「疲れた」と思わず口に漏れてしまったときに、自分のためにしたいこと【カツセマサヒコ 連載 #2】

「疲れた」と思わず口に漏れてしまったときに、自分のためにしたいこと【カツセマサヒコ 連載 #2】

「疲れた」と口にしてしまうことありませんか? 素敵な異性と出会うこともあれば、長く付き合っていた人と別れることもある。仕事で大きなプロジェクトが成功することもあれば、入社以来一番大きなミスをしてしまうことも。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくなかで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第二回。


■疲れた、そんなときに自分を救う方法

 

「今日はもう、疲れた」
 

終わるはずもない仕事量を、明日の自分に持ち越した。

ようやく会社を出たころには、見たかったドラマさえとっくに終わっている時間だった。
 

そんな日が、しばしばある。

やっと自宅に着いて、スーパーで5割引きになった惣菜を取り出す。

 
引越し当初は「週に3回は自炊したい」と思っていたはずが、既に5日連続の外食。

貯まっていく洗濯物と、ほぼ空っぽの冷蔵庫に嫌気がさす。
 

そんな日が、続いてしまったとする。

「疲れた」
  

またしても口に出てしまうほど、疲れてしまった。
 

ジャケットも脱がず、化粧も落とさず、ベッドに倒れ込んだ。

しばらく動けなくなり、ようやく起き上がったころには日付が変わっていた。
 

「ああ、シャワー浴びなきゃ……」
 

重い腰を上げて、なんとか浴室にたどり着く。

 
そんな日が、延々と続いてしまったら。


そんなときは、そろそろ、自分を救う方法を考えたい。

とっておきのご褒美に、何を用意してあげられるか、考えたい。
 

海外旅行は、金銭的にも時間的にも厳しい。

豪華なディナーに出かけるのも、疲れる。
 

もっと日常的なところ。

疲弊しきった体力でも手の届く範囲で、自分を労ってあげる方法は、ないだろうか。

たとえば、
 

お風呂の温度を1度上げて、好きな曲1曲ぶん、いつもより長く浸かる。

好きな音楽を小さなボリュームでかけておいて、体が暖かいうちに、そのままベッドにダイブする。

いつもよりひと手間加えたコーヒーや紅茶を飲む。

時間は遅いけれど、コンビニで一番高いスイーツを買って食べる。

 

美容院を予約する。

翌朝の支度をいつもよりていねいにする。

カバンやサイフの中身を整理してみる。

抱えたモヤモヤを紙に書き起こしてみる。

迷っていた家具や洋服を、思いきって買ってみる。
 


 
「昨日と違うことをした」
 

それだけで、日々に一瞬、色が付く。
  
昨日の自分は退屈で好きになれなくても、今日、ひとつ昨日と違うことをすれば、明日は違う自分に会える気がする。
 
だから、「がんばっているね」と、自分に声をかけるように、1日のどこかにアクセントを付けてみる。
  

そうすることで、明日の自分を今より少し好きになればいい。
 
そうすることで、明日からの自分を励ましてあげればいい。
 

それでも、やめたくなってしまったら。

そのときは清々しく、やめてしまえばいい。

どうせやめたくても全部やめることはなかなかできないんだし、残った「やめられないもの」でがんばっていけばいいんだから。

それくらいがきっと、ちょうどいいはずだから。

カツセマサヒコ 連載 バックナンバーはこちら

この記事のライター

下北沢のライター・編集者。書く・話す・企画することを中心に活動中。
趣味はツイッターとスマホの充電。

関連するキーワード


生き方

関連する投稿


「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」「愛されメイク」「愛されファッション」など、世の中に溢れる愛され女子を盛り立てるムード。「丸の内にゃんにゃんOL」騒動や、安室奈美恵の引退ニュースにつく「女性の幸せ最優先」というタイトルからも未だに「愛されることこそが女性の幸せ」という世の圧力を感じます。


すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

高座に上がり、独特の語り口調で歴史話を繰り広げる講談。講談師である父親に弟子入りし、若手ながらもテレビ等で活躍する女性講談師・一龍斎貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さん。仕事においては、人と人とのつながりが大切だという彼女に、人間関係の築き方を聞く。


「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

日本三大話芸のひとつである「講談」。そんな伝統芸能の世界で、DRESS世代の女性が活躍している。美人講談師として人気の一龍齋貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さんだ。今回は、男性社会の風潮が色濃く残る講談を舞台に活躍する彼女に、お話を伺った。


誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

どんな生き方が幸せなのか、どんな価値観やライフスタイルを「好き」「大切」と思うのかは、それぞれの自由。自分が信じる幸せを追求する権利があります。でも、その自分の信念の取り扱いを間違えると、誰かを傷つけてしまうことも。


人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

他人の評価を過度に意識したり、他人に自分の価値観を強制したりするのではなく、自分が今この瞬間を楽しく生きることを通じて、そのエネルギーを周囲にシェアしていこう。人生とは、自分を楽しませること。そして、好き勝手に人生を楽しんでいる自分の姿を見て、人々の希望になれたら最高ではないかと思うのです。


最新の投稿


『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

綾野剛主演の人気ドラマ『コウノドリ』第1話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。産科医療の現場をリアルに描くドラマです。号泣必至なので、見るときはハンカチを用意しましょう。


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


おっぱい

MENU

DRESS部活