我が道を行く。人の目を気にしなければ、人生は輝き始める。

我が道を行く。人の目を気にしなければ、人生は輝き始める。

我が道を行く性格であれば問題はない。ただ、残念なことだけれど、キラキラ輝く人を見て、嫉妬する人はいる。でも、たった一度しかない人生で、そんなマイナスな声を受け止めて自分の道を行かず、モヤモヤするなんてもったいない。他人の目を気にせず、やりたいことを貫く強さを持ち、我が道を行こう。


我が道を行く性格の人

自分にとって身近な人がキラキラ輝いているって嬉しくないですか?

身近な人ががんばって何かしようとしていたり、注目されたりしたら、「がんばって!」とか「すごいね!」って素直に応援したり、喜んであげられない人がいるのはなんでだろう?

他人を羨む気持ちは誰にでもあると思う。
あの人綺麗だな……
大きいお家に住んでいていいな……
お金持ちでいいな……
優秀なお子さんがいていいな……

と言うような「いいなぁ~」というレベルに羨ましいと思うことは誰だってあると思う。

でも、その羨ましいと思っている人が、何か仕事を始めたり、世間からちょっと注目されだしたりしたら、羨ましさがジェラシーに変わっていき、意地悪をしたくなる人ってときどきいるんですよね。

妬みの気持ち。

特にまだ子どもが小さく、ママ同士のお付き合いが多いアラフォー世代の人たちから相談を受けることもちょくちょくあるけれど、この手の悩み、結構多いんですよね。

■全員に好かれるなんて無理

アラフォーの頃ってまだまだ周りの目が結構気になるとき。
人の意見に左右されたり、なかなか自分というものが確立できなかったり……。

特に何かを始めだし、世間からちょっとばかり注目などされるようになったときなどはいわゆる「出る杭は打たれる」現象で、人間不信になったりする人も多いころ。

でもね。他人のことについて何か言う人は、良いことをしていても必ず何か言ってくる。

賛否両論という言葉があるように、賛成する人もいれば否定する人もいる。

好きと言ってくれる人がいれば嫌いと言う人もいる。
それってあたりまえのこと。
だからみんなに好かれようと思わなくていい。

だからそんな人のことは気にしない。

無視! 無視!

■打ち込むことがあれば、周りの目は気にならなくなる

かくいう私も娘が小学生の低学年の頃、意地悪してくるママたちに遭遇したことも……。

ちょうど会社を立ち上げ2~3年経ったころ。

雑誌にちょこちょこ出させていただいていたこともあった。
子どもが遊ぶときもまだ親がかりで遊ぶ歳だったので、私が誘われないということは、もれなく子どもも誘われないということ。

そのときは、子どもには可哀そうな思いをさせたと思った。ただ幸いにも、私には仕事というやるべきことがあったので、そこにクヨクヨと立ち止まっている時間もなかったし、その人たちと関わることもなく生きていると、時間は自然に過ぎていった。

もちろん、目の当たりにすると気分も悪いし、イラッとすることもあるけれど、忙しいことが私を救ってくれた。

そこで学んだこと……ヒマは諸悪の根源。
これは老若男女、問わず言えることだと思う。

忙しいことはイヤなことも忘れさせてくれるし、立ち止まることもさせてくれない。

だから何かに打ち込むことは大事。

そして、それを貫いていくといつか何も言われなくなる。

これホント!
何かを言われなくする自分の強さも必要なのかも。

■一度きりの人生、他人の目を気にするヒマなんてない

だから、今周りの目が気になってどうしよう? と思われている方は、気にせずに自分の道を進んで!

自分の将来のためには自分ががんばらなきゃ。
自分を信じてがんばってみてください。

みんなに好かれようと思うのがそもそも大間違い。

他人の目を気にせず、やりたいことをやらなきゃ。
だって自分の人生だもの。
人のことを気にして犠牲にする必要はないと思う。

そして、周りの誰かががんばっているときは、心から応援してあげましょうよ。

キラキラしている人は、努力をしてきた人。
みんなが知らない間にがんばってきた人。
何もしていない人はキラキラできないもの。
だから、素直に認めてあげましょう!
キラキラしている人と一緒にいれば、キラキラの波動が伝わって、キラキラのおこぼれがあるかもしれないでしょう(笑)。

毎朝鏡を見てニッコリ笑って、自分を信じて、やりたいことに向かって進んでいきましょう!

