「仕事と家庭の両立」15年間走ってきた私が見つけたコツ

「仕事と家庭の両立」15年間走ってきた私が見つけたコツ

仕事と家庭の両立なんて無理だ。そう思う女性の方もいるかもしれない。仕事・家事・子育ての3つを完璧にやり遂げよう、なんて思わなくていい。そんなの無理。だから、手抜きしてもいい家事では、適度に力を抜く。まぁ、いっか。そう開き直るゆるやかさも大事だと、貴田加野さんは語ります。


■仕事と家庭の両立は可能か

働く妻に対して、本当の意味で協力してくれている男性って、どれくらいの割合なんだろう? よくそう考える。

私の場合、夫と知り合ったときにはバリバリ働いていたし、結婚してからも子どもが生まれるまではずっと働いていたので、今の仕事を立ち上げるときも、夫は「働く妻」に対して反対はしなかった。

なので、この人はきっと色々と協力してくる人なんだ!と勝手に思い込んでいたけど、反対しないこと=協力的というわけじゃなかったんですよね。

ゴミ出しさえもしない人だったので、子育てをしながら働くのは結構大変だった。夫に数時間子どもの世話をお願いしたら、帰ってきたときには「見ててくれてありがとう」と言う私。

「私一人の子どもじゃないんですけど……」といつも心の中には「???」が浮かんでいた(笑)。

なので、子どもを夫だけに託すこともできず、実家の母に来てもらうこともしばしば。
子どもって、不思議なことに「ここ、絶対にはずせない!」というときに限って熱を出したりするでしょう。

「もう、勘弁して〜!」という感じ(笑)。

■女の人ってホントにすごい

出張の度に、男の人って身軽でいいなぁと何度思ったことだろうか。
仕事の準備や留守中の業務のことだけでも手一杯なのに、家の中のことでもすべきことはもりだくさん。

留守中の食事として温めたらいいだけの食事を作り、子どもの登下校の時間やお稽古のスケジュールを調整し、はたまたゴミ出しの準備まで……。

家を出るまではめちゃくちゃ大変だけど、出てしまえばホッとする。
あとはなんとかしてもらいましょう、と。
ホント、女の人は偉い〜って思うのです。

仕事を立ち上げたとき、子どもはまだ幼稚園。
仕事はしたいけど、子どもとの時間も大切にしたい。というワガママな願いを形にするためにお勤めという選択肢はなかった私。

子どもが小さいときは、仕事はどうしても子ども中心のペースになる。
晩ごはんの時間に合わせて帰ったり、出張もなるべく日帰りにしたり。
その反面、自分がやらなきゃ始まらないことだらけで、思うように時間が作れないことにイライラしたときも。

■家事は手抜きしたって問題ない

子どもがいながら働く女性は、仕事・家事・子育ての3つを回す必要がある。
これを全部完璧にしようなんて思ったら本当に大変。
仕事は手を抜くわけにはいかない。
子どもにはもちろん全力で向き合わないといけない。

となると、唯一手抜きできるのが家事。
少しくらいホコリがあっても死なない! 死なない(笑)!
そう開き直ることも両立するためのテクニックの1つなのかも。
開き直ると結構気持ちが楽になれるものですよ。

起業すること、イコール良いことも悪いことも全部自分にかかってくるということ。
どれくらいのスピードで事業を大きくしていくのかにもよるけれど、常に自分自身で優先順位をつけながらやっていくと無理なくできるような気がする。

■子どもはがんばる母の背中を見て、わかってる

仕事をしていると、子どもに寂しい思いをさせているのではない?と、他人から言われたり、自分自身で感じたりするときもあるけれど、子どもはわかってくれている。

娘は面と向かっては言ってくれないけれど、一生懸命生きている母の背中をしっかり見てくれている。

それが何よりも励みになる。

子育てしながら働くのは大変だけど、なんとかなるものです。
何もできなかった夫も今では、掃除に洗濯、簡単な料理、そしてゴミ出しもするようになり、娘も働く母を応援してくれている。

仕事と家庭の両立は大変なことだけど、たくさんの人がやっていることでもある。
自分だけが大変なのではなく、もっと融通のきかない仕事をしながら、両立させている人もいっぱいいるはず。そんなことを考え、自分自身を励ましながら、なんとか15年間やってこられました。だから、絶対!なんとかできるものなんですよ。

