「疲れた」と思わず口に漏れてしまったときに、自分のためにしたいこと【カツセマサヒコ 連載 #2】

「疲れた」と思わず口に漏れてしまったときに、自分のためにしたいこと【カツセマサヒコ 連載 #2】

素敵な異性と出会うこともあれば、長く付き合っていた人と別れることもある。仕事で大きなプロジェクトが成功することもあれば、入社以来一番大きなミスをしてしまうこともある。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくなかで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第二回。


 

「今日はもう、疲れた」
 

終わるはずもない仕事量を、明日の自分に持ち越した。

ようやく会社を出たころには、見たかったドラマさえとっくに終わっている時間だった。
 

そんな日が、しばしばある。

やっと自宅に着いて、スーパーで5割引きになった惣菜を取り出す。

 
引越し当初は「週に3回は自炊したい」と思っていたはずが、既に5日連続の外食。

貯まっていく洗濯物と、ほぼ空っぽの冷蔵庫に嫌気がさす。
 

そんな日が、続いてしまったとする。

「疲れた」
  

またしても口に出てしまうほど、疲れてしまった。
 

ジャケットも脱がず、化粧も落とさず、ベッドに倒れ込んだ。

しばらく動けなくなり、ようやく起き上がったころには日付が変わっていた。
 

「ああ、シャワー浴びなきゃ……」
 

重い腰を上げて、なんとか浴室にたどり着く。

 
そんな日が、延々と続いてしまったら。


そんなときは、そろそろ、自分を救う方法を考えたい。

とっておきのご褒美に、何を用意してあげられるか、考えたい。
 

海外旅行は、金銭的にも時間的にも厳しい。

豪華なディナーに出かけるのも、疲れる。
 

もっと日常的なところ。

疲弊しきった体力でも手の届く範囲で、自分を労ってあげる方法は、ないだろうか。

たとえば、
 

お風呂の温度を1度上げて、好きな曲1曲ぶん、いつもより長く浸かる。

好きな音楽を小さなボリュームでかけておいて、体が暖かいうちに、そのままベッドにダイブする。

いつもよりひと手間加えたコーヒーや紅茶を飲む。

時間は遅いけれど、コンビニで一番高いスイーツを買って食べる。

 

美容院を予約する。

翌朝の支度をいつもよりていねいにする。

カバンやサイフの中身を整理してみる。

抱えたモヤモヤを紙に書き起こしてみる。

迷っていた家具や洋服を、思いきって買ってみる。
 


 
「昨日と違うことをした」
 

それだけで、日々に一瞬、色が付く。
  
昨日の自分は退屈で好きになれなくても、今日、ひとつ昨日と違うことをすれば、明日は違う自分に会える気がする。
 
だから、「がんばっているね」と、自分に声をかけるように、1日のどこかにアクセントを付けてみる。
  

そうすることで、明日の自分を今より少し好きになればいい。
 
そうすることで、明日からの自分を励ましてあげればいい。
 

それでも、やめたくなってしまったら。

そのときは清々しく、やめてしまえばいい。

どうせやめたくても全部やめることはなかなかできないんだし、残った「やめられないもの」でがんばっていけばいいんだから。

それくらいがきっと、ちょうどいいはずだから。

この記事のライター

下北沢のライター・編集者。書く・話す・企画することを中心に活動中。
趣味はツイッターとスマホの充電。

関連するキーワード


生き方

関連する投稿


ヨガ八支則を応用して、幸せな人生を手に入れる【長谷川朋美 連載 #12】

ヨガ八支則を応用して、幸せな人生を手に入れる【長谷川朋美 連載 #12】

ヨガの八支則から学ぶ、真の豊かさと幸せを手に入れるための方法を長谷川朋美さんが紹介します。


ラッキーな人になるためにすべきこと【カツセマサヒコ 連載 #4】

ラッキーな人になるためにすべきこと【カツセマサヒコ 連載 #4】

ラッキーな人を見ると法則があるような気がする。たとえば、やりたいことに素直で、アンラッキーなときのやり過ごし方を心得ていて、とびきりポジティブシンキング。ラッキーな人は大抵そうだ。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第4回。


疲れた、何もしたくない。がんばりすぎた日は「自分をやさしく許す」こと

疲れた、何もしたくない。がんばりすぎた日は「自分をやさしく許す」こと

疲れた、何もしたくない――どうしても元気が出ない日がある。仕事に、家事に、恋愛に……わたしたちの毎日は忙しい。どれも大切にしたいから、いつだって全力投球。だからこそ、たまには力を抜いてみることで、疲れた何もしたくない状態から抜け出そう。がんばりすぎたあなたへ届けたいショートストーリーです。


引越しで気づいた手放すことの大切さ

引越しで気づいた手放すことの大切さ

「気に入っているから」という理由で何かに執着していると、自分の人生はそれの延長上にあると考えてしまいがち。でも、実際そんなことはない。一度手放して、新たな一歩を踏み出すと、未来を拓いていける。小島慶子さんが大好きだったマンションから引越して感じたことはーー。


我が道を行く。人の目を気にしなければ、人生は輝き始める。

我が道を行く。人の目を気にしなければ、人生は輝き始める。

我が道を行く性格であれば問題はない。ただ、残念なことだけれど、キラキラ輝く人を見て、嫉妬する人はいる。でも、たった一度しかない人生で、そんなマイナスな声を受け止めて自分の道を行かず、モヤモヤするなんてもったいない。他人の目を気にせず、やりたいことを貫く強さを持ち、我が道を行こう。


最新の投稿


SUQQUのサマーコレクションは「大人のマリン」

SUQQUのサマーコレクションは「大人のマリン」

この夏SUQQUが提案するのは、大人仕立てのマリンカラー。モダンに、上品に、さらりと余裕を感じさせるゆったりと夏を愉しむコレクションの登場です。


超音波検査より詳しい「羊水染色体検査」でわかることは?検査方法、メリット、リスクも知って

超音波検査より詳しい「羊水染色体検査」でわかることは?検査方法、メリット、リスクも知って

羊水染色体検査を通じてわかること、検査の方法、メリット、リスクなどを山中智哉医師が解説します。さらに、1990年代以降行われるようになった、母体血清マーカーテストについても後半で説明します。


嫉妬心をなくすには? 「羨ましい」という感情で自分を磨こう

嫉妬心をなくすには? 「羨ましい」という感情で自分を磨こう

誰かを羨ましいと思うのは人として当然の感情のひとつだ。しかし、それが行き過ぎると自分の心に黒い影を落とすようになる。単なる嫉妬心をなくすには、どうすればいいのか。羨ましいという感情で、自分を磨く方法を考えてみた。


逃げ恥系?家事好きな大学職員の本棚【本棚百景#4】

逃げ恥系?家事好きな大学職員の本棚【本棚百景#4】

本棚の中身は、持ち主の脳内や心の中を映し出していることがあります。他人の本棚や読書スタイルというものは、意外に知らないものですが、読む本の変遷は時にその人の生き方さえも表しています。連載【本棚百景】4回目は、東京都在住リョウカさん(仮名)の本棚をご紹介します。


抽選で15名様にマナラ ホットクレンジングゲルが当たる!読者アンケートにご協力ください

抽選で15名様にマナラ ホットクレンジングゲルが当たる!読者アンケートにご協力ください

DRESS読者のみなさま、読者アンケートにご協力いただけませんか。 抽選で15名様にマナラ ホットクレンジングゲルをプレゼント。