「疲れた」と思わず口に漏れてしまったときに、自分のためにしたいこと【カツセマサヒコ 連載 #2】

「疲れた」と思わず口に漏れてしまったときに、自分のためにしたいこと【カツセマサヒコ 連載 #2】

「疲れた」と口にしてしまうことありませんか? 素敵な異性と出会うこともあれば、長く付き合っていた人と別れることもある。仕事で大きなプロジェクトが成功することもあれば、入社以来一番大きなミスをしてしまうことも。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくなかで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第二回。


■疲れた、そんなときに自分を救う方法

 

「今日はもう、疲れた」
 

終わるはずもない仕事量を、明日の自分に持ち越した。

ようやく会社を出たころには、見たかったドラマさえとっくに終わっている時間だった。
 

そんな日が、しばしばある。

やっと自宅に着いて、スーパーで5割引きになった惣菜を取り出す。

 
引越し当初は「週に3回は自炊したい」と思っていたはずが、既に5日連続の外食。

貯まっていく洗濯物と、ほぼ空っぽの冷蔵庫に嫌気がさす。
 

そんな日が、続いてしまったとする。

「疲れた」
  

またしても口に出てしまうほど、疲れてしまった。
 

ジャケットも脱がず、化粧も落とさず、ベッドに倒れ込んだ。

しばらく動けなくなり、ようやく起き上がったころには日付が変わっていた。
 

「ああ、シャワー浴びなきゃ……」
 

重い腰を上げて、なんとか浴室にたどり着く。

 
そんな日が、延々と続いてしまったら。


そんなときは、そろそろ、自分を救う方法を考えたい。

とっておきのご褒美に、何を用意してあげられるか、考えたい。
 

海外旅行は、金銭的にも時間的にも厳しい。

豪華なディナーに出かけるのも、疲れる。
 

もっと日常的なところ。

疲弊しきった体力でも手の届く範囲で、自分を労ってあげる方法は、ないだろうか。

たとえば、
 

お風呂の温度を1度上げて、好きな曲1曲ぶん、いつもより長く浸かる。

好きな音楽を小さなボリュームでかけておいて、体が暖かいうちに、そのままベッドにダイブする。

いつもよりひと手間加えたコーヒーや紅茶を飲む。

時間は遅いけれど、コンビニで一番高いスイーツを買って食べる。

 

美容院を予約する。

翌朝の支度をいつもよりていねいにする。

カバンやサイフの中身を整理してみる。

抱えたモヤモヤを紙に書き起こしてみる。

迷っていた家具や洋服を、思いきって買ってみる。
 


 
「昨日と違うことをした」
 

それだけで、日々に一瞬、色が付く。
  
昨日の自分は退屈で好きになれなくても、今日、ひとつ昨日と違うことをすれば、明日は違う自分に会える気がする。
 
だから、「がんばっているね」と、自分に声をかけるように、1日のどこかにアクセントを付けてみる。
  

そうすることで、明日の自分を今より少し好きになればいい。
 
そうすることで、明日からの自分を励ましてあげればいい。
 

それでも、やめたくなってしまったら。

そのときは清々しく、やめてしまえばいい。

どうせやめたくても全部やめることはなかなかできないんだし、残った「やめられないもの」でがんばっていけばいいんだから。

それくらいがきっと、ちょうどいいはずだから。

カツセマサヒコ 連載 バックナンバーはこちら

この記事のライター

下北沢のライター・編集者。書く・話す・企画することを中心に活動中。
趣味はツイッターとスマホの充電。

関連するキーワード


生き方

関連する投稿


同性に愛されるしなやかな人とは

同性に愛されるしなやかな人とは

できれば誰からも嫌われたくない。いろんな人から好かれたい、と思う。しかし、どうすればいいのか。同性に好かれるような人になるために必要なことは実はとても簡単なことなのだと思う。


「いい年して年甲斐もなく」という時代遅れな言葉が人を老化させる

「いい年して年甲斐もなく」という時代遅れな言葉が人を老化させる

「いい年して年甲斐もなく」この言葉を周りの人から言われるのではないかと、したいことをできずにいる人は多いのではないだろうか? 年相応に生きることを世間に強いられていると感じる人も多いだろう。しかしその言葉こそが人の可能性を封じ込めて、人を老けさせてしまっているように思う。


自分が信じるものを、自分で決める――『サラバ!』が教えてくれた大切なこと

自分が信じるものを、自分で決める――『サラバ!』が教えてくれた大切なこと

西加奈子さんの作家生活10周年記念作品『サラバ!』(西加奈子/小学館文庫)の文庫版が、今秋発売されました。上中下3巻に渡る長編ながら、読みやすい文章と鮮やかな人間描写で、ワクワクしながら読み進められる作品です。現代を生きる私たちに訴えかけてくる、作品からの力強いメッセージをご紹介します。


男性は、好みの女性を“消費“する行為に慣れている【漫画家・鳥飼茜さんインタビュー】

男性は、好みの女性を“消費“する行為に慣れている【漫画家・鳥飼茜さんインタビュー】

鳥飼茜先生が描く『ロマンス暴風域』は、さえない非常勤美術教師の「サトミン」が風俗嬢の「せりか」と恋に落ちるストーリー。特にラストの展開はハラハラが止まらない。今回は、男女の性の差について切り込む作品の多い鳥飼さんに、男性が風俗に行く理由や、男性はなぜあざとい女性に夢見がちなのかを聞いた。


結婚に焦りを感じたときの対処法~結婚適齢期という枠組みは捨てる

結婚に焦りを感じたときの対処法~結婚適齢期という枠組みは捨てる

結婚への焦りを感じる女性は数多くいるかと思います。しかし、そうした焦燥感は、結婚への道のりをより遠くしてしまうのです。今回は、結婚への不安を感じるあなたに「焦り」との向き合い方をお伝えいたします。


最新の投稿


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

【積読を崩す夜】13回目は、『美しくなる判断がどんな時もできる』をご紹介します。知っていて、実践すれば美が底上げされて、「どんなに大変な日」でも安心なテクニックの数々。「このメイクは、何でするのか」という、メイクの理由を具体的に教えてくれる、手元に置いておきたい1冊です。


食べて健康に、きれいになるレシピ集

食べて健康に、きれいになるレシピ集

スリムな人を見ると羨ましく思えますが、単に「痩せ=美」というわけでもありません。過度な痩せはかえって美から遠ざかってしまいます。健康的にダイエットしたいあなたにオススメのレシピをご紹介。


おっぱい