この記事のライター

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連する投稿


収入アップを実現する3つの方法。コツは「いくらほしいか」具体化すること

収入アップを実現する3つの方法。コツは「いくらほしいか」具体化すること

収入アップしたい……そう思う人のほうが多いのではないでしょうか。毎年4月に定期昇給のある会社は多いですが、今年の昇給はいかがでしたか? 「もっと昇給するはずだったのに……」とがっかりした人は、具体的に「どれくらいアップすれば満足なのか?」から考えてみましょう。


メイドに家事を頼むメリットはたくさん。海外で働く妻の「家事問題」を考える

メイドに家事を頼むメリットはたくさん。海外で働く妻の「家事問題」を考える

メイドを雇って家事をお願いしてきた私(独身時代から)。フィリピンでは日本円で1日あたり1200円〜と、リーズナブルな金額でメイドを雇うことができます。夫婦共働きの現在もメイドに家事を担ってもらい、その分生まれた時間を夫婦のコミュニケーションに充てることができ、良好な夫婦関係を保てていると感じています。


「女性」を言い訳にしない。性別を超えて活躍できる時代だから大切にしたいこと

「女性」を言い訳にしない。性別を超えて活躍できる時代だから大切にしたいこと

29歳という若さでジョン・デュワーズ&サンズのグローバルモルトアンバサダーを務めるジョージィ・ベルさん。今回DRESSでは、ウイスキー業界で輝かしいキャリアを歩む彼女に今の時代を生き抜くための秘訣を伺った。性別を超えて活躍できるチャンスがあるからこそ、大切にしたいこととは――。


結婚生活は「長い会話」だからこそ【成功する結婚#2】

結婚生活は「長い会話」だからこそ【成功する結婚#2】

人間関係をうまくやっていたくために必要なコミュニケーション能力。結婚前のカップルが受けるプレマリッジ・セミナーでも、非常に重要なトピックです。コミュニケーションの重要性をパートナーと共有し、トラブルになりやすい「火種」をあらかじめ知っておくことで、新婚カップルにありがちな口論を避けることができます。


フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<出産編>

フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<出産編>

フリーランスという自由な働き方が気になる方もいるのでは? そんな方に知ってほしい「お金の話」シリーズ。フリーランス歴13年目で、ファイナンシャルプランナーである筆者が、フリーランスの収入に続き、「フリーランスの出産まわりの費用」について解説します。


最新の投稿


“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

美髪になりたい方へ。まずはシャンプーの方法を見直してみませんか。美しく健康的な髪を作るには、髪の毛のみならず、地肌からのケアが欠かせません。むしろ地肌のケアこそ、とても大事です。美髪へ近づく第一歩として、シャンプーの正しいやり方をお伝えします。


映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『人生はビギナーズ』で世界中から大絶賛を浴びたマイク・ミルズ監督の最新作『20センチュリー・ウーマン』が6月3日より公開中です! サンタバーバラを舞台に3人の女性とのさまざまな経験を経て大人へと成長していく少年のひと夏を描いた物語。今回は映画の魅力と感想を、アートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい、と感じる方は多いのでは。実際、女性の半数以上が脚のむくみを感じているとするデータもあります。むくみは美脚の天敵でもあり、巡りが悪い状態は健康にもよくありません。脚がむくみやすい人の5つの傾向と、むくみを取り除く対策を具体的にお伝えします。


運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人には共通点があります。そのひとつは、いつも「感謝をしている」こと。それも、驚くほどに細かく、たくさんのことに対して心からの感謝をしています。今日は運がいい人になる、一番の近道となる「感謝」について考えてみましょう。


断捨離の後、お部屋をきれいに保つために必要な3つのこと

断捨離の後、お部屋をきれいに保つために必要な3つのこと

片付けが苦手な人でもできる「断捨離」の方法を3回に分けてご紹介しました。無事「断捨離」が終わった方、その後きれいなお部屋を保てていますか? もしかしたら、また少しずつ散らかってきている方もいるはず。今回は、せっかく片付けたお部屋をきれいに保つために必要なコツを、3つのポイントに分けて解説していきます。


DRESS部活