他人に構っているヒマなんてないですよ!

この記事のライター

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連するキーワード


貴田加野

関連する投稿


「笑顔美人」は人生を好転させる

「笑顔美人」は人生を好転させる

笑顔をつくるのが苦手……そんな人もいるけれど、第一印象で損をしているかもしれません。練習すれば誰でも、魅力的な笑顔はつくれるようになります。毎日鏡の前でニコッと笑う習慣を身につけて!


ほどよい距離感が心地よい女友達とは長続きする

ほどよい距離感が心地よい女友達とは長続きする

無理に作る必要も、嫌な人と付き合う必要もない。それが友達。皆さんにとって「女友達」とはどんな存在ですか? ほどよい距離感のを保てる女友達とは、関係が長続きします。


美しく歳を重ねる女性は、迷いなく“引き算”できる

美しく歳を重ねる女性は、迷いなく“引き算”できる

美しく歳を重ねている人は、がんばって生きてきた人生経験が、佇まいににじみ出ている。とはいえ、もちろん外見も大事だ。貴田加野さんが考える、アラフォー以降の女性が意識したい上品さと清潔感、こなれ感を演出する方法は?


働く母は「子どもに寂しい思いをさせている」固定概念を捨ててしまおう

働く母は「子どもに寂しい思いをさせている」固定概念を捨ててしまおう

自分が働いているから子どもと過ごす時間が少なく、「寂しい思いをさせているかもしれない」と思い悩む母は少なくないはず。でも、一緒にいる時間の長さと愛情の量は無関係。短時間でも全力で子どもと向き合えばいい。がんばる母の背中を子どもはしっかり見ていて、愛情を感じているはずだから。


綺麗になる力の素晴らしさ

綺麗になる力の素晴らしさ

いくつになってもオシャレを楽しんで綺麗でいる人は、自分も幸せだし周囲にも幸福感をもたらしている。「素敵になりたい」気持ちを忘れずに生きよう。


最新の投稿


“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

美髪になりたい方へ。まずはシャンプーの方法を見直してみませんか。美しく健康的な髪を作るには、髪の毛のみならず、地肌からのケアが欠かせません。むしろ地肌のケアこそ、とても大事です。美髪へ近づく第一歩として、シャンプーの正しいやり方をお伝えします。


映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『人生はビギナーズ』で世界中から大絶賛を浴びたマイク・ミルズ監督の最新作『20センチュリー・ウーマン』が6月3日より公開中です! サンタバーバラを舞台に3人の女性とのさまざまな経験を経て大人へと成長していく少年のひと夏を描いた物語。今回は映画の魅力と感想を、アートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい、と感じる方は多いのでは。実際、女性の半数以上が脚のむくみを感じているとするデータもあります。むくみは美脚の天敵でもあり、巡りが悪い状態は健康にもよくありません。脚がむくみやすい人の5つの傾向と、むくみを取り除く対策を具体的にお伝えします。


運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人には共通点があります。そのひとつは、いつも「感謝をしている」こと。それも、驚くほどに細かく、たくさんのことに対して心からの感謝をしています。今日は運がいい人になる、一番の近道となる「感謝」について考えてみましょう。


断捨離の後、お部屋をきれいに保つために必要な3つのこと

断捨離の後、お部屋をきれいに保つために必要な3つのこと

片付けが苦手な人でもできる「断捨離」の方法を3回に分けてご紹介しました。無事「断捨離」が終わった方、その後きれいなお部屋を保てていますか? もしかしたら、また少しずつ散らかってきている方もいるはず。今回は、せっかく片付けたお部屋をきれいに保つために必要なコツを、3つのポイントに分けて解説していきます。


DRESS部活