「仕事と家庭の両立」15年間走ってきた私が見つけたコツ

「仕事と家庭の両立」15年間走ってきた私が見つけたコツ

仕事と家庭の両立なんて無理だ。そう思う女性の方もいるかもしれない。仕事・家事・子育ての3つを完璧にやり遂げよう、なんて思わなくていい。そんなの無理。だから、手抜きしてもいい家事では、適度に力を抜く。まぁ、いっか。そう開き直るゆるやかさも大事だと、貴田加野さんは語ります。


■仕事と家庭の両立は可能か

働く妻に対して、本当の意味で協力してくれている男性って、どれくらいの割合なんだろう? よくそう考える。

私の場合、夫と知り合ったときにはバリバリ働いていたし、結婚してからも子どもが生まれるまではずっと働いていたので、今の仕事を立ち上げるときも、夫は「働く妻」に対して反対はしなかった。

なので、この人はきっと色々と協力してくる人なんだ!と勝手に思い込んでいたけど、反対しないこと=協力的というわけじゃなかったんですよね。

ゴミ出しさえもしない人だったので、子育てをしながら働くのは結構大変だった。夫に数時間子どもの世話をお願いしたら、帰ってきたときには「見ててくれてありがとう」と言う私。

「私一人の子どもじゃないんですけど……」といつも心の中には「???」が浮かんでいた(笑)。

なので、子どもを夫だけに託すこともできず、実家の母に来てもらうこともしばしば。
子どもって、不思議なことに「ここ、絶対にはずせない!」というときに限って熱を出したりするでしょう。

「もう、勘弁して〜!」という感じ(笑)。

■女の人ってホントにすごい

出張の度に、男の人って身軽でいいなぁと何度思ったことだろうか。
仕事の準備や留守中の業務のことだけでも手一杯なのに、家の中のことでもすべきことはもりだくさん。

留守中の食事として温めたらいいだけの食事を作り、子どもの登下校の時間やお稽古のスケジュールを調整し、はたまたゴミ出しの準備まで……。

家を出るまではめちゃくちゃ大変だけど、出てしまえばホッとする。
あとはなんとかしてもらいましょう、と。
ホント、女の人は偉い〜って思うのです。

仕事を立ち上げたとき、子どもはまだ幼稚園。
仕事はしたいけど、子どもとの時間も大切にしたい。というワガママな願いを形にするためにお勤めという選択肢はなかった私。

子どもが小さいときは、仕事はどうしても子ども中心のペースになる。
晩ごはんの時間に合わせて帰ったり、出張もなるべく日帰りにしたり。
その反面、自分がやらなきゃ始まらないことだらけで、思うように時間が作れないことにイライラしたときも。

■家事は手抜きしたって問題ない

子どもがいながら働く女性は、仕事・家事・子育ての3つを回す必要がある。
これを全部完璧にしようなんて思ったら本当に大変。
仕事は手を抜くわけにはいかない。
子どもにはもちろん全力で向き合わないといけない。

となると、唯一手抜きできるのが家事。
少しくらいホコリがあっても死なない! 死なない(笑)!
そう開き直ることも両立するためのテクニックの1つなのかも。
開き直ると結構気持ちが楽になれるものですよ。

起業すること、イコール良いことも悪いことも全部自分にかかってくるということ。
どれくらいのスピードで事業を大きくしていくのかにもよるけれど、常に自分自身で優先順位をつけながらやっていくと無理なくできるような気がする。

■子どもはがんばる母の背中を見て、わかってる

仕事をしていると、子どもに寂しい思いをさせているのではない?と、他人から言われたり、自分自身で感じたりするときもあるけれど、子どもはわかってくれている。

娘は面と向かっては言ってくれないけれど、一生懸命生きている母の背中をしっかり見てくれている。

それが何よりも励みになる。

子育てしながら働くのは大変だけど、なんとかなるものです。
何もできなかった夫も今では、掃除に洗濯、簡単な料理、そしてゴミ出しもするようになり、娘も働く母を応援してくれている。

仕事と家庭の両立は大変なことだけど、たくさんの人がやっていることでもある。
自分だけが大変なのではなく、もっと融通のきかない仕事をしながら、両立させている人もいっぱいいるはず。そんなことを考え、自分自身を励ましながら、なんとか15年間やってこられました。だから、絶対!なんとかできるものなんですよ。

この記事のライター

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連する投稿


女性の政治家を増やしたい、という思いが一番にある【佐藤あつこ 連載 #1】

女性の政治家を増やしたい、という思いが一番にある【佐藤あつこ 連載 #1】

女性政治家の佐藤あつこさんの連載がスタート。民間企業での勤務を経て専業主婦となり、政治家へと転身した佐藤さん。働く女性、母親、妻と、いくつもの顔を持つ佐藤さんならではの視点で、政治・社会問題について、わかりやすく綴っていただきます。


育児中にかかせない便利グッズ「キッチンバサミ」でラク!を手に入れよう

育児中にかかせない便利グッズ「キッチンバサミ」でラク!を手に入れよう

育児中、小さい子どもと食事をするときに「ママ、小さく切って!」と言われることがあるかと思います。自分の食事が中断され「正直、少し面倒だな……」と思ってしまったことはありませんか? 今回は、そういうときに使える便利グッズ「キッチンバサミ」をご紹介します。


無職の私が「フィリピン就職」を選んだ理由

無職の私が「フィリピン就職」を選んだ理由

フィリピンで就職しようと決めた、当時33歳・無職の私。将来を悲観して落ち込みもしましたが、「人生の夏休み」とばかりに自分の時間を謳歌した結果、選んだ道は「フィリピンで働く」でした。


心が折れそうになった時期も……ワーママ管理職のリアル

心が折れそうになった時期も……ワーママ管理職のリアル

約半年間の産休・育休を経て、保育園が決まらぬまま5カ月で早期復職したショップジャパン広報部の板野可奈子さん。管理職として、新米母として、時間に追いつくのに必死で目まぐるしい、リアルなワーママの姿を不定期連載で綴っていただきます。


セックスレスの相談を受けるたびに思うこと【カツセマサヒコ 連載 #5】

セックスレスの相談を受けるたびに思うこと【カツセマサヒコ 連載 #5】

セックスレスに関する相談を男女双方から受ける。その度に「まずは相手を休ませてあげて」と思うのには理由がある。セックスレスに到る根本の原因は「疲れ」ではないか。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第5回。


最新の投稿


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!


ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

暖かくなってきて、ますますビールが美味しくなる季節ですね。今回は、ビールがより美味しくなるおすすめのおつまみレシピを3品ご紹介します。おうちでのひとり晩酌はもちろん、家族や友人との団欒のひとときに作りたいレシピです。