「自分にしかない人生を生きる」長谷川朋美さんの生き方から学ぶこと

「自分にしかない人生を生きる」長谷川朋美さんの生き方から学ぶこと

自分に嘘のない生き方、していますか?


DRESS連載陣としてもおなじみで、美LIFEクリエイターとして活躍する長谷川朋美さん。経営者やセミナー主催者、作家、ライフスタイルショップオーナー、ホリスティック美容家など、さまざまな顔を持つ女性です。

実業家として成功し、輝きを放つ長谷川さんは、常に自分自身を進化させてきた人。キャリアを振り返ってみると、高校中退後は渋谷109のショップ店員となり、カリスマ店員として話題になっただけではなく、自ら手を上げて1年で商品企画を担当するまでに。

その後、22歳で起業。8年間で6店舗のビューティーサロンを経営し、それを「天職」だと思っていたものの、30歳のときに手放します。それからはセミナーや講演、プロデュース業を中心とするスタイルに切り替え、2014年からは作家として執筆活動もスタート。

順風満帆に見える長谷川さんの人生ですが、30歳のときに最愛のパートナーを亡くしています。夫であり、メンターでもあった彼を失ってから、人生は一度きりであることに気づき、「絶対に自分に嘘のない生き方をしよう」と決意したといいます。

自分に嘘のない生き方~人生を劇的に変えるためにすべき31のこと

¥ 1,404

今回ご紹介する『自分に嘘のない生き方 人生を劇的に変えるためにすべき31のこと』は、長谷川さんが繰り返し実践してきた行動や考え方を集めた、妥協しない人生を送るヒントが詰まった本。

■長谷川朋美流、自分に誠実に生きる方法が満載

全体を通して伝わってくるのは、長谷川さんという人物の誠実さであり、これこそが私たちが長谷川さんから学ぶべきことでしょう。まず、自分という世界にひとりしかいないパートナーに対して誠実であることは、大きな特徴です。

自分に嘘をついて生きる人は、自分に言い訳をしたり、世間や他人など自分以外のもののせいにしたりしがち。しかし、それをしているうちは、何ひとつ変わらず、自分のことも好きになれないと、長谷川さんは述べています。

「『でも〜』『だって〜』『どうせ〜』『〜だから』 こういう“Dがつく言葉”には気をつけてください。なぜなら、この前後の言葉は決まって言い訳だから」

無意識のうちに口にしていませんか。さらっと言い訳を口にしたり、頭に思い浮かべたりしているときには、人生が変わらないのは当然でしょう。

「言い訳をやめるには、自分の言動を客観視することです」

暗い気持ちになる作業かもしれませんが、1日が終わる頃に、自分が人に言ったこと、脳内で考えたことのうち、言い訳をした瞬間がなかったか、振り返ってみようと長谷川さんは提案しています。さらに、「誰でも一つや二つは思い当たるはずです。そのとき言い訳をしている自分を、否定せずに認めてあげてください」と述べています。

■自分にも他人にも……言い訳は百害あって一利なし

言い訳に関する長谷川さんの言葉をもう少し見ていきましょう。

「よくも悪くも『これが私。これが私の人生なんだ』と受け入れた瞬間から本当の人生は始まり、何からも逃げない、言い訳をしない自分になりました」

「言い訳の代わりに『じゃあ、どうやったらできるかな?』と考えると、潜在意識が変わって、やるための答えを探すようになります」

「言い訳をやめると、やれることが一気に増えます」

言い訳はネガティブな言葉の塊。口にする言葉はその人の分身でもあると思います。だからこそ言葉から見直すことで、言動がポジティブになり、前向きで言い訳ゼロの生き方につながっていくのでしょう。

