリンクの飲み放題プラン「シャンパンソーシャル」をしています。

“泡”飲み放題+タパスセットの「シャンパンソーシャル」で癒やしの時間を

https://p-dress.jp/articles/2085

シャンパーニュの“違いがわかる”女になれる!? ANAインターコンチネンタルホテルで楽しめる「シャンパン・バー」をご紹介します。

出張は一人だったので、バーで静かにマティーニを1杯。気持ちよく大阪を後にしたのでした。

インターコンチネンタルホテル大阪:https://www.icosaka.com

Text/Photo=小野アムスデン道子
世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。日本旅行作家協会会員。

この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連する投稿


東京を案内しよう!1日欲張り東京観光ルート(東エリア編)

東京を案内しよう!1日欲張り東京観光ルート(東エリア編)

ベタな観光名所も、新しくできたスポットも、1日で効率よくめぐる欲張り東京案内。定番の築地や浅草に加えて、今話題のエリア蔵前などをめぐる東京の東エリア観光ルートをご紹介します。


絶品朝食をサンフランシスコのウォーターフロントで【オトナの美旅スタイル #18】

絶品朝食をサンフランシスコのウォーターフロントで【オトナの美旅スタイル #18】

旅先での朝食は楽しみのひとつ。サンフランシスコに到着後、ウォーターフロントにある1928年創業の「イーグルカフェ」へ行きました。いただいたのはブラウンシュガーとペカンをのせたバナナパンケーキとクラブケーキ・ベネディクト。


星野リゾートで春限定デザート「りんごと桜のあんみつ」を味わって

星野リゾートで春限定デザート「りんごと桜のあんみつ」を味わって

春の訪れを告げる桜とりんごのデザート「りんごと桜のあんみつ」が「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」で4月15日より新登場。


週末にふらり、東京の離島「伊豆大島」へ

週末にふらり、東京の離島「伊豆大島」へ

自然豊かで温暖な気候。穏やかな時間が流れる島旅は、日頃の喧騒を忘れさせてくれるリフレッシュにはもってこい。東京からもあっという間に行ける伊豆大島は今が椿の見頃でした。


トマトすき焼きも!星野リゾート 界 阿蘇で今夏「阿蘇トマト滞在」を開催

トマトすき焼きも!星野リゾート 界 阿蘇で今夏「阿蘇トマト滞在」を開催

トマトテイスティングにトマトすき焼き……トマトの新しい楽しみ方を知るプログラム「阿蘇トマト滞在」を「星野リゾート 界 阿蘇」で今夏実施。


最新の投稿


女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

チェコのイースターは日本から見ると独特かもしれません。男性が鞭で女性のお尻を叩く風習があります。1年の健康や美を願い、また子宝に恵まれる、との言い伝えもありますが、正直痛い(笑)。そんなチェコのイースターの過ごし方と独特の風習を詳しくご紹介します。


「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」はケイトのアイブロウパレット。眉ってなかなか思い通りに描けず、苦手意識がある人も多いと思いますが、デザイニングアイブロウNのような3色のパウダータイプなら色を調整でき、仕上がりもふんわりソフトなので失敗が少なくおすすめです。眉メイクのコツやノーズシャドウとして使う方法をご紹介します。


鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島県は未だに「男尊女卑がある」と言われる地域。そこで生活する女性たちは「被害者」扱いされることもあるが、鹿児島出身の私に言わせると、まったく逆だ。実は日本で一番、男社会での処世術を知っている女性は、鹿児島女性なんじゃないかと思うこともある。


海外から見た「日本人」の長所と短所

海外から見た「日本人」の長所と短所

「約束を守る」「長期的なビジョンや関係を重視する性格」などは、海外から見て日本人が評価されているポイント。一方で「英語が話せない」など、ちょっと残念と思われている要素も……。外国人が見る、リアルな日本人のイメージを知っておきませんか。


最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

思い切って結婚式プロデュース会社に相談したのは、ウエディングプランナーに相談しても、なかなか「これだ!」と思えなかったから。夢のような結婚式を実現するため、複数のウエディングプランナーに面会したものの、ピンとこなかったから。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#6をお届けします。