1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 性と愛
  3. したいのに夫が拒否! 辛くて切ない、40代セックスレスの現実

したいのに夫が拒否! 辛くて切ない、40代セックスレスの現実

「結婚生活が長くなるにつれセックスが減ってしまった」そんな悩みを抱えるカップルは多く、40代以上の夫婦の半数以上がセックスレスに陥っているというデータもあります。辛いセックスレスの体験談や、妻とセックスしない夫の本音を調査しました。

したいのに夫が拒否! 辛くて切ない、40代セックスレスの現実

■辛い40代のセックスレス

記事中の写真はすべてイメージです

結婚前や新婚当初はお互いを求め合うように激しく体を重ねていたけれど、今では……。

夫婦のつながりが深くなればなるほど、体がつながらなくなるジレンマ。抱かれたいのに抱いてもらえない。辛いセックスレスに苦しむ40代女性の体験談と夫の本音をのぞいてみましょう。

ラブライフアドバイザーOliviA(オリビア)さんが語る、セックスレスを解消するためのヒントもご紹介しています。セックスレスに悩む方はぜひ最後までご覧ください。

■【セックスレスの体験談】Sさん(42歳)の場合

結婚したばかりの頃はセックスレスの気配もなかったのに、一緒にいる時間が長くなるにつれ夫から求められなくなるどころか拒否されるように……。そんな40代セックスレスの実体験を紹介します。

私たち夫婦が結婚したのは12年前のこと。職場で知り合い、付き合って3年で結婚。夫は私の4歳年上なので46歳です。付き合っていたときも結婚してからも私たちはセックスレスとは無縁でした。ところが第一子が生まれ、第二子が生まれ、私は子育てと仕事の両立でいっぱいいっぱい。疲れているからとセックスの数も激減していました。夫も子育ての大変さを理解していたのでセックスレスでも不満はもらしません。

ところが子どもたちが手を離れ、寝室が私たちふたりだけになったのにセックスの頻度は復活するどころか減る一方。とうとう今はセックスレス3年目です。思い返せば夫からセックスに誘ってこなくなり、私が誘うばかりに。もう若くもないので、恥や照れもなくあの手この手で迫りますがまったく応じてくれません。最後に私が誘ったのは2年前です。1年近く試行錯誤を繰り返しても、その気にならないと言われ続けたので私もとうとう心が折れて今では誘うこともありません。

セックスがないことは性欲の行き場がないだけでなく、夫から求められないこと、拒絶されることが辛いです。セックスは夫婦の体だけでなく心をつなげる大切な行為だと思っているので、もう私たちはダメかな……と思っています。


夫から「その気にならない」と拒否され続けているSさん。夫がなぜそうなったのか、はっきりした理由はわかりません。ここからは、妻とのセックスを拒否する男性側の心理を探っていきます。

■セックスレス、夫の本音

「妻とはセックスできない、したくない」
そんな夫たちの本音を探ってみました。彼らの言い分はいかに?

妻は好きだけど体型が変わりすぎて無理

妻は大学時代の同級生で、就職後数年後に結婚。子ども3人に囲まれて穏やかに暮らしていますが、妻は3回の出産を経て学生時代より40kg太ってもはや別人になりました。+20kgくらいまではムチムチしてセクシーだなと思っていたのですが、+30kgを超えたあたりで違和感が大きくなってしまってセックスは無理に。もちろん人間としては好きですが女性としてセックスの対象にすることが難しくなってしまったのです。妻はたまに誘ってくる気配があるのですが寝たふりでしのいでいます。申し訳ないと思いつつももう無理……。(41歳/男性)

妻もセックスも変わらず好きだけど中折れが気になって……

私は45歳、妻は42歳。子どもを持たず気ままなDINKS(共働きで子供を意識的に作らない、持たない夫婦、またその生活観のことを指すアクロニム)ライフを満喫しているのですが、最近セックスに難あり。結婚してからずっと週一ペースでセックスしていましたが、この2年で少しずつ回数が減ってきて、今では半年間のセックスレス。妻のことは相変わらず愛していますしセックスも気持ちがよかったのですが、最中に私が中折れするようになってしまって……。妻は気にするそぶりは見せませんが、学生時代のような硬さを維持できない自分が情けなくて意識的にセックスを避けるようになってしまいました。抱き合って眠ることもあれば、ディープなキスもするので妻は盛り上がるのですが、私が拒否してしまいます。情けない姿を見せたくありません。(45歳/男性)

