「疲れた」と思わず口に漏れてしまったときに、自分のためにしたいこと【カツセマサヒコ 連載 #2】

「疲れた」と思わず口に漏れてしまったときに、自分のためにしたいこと【カツセマサヒコ 連載 #2】

「疲れた」と口にしてしまうことありませんか? 素敵な異性と出会うこともあれば、長く付き合っていた人と別れることもある。仕事で大きなプロジェクトが成功することもあれば、入社以来一番大きなミスをしてしまうことも。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくなかで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第二回。


■疲れた、そんなときに自分を救う方法

 

「今日はもう、疲れた」
 

終わるはずもない仕事量を、明日の自分に持ち越した。

ようやく会社を出たころには、見たかったドラマさえとっくに終わっている時間だった。
 

そんな日が、しばしばある。

やっと自宅に着いて、スーパーで5割引きになった惣菜を取り出す。

 
引越し当初は「週に3回は自炊したい」と思っていたはずが、既に5日連続の外食。

貯まっていく洗濯物と、ほぼ空っぽの冷蔵庫に嫌気がさす。
 

そんな日が、続いてしまったとする。

「疲れた」
  

またしても口に出てしまうほど、疲れてしまった。
 

ジャケットも脱がず、化粧も落とさず、ベッドに倒れ込んだ。

しばらく動けなくなり、ようやく起き上がったころには日付が変わっていた。
 

「ああ、シャワー浴びなきゃ……」
 

重い腰を上げて、なんとか浴室にたどり着く。

 
そんな日が、延々と続いてしまったら。


そんなときは、そろそろ、自分を救う方法を考えたい。

とっておきのご褒美に、何を用意してあげられるか、考えたい。
 

海外旅行は、金銭的にも時間的にも厳しい。

豪華なディナーに出かけるのも、疲れる。
 

もっと日常的なところ。

疲弊しきった体力でも手の届く範囲で、自分を労ってあげる方法は、ないだろうか。

たとえば、
 

お風呂の温度を1度上げて、好きな曲1曲ぶん、いつもより長く浸かる。

好きな音楽を小さなボリュームでかけておいて、体が暖かいうちに、そのままベッドにダイブする。

いつもよりひと手間加えたコーヒーや紅茶を飲む。

時間は遅いけれど、コンビニで一番高いスイーツを買って食べる。

 

美容院を予約する。

翌朝の支度をいつもよりていねいにする。

カバンやサイフの中身を整理してみる。

抱えたモヤモヤを紙に書き起こしてみる。

迷っていた家具や洋服を、思いきって買ってみる。
 


 
「昨日と違うことをした」
 

それだけで、日々に一瞬、色が付く。
  
昨日の自分は退屈で好きになれなくても、今日、ひとつ昨日と違うことをすれば、明日は違う自分に会える気がする。
 
だから、「がんばっているね」と、自分に声をかけるように、1日のどこかにアクセントを付けてみる。
  

そうすることで、明日の自分を今より少し好きになればいい。
 
そうすることで、明日からの自分を励ましてあげればいい。
 

それでも、やめたくなってしまったら。

そのときは清々しく、やめてしまえばいい。

どうせやめたくても全部やめることはなかなかできないんだし、残った「やめられないもの」でがんばっていけばいいんだから。

それくらいがきっと、ちょうどいいはずだから。

カツセマサヒコ 連載 バックナンバーはこちら

この記事のライター

下北沢のライター・編集者。書く・話す・企画することを中心に活動中。
趣味はツイッターとスマホの充電。

関連するキーワード


生き方

関連する投稿


イライラしがちな人がラクに生きるためにすべきこと【カツセマサヒコ #7】

イライラしがちな人がラクに生きるためにすべきこと【カツセマサヒコ #7】

最近、多くのことにイライラしている人を見かける。怒らなければいけないシーンもあるけれど、もしも、それで疲れてしまうなら――もう少しラクになれるように責任の線引きをするべきなのかもしれない。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第7回。