他にも本書に収められているアドバイスはすぐ実践し、継続することで、人生を刷新できるものばかり。

「チャレンジして失敗するかもしれません。むしろ、その可能性は大いにあるでしょう。そのときは、『やっちまったー!』でいいんですよ」

「自信は、与えられるものではなく、自分で作っていくものです」

「問題を解決したいのなら、その問題を解決している、または成功している自分や人の視点から考えなくてはいけません。悩んでいる自分ではなく、解決している自分だったら? 今の自分ではなく、先を行くあの人だったら? と想像してみてください」

ときに厳しい言葉もありますが、後悔しない生き方をしたい人なら、ぜひ読んでおきたい力強く、前向きな助言ばかり。自分に嘘をつかない生き方を自ら示し、覚悟を決めて自分らしく生きている長谷川さんが、魂を込めて綴った有益な一冊です。



この記事のライター

DRESS編集長。楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは人間の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。趣味のひとつはプロレス観戦。DRESSプロレス部 部長補佐を務める。著書に『はたらく人の結...

関連する投稿


1日3杯の緑茶で美くびれに!? 和食でアンチエイジングを説いた本【積読を崩す夜 #7】

1日3杯の緑茶で美くびれに!? 和食でアンチエイジングを説いた本【積読を崩す夜 #7】

連載【積読を崩す夜】7回目は、『和食の食べ方を知れば、女性はもっと美しくなる』(著:エリカ・アンギャル)をご紹介します。ミス・ユニバース・ジャパンの栄養コンサルタントとして一躍注目を集めたエリカ・アンギャルの最新刊。日本の和食がテーマとなっています。


神棚の向きや祀り方は? 自宅で神棚を祀る「神様とつながる暮らし方」

神棚の向きや祀り方は? 自宅で神棚を祀る「神様とつながる暮らし方」

神社で御神札をいただいても、神棚に祀っていない、そもそも神棚の祀り方や適切な向きがわからない……なんて方は多いのでは。正しい参拝方法のほか、自宅に神棚を祀る詳しい方法を取り上げた『神様とつながる暮らし方』から、今すぐ実践できる方法を一部ご紹介します。


一流の人は劣等感を認めて、エネルギーに変える - 『劣等感』(関本大介)を読んで

一流の人は劣等感を認めて、エネルギーに変える - 『劣等感』(関本大介)を読んで

関本大介というプロレスラーを初めて生で見たときの衝撃は忘れられない。厚い筋肉で覆われた頑丈な体ですさまじい試合を見せてくれた。そんな関本選手の自伝『劣等感』をご紹介する。


『大人美容 始めること、やめること』に学ぶ大人のきれい習慣【積読を崩す夜#6】

『大人美容 始めること、やめること』に学ぶ大人のきれい習慣【積読を崩す夜#6】

連載【積読を崩す夜】6回目は、『大人美容 始めること、やめること』(著:地曳いく子、山本浩未)をご紹介します。40代から変わる、今の自分に合うきれいとは、一体どういうものなのか。大人のきれいはやったもの勝ち、でも何をどう始めて、何をやめればよいのでしょうか。大人のための美容習慣を学べる一冊です。


ぴよととなつきさんの『#ピヨトト家』が面白かった【おすすめ育児本】

ぴよととなつきさんの『#ピヨトト家』が面白かった【おすすめ育児本】

ぴよととなつきさんといえば、インスタグラムで育児日記をアップしたら、フォロワー10万人と大人気になり、ついに書籍化に至った、あの「なつきママ」。なつきママが子育て絵日記本『#ピヨトト家〜うちのアホかわ男子たち〜』で描く3歳と1歳のふたりの男の子は、アホでかわいくて、子育て中のママ&パパなら、誰もが思わず笑っちゃうはず。


最新の投稿


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。


不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人の特徴は? そう聞かれて思いつくのは、口の堅さではないでしょうか。その人と接していると、安心感と信頼感を感じ取れるはず。今回は信頼される人の共通点であり、条件ともいえる口の堅さをテーマにコラムをお届け。口が堅い人がどうしてそういられるのか、その理由を考えてみましょう。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録され、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は後編をお送りします。