1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 性と愛
  3. 正常位を極めればセックスはさらに気持ちいい! やり方やコツを解説

正常位を極めればセックスはさらに気持ちいい! やり方やコツを解説

セックス体位の中で最もスタンダードともいえる正常位。「相手の顔が見える」「密着度が高くて気持ちいい」といった理由で人気がある一方、「普通すぎて刺激がない」「途中で飽きる」「マンネリになりやすい」という声も。この記事では、正常位をもっと気持ちよく楽しむコツややり方のポイントを紹介します。

正常位を極めればセックスはさらに気持ちいい! やり方やコツを解説

■セックスの定番体位「正常位」とは?

正常位とは、女性が仰向けになり、男性がその上に覆い被さる体位です。

他のセックス体位と比較して難易度が高くないため、挿入しはじめや射精時に選ばれやすいのが正常位。体を密着させて顔を見ながら続けられることも、性別を問わず人気のある理由のひとつです。

正常位が好きな女性からは、こんな意見が寄せられています。

相手が動きやすいからか、ガンガン積極的になってくれるところがいい。そして楽チン。


抱きつけるところが好き。男性が私にしがみついてフィニッシュを迎えるのもいいし、目を見ながらすると愛されている感じがする。


キスしやすいし、胸も触られやすい。私が下から動いたときの反応が見えるのもいい。


相性がいい人ほど正常位は気持ちいい。


誰としてもフィット感があってしっくりくる。


体位によっては痛いことがあるけど、正常位だと痛くなりにくい。


その一方で、「良くも悪くも普通で刺激がない」「途中で飽きる」「正しい動き方ができているのかわからない」と感じている人もいるようです。

この記事では、男女両方に向け、正常位をもっと楽しむコツや動き方のポイントを紹介していきます。

■【男性へ】正常位のやり方3つのポイント

正常位は、男性が主体となって動く体位です。そのため、女性が気持ちよくなれる正常位のやり方を男性が把握していないことが多く、男性が好きなやり方ばかりに偏りがちです。

ひとりよがりになるのを避け、ふたりで一緒に気持ちよくなるためのポイントを紹介します。

1.女性が感じる場所を探す

正常位でふたり一緒に気持ちよくなるためには、女性がどこを刺激されると気持ちよくなるのかを把握することが重要です。

個人差はありますが、女性が感じやすいポイントは、腟の奥ではなく浅い部分のお腹側に集中しています。それを意識して、浅い挿入のままピストン運動を開始してみてください。

女性が体を引き寄せるようにして「もっと深く」と誘導してきた場合には少しずつ深く挿入して、その女性の感じやすい場所を探していきましょう。

奥の方に当たるのを好む女性もいます。その場合も、勢いよく奥にぶつけるのではなく、男性器の先端でツンツンとノックするように小刻みなピストン運動を続けてみてください。

2.激しいピストンはNG

正常位に限ったことではないのですが、腰の振り幅が大きく激しいピストン運動はエネルギーの無駄遣い。見た目が派手な割に、あまり気持ちよくないんです。それどころか、激しいピストン運動によって膣内が摩擦で傷ついてしまいます。

女性が気持ちいいと感じやすいのは、意外にも小刻みなピストン運動です。女性が気持ちよさそうにしていたら、速さや刺激している場所を変えずに、一定時間キープすることも大事です。飽きがこないようにとコロコロ動きを変えるのは厳禁。

3.バリエーションを増やす

「正常位」とひとことで言っても、バリエーションはかなり豊富。体の位置を少し変えただけで、動きやすさも感じやすさも激変するのが正常位のいいところです。

覚えておきたい正常位は次の7種類。少し多いですが、これさえ覚えておけば、必ずひとつは好みのものが見つかるはずです。

1.抱きつき正常位
男性が完全に覆い被さり、上半身を密着させる正常位。挿入角度に無理がなく、痛みの起こりにくいやり方です。男性は骨盤だけを動かすので疲れにくいのも良いところ。デメリットは、刺激が強くないので飽きやすいところです。

2.上体起こし正常位
男性が上半身を起こした正常位。男性の亀頭が女性の腟のお腹側に強く擦れるため、双方にとって刺激の強いやり方です。ただし、腟壁越しに尿道も刺激されて不快な尿意を催すことがあり、腟口の下側への摩擦も強いため、女性によっては苦手な人もいます。

3.突き上げ正常位
男性が上半身を起こして後ろに手を着いた正常位。男性が腰を振ると、男性器で突き上げるような動きになり、腟壁のお腹側をさらに強く摩擦します。不快な尿意を催しやすい人や腟口が切れやすい女性には向きません。

