家系図をつくり、自分のルーツを調べてみる

家系図をつくり、自分のルーツを調べてみる

先祖一人ひとりがしてきた、一つひとつの選択。それによっていまの自分がある。過去から現在までの数えきれないほどの選択とドラマを想像できたら、未来の子孫のためにどんなときでも前を向いて選択し続け、生きていこうと思えるはず。家系図をつくって、自分のルーツを調べてみよう。


■家系図を調べてみた

 ひょんなことから「家系図」を調べて作成してみました。

以前から自分のルーツである先祖について知りたいと興味を持っていたものの、まだその思いは漠然としたものでした。現存する家系図を探してみるとか、作成方法について調べてみるとか、こうした具体的な行動にはいたらなかったのです。

 そんなある日、親しい友人が作成を始めたと聞いて、俄然やる気になりました。家によっては家系図を残しているところもあるでしょうが、一般的なのは戸籍謄本を取り寄せて先祖を辿っていくやり方です。ただし、個人的にやるのは手間も時間もかかるので、その友人から紹介された家系図専門の司法書士に委託することにしました。作成には1ヶ月半〜2ヶ月かかり、相場はまちまちです。

 お盆にはお墓まいりをしてご先祖様に手をあわせる習慣のある日本人であっても、実際にどんな先祖がいたのかを知る人は少ないかもしれません。せいぜい生きているうちに会ったことがあるのは曽祖父、曽祖母まででしょうし、それ以前の先祖については、名前すら知らないというケースが多いでしょう。私自身も、ボルネオ島で暮らしていた母方の曽祖父くらいまでは話だけで聞いたことがありますが、それ以前の先祖についてはほとんど知りません。どんな暮らしをしていたのか、どんな人柄だったのか、そこまでは分からなくとも、せめて名前だけでも知りたい。家系図を申し込んでからというもの、そんな思いが日に日に強くなっていきました。

■自分のルーツ

その後、家系図が無事に完成しました。

現存する戸籍をたどっていくと、父方の祖父と祖母、母方の祖父と祖母の4家系をだいたい170年ほど遡ることができました。天保の時代です。

家系図を眺めているうちに、先祖たちが生きた時代のにおいや手触りがおぼろげに伝わってくるようでした。男子に恵まれずに養子をとった夫婦、戦争で配偶者を失くして再婚した夫、生後数ヶ月で亡くなった子どもたち、男女合わせて12人の子宝に恵まれた夫婦、祖父の名前を継いだ長男など、そこには確かに彼らが生きた証があったのです。

■価値のない人間などいない

どんな人にも価値がある。

短命であっても、無名であっても、特別な功績を残していなくても、どんな時代においても生き抜いた個人の人生はとても尊いものです。一人ひとりの戸籍を取り寄せて次第に完成していく家系図を見ながら実感するのは、この中の誰かひとりでも欠けていたら、いまの私は存在しなかったという事実。もし、ひとりでも戦や病気で欠けてしまったら。もし、ひとりでも伴侶と結婚するのをやめていたら。もし、ひとりでも生きるのを途中で諦めてしまったら。いまの私が存在することはありませんでした。

 思えば、人生というのは、一つひとつの選択の連続です。今日、あの場所に出かけるかどうか。今日、あの人と会うかどうか。今日、結婚することにイエスというかどうか。今日、病を治すために新しい治療を受けるかどうか。そんな一つひとつの選択が奇跡のように積み重なって、いま、私はここに生きている。そんな過去から現在までの幾多もの選択とドラマが想像できたとき、私もまた、未来の子孫のためにしっかりと前を向いて選択し続け、人生を生きていこうと思えたのでした。

 家系図を作成することから、本当に多くのことを学ぶことができます。戸籍謄本を取り寄せながら自分で作成するのもまた素晴らしい経験になると思います。

この記事のライター

フリーランサー、コラムニスト。1980年生まれ、東京育ち。(株)集英社で広告と書籍の宣伝業務を経て独立。組織に属さないフリーランスとして、ソーシャルメディアでの発信を駆使した肩書や専門領域にとらわ れない独自のワーク&ライフ...

関連するキーワード


安藤美冬

関連する投稿


「習慣を自分のものにできる人」が人生を好転させる

「習慣を自分のものにできる人」が人生を好転させる

人生をより良く変える力を持つのは「行動」。ただし、続けなくては意味がありません。新たに始めた行動を「習慣」として、自分のものにできる人を目指しましょう。


クローゼットの見直しは、セルフイメージ向上の第一歩。

クローゼットの見直しは、セルフイメージ向上の第一歩。

たとえ失敗が起きても、ポジティブにとらえるか、ネガティブにとらえるか。これにはセルフイメージが関わっています。高いほどプラスの効果が生まれる、とご存知ですか? セルフイメージを映し出す“洋服”の点検・整理から始めてみましょう。


これからの働き方は、例えるならば山登りではなく山歩き  〜キャリア・スライディングのすすめ〜

これからの働き方は、例えるならば山登りではなく山歩き  〜キャリア・スライディングのすすめ〜

一つの仕事にしがみつかず、一つのスキルに頼りすぎない。複数の仕事を同時並行的にやってみる。別のスキルを磨いてみる……時代の変化にしなやかに対応するために、「キャリア・スライディング」という働き方を考えてみませんか。


理想の人生から必要年収を把握しよう!

理想の人生から必要年収を把握しよう!

昨年開催されたDRESSの「自立塾」(塾長 安藤美冬さん)が、「会社を辞めても辞めなくてもどこでも稼げる仕事術」という本になりました! 興味はあるけど、時間やコストなどの問題で参加できなかった人には、嬉しいお知らせ。


ピースボートの上から

ピースボートの上から

私はいま、海の上にいます。カタールの首都ドーハから世界一周船「ピースボート」に乗船したのが一週間前。これからスエズ運河を抜けて、次の寄港地であるギリシャのサントリーニ島に到着するまで、アラビア海を10日間以上航海していきます。「ピースボート」から依頼を受けて乗船するのは、これで2回目。


最新の投稿


あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

不倫にハマる女性にはどんなイメージがありますか? 仕事もプライベートも充実しているアラサー女子は、不倫なんかせずまっとうに結婚相手を探していそうだと思われるかもしれません。しかし、実はアラサー女子の中にはあえて不倫関係を選んでしまう人も少なからずいます。今回は、そんな不倫にハマる女性の特徴をお話します。


ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナー、身についていますか? おしゃれなレストランやフォーマルな場へ行くと「これで合っているのかな」と悩むこともあるマナー。ワインを飲むことは日本ではまだまだ新しい文化の1つだと思います。難しいことはほとんどありません。ワインのマナーを少しずつ覚えて、自信を持って楽しみましょう。


タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

人気の旅行先、タイ。気軽に行きやすいけれど、気をつけるべき病気についてご存じですか? 4月は人気のお祭り「ソンクラーン」(水かけ祭り)が開催され。日本から行きやすいこともあって、お祭りに参加される方も年々増えているそう。出かける前に、タイ旅行中に警戒したい病気のこと、少し知識をつけておきませんか?


タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

一見複雑そうなタイダイネイルですが、マニキュアでもできます! それに実は失敗知らずの簡単ネイルアート。マニキュアを使ったタイダイネイルの簡単なやり方・コツを豊富な画像&動画で説明します。


「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

一人ひとりの女性が少しずつ力を蓄えていけたなら、女性はもちろん、誰にとっても生きやすくなる社会に近づけていけるはず。3月8日の「国際女性デー(IWD)」を過ぎた今、そんなふうに思うのです。今回は「女性だからこそ」持っている力に気づくワークをお届けしましょう。