これからはキラリと光る女性を目指したい

これからはキラリと光る女性を目指したい

キラキラ女子になろうとする時期はもう過ぎた。これから目指すのだとしたら、目の前の人に「少しだけまぶしい」と思ってもらえるような、そんな女性。


綺麗なおっぱいは、女性も魅了する

綺麗なおっぱいは、女性も魅了する

「色気がある」という言葉はよく聞くが、女性から見て色気があるのはどんな女性なのだろうか。そして、それは一朝一夕で手に入れられることなのか。色気だなんて手の届かないところにあるような気がしてしまうけれど、実は自分の中にすでにあるものなのかもしれない。


絵本作家ターシャ・テューダーの「喜び」を見つめる生き方

絵本作家ターシャ・テューダーの「喜び」を見つめる生き方

「人生は短いのよ、何があっても『生きること』を楽しんで」――アメリカを代表する絵本作家にしてイラストレーターであり、農婦で酪農家で4人の子供を育て上げたシングルマザーのターシャ・テューダーの生涯から、勇気をくれる言葉とターシャの庭を訪問するための情報をご紹介します。


ヨガ八支則を応用して、幸せな人生を手に入れる【長谷川朋美 連載 #12】

ヨガ八支則を応用して、幸せな人生を手に入れる【長谷川朋美 連載 #12】

ヨガの八支則から学ぶ、真の豊かさと幸せを手に入れるための方法を長谷川朋美さんが紹介します。


最新の投稿


どんな自分も愛してほしい。ダメな自分もさらけ出せるパートナーの見つけ方

どんな自分も愛してほしい。ダメな自分もさらけ出せるパートナーの見つけ方

パートナーの前で、ダメな自分やカッコ悪い自分をさらけ出せますか? 長く同棲する、結婚するとなれば、常に良いところばかり見せるなんて、まず無理。どんな状態の自分も安心して受け入れてくれる人を見つける方法、考えてみませんか。


【札幌DRESS部】 マクラメ紐とチャームで作る秋のアクセサリー作り

【札幌DRESS部】 マクラメ紐とチャームで作る秋のアクセサリー作り

さまざまな色のマクラメ紐と、パールネックレスか天然石ブレスレットなどのジュエリーから好きな素材を選んで自分だけの一点物のアクセサリーを作りましょう。


「楽しく痩せたい」ワガママな女性の願いを叶えるフォトジェニックな美味しい飲み物

「楽しく痩せたい」ワガママな女性の願いを叶えるフォトジェニックな美味しい飲み物

夏といえば、ワクワクが詰まった魅力的な季節。せっかくなら、最後までめいっぱい楽しみたいですよね。でもその前に、夏を楽しむ準備、ちゃんとできていますか? 今回は、ダイエット中にもいただける、フォトジェニックなドリンクやスイーツをご紹介します。


牛ヒレ肉が主役のレシピ3品。ダイエット中にぴったり

牛ヒレ肉が主役のレシピ3品。ダイエット中にぴったり

牛ヒレ肉のレシピを3品ご紹介します。肉こそダイエットに向いた食材のひとつ。なかでも牛ヒレ肉はとてもヘルシーで、ダイエット中の方にも積極的に食べていただきたいです。Diet Geniusのシェフが絶妙な火入れをした、とびきり美味しそうな写真でご覧ください。


12星座ファッション占い~2017年下半期の恋愛・仕事・マネー運はどうなる?

12星座ファッション占い~2017年下半期の恋愛・仕事・マネー運はどうなる?

認定心理士でもあり、Ameba公式No.1占い師としても活躍する脇田尚揮さん。今回は、下半期の恋愛・仕事・マネー運を、12星座ごとにファッション占いで紹介。ファッション・カラー・アイテムなどチェックすべきポイントがもりだくさんな内容に。