4.腕立て正常位
男性がベッドに手のひらと膝を着き、腕立て伏せのような前傾の体勢になる正常位。男性の腕に女性の脚をかけることで女性の腰が浮き、挿入が深くなります。男性は体全体を動かすことになりエネルギーを消耗しやすいので、疲労で中折れしないようセーブしながら動くと良いでしょう。

5.脚閉じ正常位
女性が脚を閉じた正常位。脚をピンと伸ばしていないと感じにくい女性にぴったりのやり方です。男性は、深い挿入はできないものの腟の締まりを感じやい体位です。抱きつき正常位に飽きたときにスパイス的な要素で取り入れるのがおすすめ。

6.肩かけ正常位(屈曲位)
女性の脚を男性の肩にかけた正常位。深い挿入を好む女性に人気があるやり方です。女性の首に負担がかかりやすく、男性も疲れやすいですが、マンネリ防止のために途中でこの体位をはさむ人が多いようです。

7.変形正常位
女性の脚を片方だけ男性の腕にかけるか、男性が抱えこみ、左右非対称にする正常位。抱きつき正常位とは腟内への当たり方が微妙に違っていて、新鮮さを感じることができます。


正常位のやり方によって、それぞれメリットとデメリットがありますし、男性器と女性器の相性によってもふたりに合う正常位のやり方は異なります。正常位のバリエーションを覚えてひとつずつ試しながら、ふたりにぴったりの正常位を探してみましょう。

■【女性へ】正常位をもっと盛り上げる3つのテクニック

正常位では男性にすべてを委ねて受け身になっている女性も多いと思います。そのことで手持ち無沙汰になり、顔もよく見えてしまうだけに、ついつい演技をしてしまう人もいるようです。感じているフリをするくらいなら、セックスを一緒に盛り上げるテクニックを使ってみてください。正常位の一体感がより強く感じられて、演技しなくても本当に気持ちよくなれるはずです。

1.興奮と愛情を表現する

正常位は他の体位と比べて女性の顔と体がよく見える体位なので、女性のリアクションが男性の興奮度に直接つながります。

表現方法はさまざまですが、自分からキスやハグを求めたり、手足で抱きついたり、「気持ちいい」と言葉で伝えるたりすることで、興奮と愛情が伝わりやすく、セックスが盛り上がります。

中でも、相手の目を見ることは興奮と愛情を表現するのに最適です。恥ずかしくて、または快感に集中したくて目を閉じてしまう人もいるかもしれませんが、セックスを盛り上げたいなら、ときどきでも意識して目を見るようにしてみてください。慣れてくると、目を合わせることで自分も興奮度が高まることに気付くはずです。

2.腰を振る

正常位は男性だけが動くものだと思われがちですが、女性が下から動くことも可能です。女性も一緒に動けば、出し入れするだけの刺激に変化が加わり、予測できない刺激の連続に男性のボルテージが急上昇することもあります。

動き方は簡単。下腹部の腹筋を使って腰を小さく浮かせて下ろす動きを繰り返すだけ。女性側も受ける刺激が複雑に変化するので、受け身でいるときとは、また違った気持ちよさを得ることができます。

腟の締まり具合が気になっている人や、クライマックスに向けて刺激を強くしたい人は、背中を少し反らして腟口がやや下を向くように意識してみましょう。腟の角度が変化し、勃起力に逆らう力が男性器に働くので、よりいっそう興奮が高まりますよ。

3.自分の好きな正常位を見つける

女性に一番人気の体位とはいえ、正常位の中にも豊富なバリエーションがあるせいか、自分が快感を得やすいやり方を知らない女性も多いです。また、「男性器との相性によっても合う正常位」と「自分には合わない正常位」があることを知らない人もいると思います。

ふたりの満足度にギャップが生じないように、女性も正常位のバリエーションを知識として知っておいて損はありません。「これだと奥に当たりすぎるからこんな風にして」「こうやって抱きついてする方が好き」と、自分の好みのやり方へ誘導してみましょう。

■少しの工夫でセックスが激変するのが正常位

正常位はスタンダードな体位だからこそ、相性を実感する目安にされやすいですし、気持ちよくなかったときの落胆も大きいですよね。

これまで正常位を楽しめなかった人も、少しだけ形を変えてみたり、ちょっとしたテクニックを使ってみたりすると、嘘のように感じ方が変わることがあります。正常位が得意な人も、バリエーションを増やせば、今以上にセックスを楽しむことができるはずです!

Betsy

セックスコラムニスト。経験と独自の研究を元に、楽しく性生活を送るための悩み相談やハウツー記事を複数のウェブサイトで連載中。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article