我が道を行く。人の目を気にしなければ、人生は輝き始める。

我が道を行く。人の目を気にしなければ、人生は輝き始める。

我が道を行く性格であれば問題はない。ただ、残念なことだけれど、キラキラ輝く人を見て、嫉妬する人はいる。でも、たった一度しかない人生で、そんなマイナスな声を受け止めて自分の道を行かず、モヤモヤするなんてもったいない。他人の目を気にせず、やりたいことを貫く強さを持ち、我が道を行こう。


我が道を行く性格の人

自分にとって身近な人がキラキラ輝いているって嬉しくないですか?

身近な人ががんばって何かしようとしていたり、注目されたりしたら、「がんばって!」とか「すごいね!」って素直に応援したり、喜んであげられない人がいるのはなんでだろう?

他人を羨む気持ちは誰にでもあると思う。
あの人綺麗だな……
大きいお家に住んでいていいな……
お金持ちでいいな……
優秀なお子さんがいていいな……

と言うような「いいなぁ~」というレベルに羨ましいと思うことは誰だってあると思う。

でも、その羨ましいと思っている人が、何か仕事を始めたり、世間からちょっと注目されだしたりしたら、羨ましさがジェラシーに変わっていき、意地悪をしたくなる人ってときどきいるんですよね。

妬みの気持ち。

特にまだ子どもが小さく、ママ同士のお付き合いが多いアラフォー世代の人たちから相談を受けることもちょくちょくあるけれど、この手の悩み、結構多いんですよね。

■全員に好かれるなんて無理

アラフォーの頃ってまだまだ周りの目が結構気になるとき。
人の意見に左右されたり、なかなか自分というものが確立できなかったり……。

特に何かを始めだし、世間からちょっとばかり注目などされるようになったときなどはいわゆる「出る杭は打たれる」現象で、人間不信になったりする人も多いころ。

でもね。他人のことについて何か言う人は、良いことをしていても必ず何か言ってくる。

賛否両論という言葉があるように、賛成する人もいれば否定する人もいる。

好きと言ってくれる人がいれば嫌いと言う人もいる。
それってあたりまえのこと。
だからみんなに好かれようと思わなくていい。

だからそんな人のことは気にしない。

無視! 無視!

■打ち込むことがあれば、周りの目は気にならなくなる

かくいう私も娘が小学生の低学年の頃、意地悪してくるママたちに遭遇したことも……。

ちょうど会社を立ち上げ2~3年経ったころ。

雑誌にちょこちょこ出させていただいていたこともあった。
子どもが遊ぶときもまだ親がかりで遊ぶ歳だったので、私が誘われないということは、もれなく子どもも誘われないということ。

そのときは、子どもには可哀そうな思いをさせたと思った。ただ幸いにも、私には仕事というやるべきことがあったので、そこにクヨクヨと立ち止まっている時間もなかったし、その人たちと関わることもなく生きていると、時間は自然に過ぎていった。

もちろん、目の当たりにすると気分も悪いし、イラッとすることもあるけれど、忙しいことが私を救ってくれた。

そこで学んだこと……ヒマは諸悪の根源。
これは老若男女、問わず言えることだと思う。

忙しいことはイヤなことも忘れさせてくれるし、立ち止まることもさせてくれない。

だから何かに打ち込むことは大事。

そして、それを貫いていくといつか何も言われなくなる。

これホント!
何かを言われなくする自分の強さも必要なのかも。

■一度きりの人生、他人の目を気にするヒマなんてない

だから、今周りの目が気になってどうしよう? と思われている方は、気にせずに自分の道を進んで!

自分の将来のためには自分ががんばらなきゃ。
自分を信じてがんばってみてください。

みんなに好かれようと思うのがそもそも大間違い。

他人の目を気にせず、やりたいことをやらなきゃ。
だって自分の人生だもの。
人のことを気にして犠牲にする必要はないと思う。

そして、周りの誰かががんばっているときは、心から応援してあげましょうよ。

キラキラしている人は、努力をしてきた人。
みんなが知らない間にがんばってきた人。
何もしていない人はキラキラできないもの。
だから、素直に認めてあげましょう!
キラキラしている人と一緒にいれば、キラキラの波動が伝わって、キラキラのおこぼれがあるかもしれないでしょう(笑)。

毎朝鏡を見てニッコリ笑って、自分を信じて、やりたいことに向かって進んでいきましょう!

他人に構っているヒマなんてないですよ!

この記事のライター

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連するキーワード


嫉妬 貴田加野 生き方

関連する投稿


嫉妬心をなくすには? 「羨ましい」という感情で自分を磨こう

嫉妬心をなくすには? 「羨ましい」という感情で自分を磨こう

誰かを羨ましいと思うのは人として当然の感情のひとつだ。しかし、それが行き過ぎると自分の心に黒い影を落とすようになる。単なる嫉妬心をなくすには、どうすればいいのか。羨ましいという感情で、自分を磨く方法を考えてみた。


「サラダ取り分け系女子はあざとい」は嫉妬に過ぎない~嫉妬心を感じない方法は

「サラダ取り分け系女子はあざとい」は嫉妬に過ぎない~嫉妬心を感じない方法は

「サラダを取り分ける女性はあざとい」という内容がツイッターで話題になったのは先日のこと。さまざまな意見が飛び交っているけれど、私は思う。「あざとい」と思うのは女子力の高い女子への嫉妬なのではと。


ヨガ八支則を応用して、幸せな人生を手に入れる【長谷川朋美 連載 #12】

ヨガ八支則を応用して、幸せな人生を手に入れる【長谷川朋美 連載 #12】

ヨガの八支則から学ぶ、真の豊かさと幸せを手に入れるための方法を長谷川朋美さんが紹介します。


ラッキーな人になるためにすべきこと【カツセマサヒコ 連載 #4】

ラッキーな人になるためにすべきこと【カツセマサヒコ 連載 #4】

ラッキーな人を見ると法則があるような気がする。たとえば、やりたいことに素直で、アンラッキーなときのやり過ごし方を心得ていて、とびきりポジティブシンキング。ラッキーな人は大抵そうだ。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第4回。


疲れた、何もしたくない。がんばりすぎた日は「自分をやさしく許す」こと

疲れた、何もしたくない。がんばりすぎた日は「自分をやさしく許す」こと

疲れた、何もしたくない――どうしても元気が出ない日がある。仕事に、家事に、恋愛に……わたしたちの毎日は忙しい。どれも大切にしたいから、いつだって全力投球。だからこそ、たまには力を抜いてみることで、疲れた何もしたくない状態から抜け出そう。がんばりすぎたあなたへ届けたいショートストーリーです。


最新の投稿


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!


ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

暖かくなってきて、ますますビールが美味しくなる季節ですね。今回は、ビールがより美味しくなるおすすめのおつまみレシピを3品ご紹介します。おうちでのひとり晩酌はもちろん、家族や友人との団欒のひとときに作りたいレシピです。