「仕事と家庭の両立」15年間走ってきた私が見つけたコツ

「仕事と家庭の両立」15年間走ってきた私が見つけたコツ

仕事と家庭の両立なんて無理だ。そう思う女性の方もいるかもしれない。仕事・家事・子育ての3つを完璧にやり遂げよう、なんて思わなくていい。そんなの無理。だから、手抜きしてもいい家事では、適度に力を抜く。まぁ、いっか。そう開き直るゆるやかさも大事だと、貴田加野さんは語ります。


■仕事と家庭の両立は可能か

働く妻に対して、本当の意味で協力してくれている男性って、どれくらいの割合なんだろう? よくそう考える。

私の場合、夫と知り合ったときにはバリバリ働いていたし、結婚してからも子どもが生まれるまではずっと働いていたので、今の仕事を立ち上げるときも、夫は「働く妻」に対して反対はしなかった。

なので、この人はきっと色々と協力してくる人なんだ!と勝手に思い込んでいたけど、反対しないこと=協力的というわけじゃなかったんですよね。

ゴミ出しさえもしない人だったので、子育てをしながら働くのは結構大変だった。夫に数時間子どもの世話をお願いしたら、帰ってきたときには「見ててくれてありがとう」と言う私。

「私一人の子どもじゃないんですけど……」といつも心の中には「???」が浮かんでいた(笑)。

なので、子どもを夫だけに託すこともできず、実家の母に来てもらうこともしばしば。
子どもって、不思議なことに「ここ、絶対にはずせない!」というときに限って熱を出したりするでしょう。

「もう、勘弁して〜!」という感じ(笑)。

■女の人ってホントにすごい

出張の度に、男の人って身軽でいいなぁと何度思ったことだろうか。
仕事の準備や留守中の業務のことだけでも手一杯なのに、家の中のことでもすべきことはもりだくさん。

留守中の食事として温めたらいいだけの食事を作り、子どもの登下校の時間やお稽古のスケジュールを調整し、はたまたゴミ出しの準備まで……。

家を出るまではめちゃくちゃ大変だけど、出てしまえばホッとする。
あとはなんとかしてもらいましょう、と。
ホント、女の人は偉い〜って思うのです。

仕事を立ち上げたとき、子どもはまだ幼稚園。
仕事はしたいけど、子どもとの時間も大切にしたい。というワガママな願いを形にするためにお勤めという選択肢はなかった私。

子どもが小さいときは、仕事はどうしても子ども中心のペースになる。
晩ごはんの時間に合わせて帰ったり、出張もなるべく日帰りにしたり。
その反面、自分がやらなきゃ始まらないことだらけで、思うように時間が作れないことにイライラしたときも。

■家事は手抜きしたって問題ない

子どもがいながら働く女性は、仕事・家事・子育ての3つを回す必要がある。
これを全部完璧にしようなんて思ったら本当に大変。
仕事は手を抜くわけにはいかない。
子どもにはもちろん全力で向き合わないといけない。

となると、唯一手抜きできるのが家事。
少しくらいホコリがあっても死なない! 死なない(笑)!
そう開き直ることも両立するためのテクニックの1つなのかも。
開き直ると結構気持ちが楽になれるものですよ。

起業すること、イコール良いことも悪いことも全部自分にかかってくるということ。
どれくらいのスピードで事業を大きくしていくのかにもよるけれど、常に自分自身で優先順位をつけながらやっていくと無理なくできるような気がする。

■子どもはがんばる母の背中を見て、わかってる

仕事をしていると、子どもに寂しい思いをさせているのではない?と、他人から言われたり、自分自身で感じたりするときもあるけれど、子どもはわかってくれている。

娘は面と向かっては言ってくれないけれど、一生懸命生きている母の背中をしっかり見てくれている。

それが何よりも励みになる。

子育てしながら働くのは大変だけど、なんとかなるものです。
何もできなかった夫も今では、掃除に洗濯、簡単な料理、そしてゴミ出しもするようになり、娘も働く母を応援してくれている。

仕事と家庭の両立は大変なことだけど、たくさんの人がやっていることでもある。
自分だけが大変なのではなく、もっと融通のきかない仕事をしながら、両立させている人もいっぱいいるはず。そんなことを考え、自分自身を励ましながら、なんとか15年間やってこられました。だから、絶対!なんとかできるものなんですよ。

貴田 加野さんの記事一覧

この記事のライター

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連するキーワード


貴田加野

関連する投稿


「笑顔美人」は人生を好転させる

「笑顔美人」は人生を好転させる

笑顔をつくるのが苦手……そんな人もいるけれど、第一印象で損をしているかもしれません。練習すれば誰でも、魅力的な笑顔はつくれるようになります。毎日鏡の前でニコッと笑う習慣を身につけて!


ほどよい距離感が心地よい女友達とは長続きする

ほどよい距離感が心地よい女友達とは長続きする

無理に作る必要も、嫌な人と付き合う必要もない。それが友達。皆さんにとって「女友達」とはどんな存在ですか? ほどよい距離感のを保てる女友達とは、関係が長続きします。


美しく歳を重ねる女性は、迷いなく“引き算”できる

美しく歳を重ねる女性は、迷いなく“引き算”できる

美しく歳を重ねている人は、がんばって生きてきた人生経験が、佇まいににじみ出ている。とはいえ、もちろん外見も大事だ。貴田加野さんが考える、アラフォー以降の女性が意識したい上品さと清潔感、こなれ感を演出する方法は?


働く母は「子どもに寂しい思いをさせている」固定概念を捨ててしまおう

働く母は「子どもに寂しい思いをさせている」固定概念を捨ててしまおう

自分が働いているから子どもと過ごす時間が少なく、「寂しい思いをさせているかもしれない」と思い悩む母は少なくないはず。でも、一緒にいる時間の長さと愛情の量は無関係。短時間でも全力で子どもと向き合えばいい。がんばる母の背中を子どもはしっかり見ていて、愛情を感じているはずだから。


綺麗になる力の素晴らしさ

綺麗になる力の素晴らしさ

いくつになってもオシャレを楽しんで綺麗でいる人は、自分も幸せだし周囲にも幸福感をもたらしている。「素敵になりたい」気持ちを忘れずに生きよう。


最新の投稿


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。


不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人の特徴は? そう聞かれて思いつくのは、口の堅さではないでしょうか。その人と接していると、安心感と信頼感を感じ取れるはず。今回は信頼される人の共通点であり、条件ともいえる口の堅さをテーマにコラムをお届け。口が堅い人がどうしてそういられるのか、その理由を考えてみましょう。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録され、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は後編をお送りします。


DRESS部活