妻の一言でその気にならなくなって

私は53歳、妻48歳。結婚20年が経過した私たちは5年以上セックスレスです。きっかけは妻が私の収入が低いとなじってきたこと。セックスの相性は悪くなくて月に数回は夜の営みがあったのですが、「あなたの安月給じゃ生活が厳しい。もっと稼いできてよ」と喧嘩のときに言われてから妻と体を合わせたくなくなりました。妻と寝室はともにしていますが、誘われても「今さら無理だろ」と絶対拒否です。私自身の性欲は外で発散しています。(53歳/男性)

妻の浮気を契機にセックス拒否

結婚15年目、44歳同士の私たち夫婦はセックスレスというか私がセックスを拒否しています。きっかけは妻の浮気。子どもがいるので離婚はしませんでしたが夫婦仲は完全に終わっています。妻はなんとか再構築しようとセックスを迫ってきますが今さら無理。他の男とやっていたかと思うと鳥肌が立つ。子どもたちが独立したらすぐに離婚する予定です。セックスどころか顔を見るのも腹が立つ。(44歳/男性)

特に理由はないけれど、もうそんな元気はない

私は性欲が薄いのか40を越えてから妻とセックスする気がさっぱり湧かなくなってしまって。妻には申し訳ないと思うものの、夫婦の営みが始まりそうな雰囲気になってもなんだかんだと言い訳をして逃げてしまう今日この頃です。死ぬまでしなくてもいいかと問われればそうでもありませんが、毎日顔を合わせる妻とわざわざセックスする気にはなれない。たまにひとりでできればそれで十分ですよ。(43歳/男性)

もともとセックスが好きではなかった

私自身がもともとあまりセックスに積極的なタイプではありませんでした。子どもは欲しかったので子作りのためのセックスはしていましたが、5年前に子どもが産まれてからはすっかりご無沙汰に。一度「もう(セックス)しないの?」と妻に聞かれたとき、「ごめん、実はもうそんなにしたいと思えない」と本音を伝えたところ、それ以上は追求されなくなりました。夫婦・家族仲は良好ですし、相手に不満はありません。セックスはありませんが、家族としてうまくいっている実感はあるのでこれでいいのかなと思っています。(41歳/男性)

■40代のセックスレス、どう向き合う? 専門家のアドバイス

夫婦間のセックスレスを解消したいと思ったとき、どのような行動や心構えが必要なのでしょうか。性に関する総合アドバイザーとして執筆や講演を行う、ラブライフアドバイザーのOliviA(オリビア)さんに聞きました。

セックスレスの原因は、夫婦の一方のみに存在するものではありません。心身の不調からくる性欲の減退や体力の衰え、マンネリ、そして妊娠出産。さまざまな要因があります。

夫から拒否されると「私に魅力がないからかも」と悩む女性は多いですが、40代に突入する頃からセックスレスになった場合は、男性の性機能に問題がある可能性もあります。年齢的に、中折れなどのトラブルが生じやすいお年頃。これまでうまくできていたセックスが思うようにできなくなったとき、男性は一方的にセックスを拒否しやすい傾向があります。

「挿入と射精が伴わないとセックスではない」と考えていると、性機能の衰えをきっかけにセックスレスに突入することになります。しかし、挿入をしないオーラルセックス、ディープキスや裸でのハグなどのスキンシップも性行為。セクシュアルコンタクト(性的な接触)と定義されています。

なので、セックスレスを機にふたりの価値観をすり合わせると良いでしょう。好きなプレイの内容やセックスの頻度、生活におけるセックスの優先順位などをふたりで話し合ってみると、新たな発見があるかもしれません。挿入&射精は本当に必要なのかも含め、お互いに満足のいくポイントを改めて探ってみましょう。セックスの話題をふるのが難しければ、恋愛映画やドラマの話など、ライトな恋愛の話題から入ってお互いの恋愛観を話してみるのもおすすめです。

実はセックスレスの危機を迎えない夫婦のほうが少数派。セックスレス夫婦はむしろマジョリティです。セックスレスに陥っていない夫婦は、お互いが満足できるセックスライフを満喫できるように何かと工夫しています。

昔のような激しく情熱をぶつけ合うようなセックスから、お互いを癒やしじっくりと熱を高めるようなセックスに切り替えるときかもしれません。セックスの定義を見つめ直し、ふたりのセックスをアップデートする機会ととらえてみてはいかがでしょうか。(ラブライフアドバイザー OliviAさん)

専門家プロフィール

OliviA(オリビア)
ラブライフアドバイザー。2007年より性生活の総合アドバイザーとして活動。カウンセリング・レッスンで「女性のセクシュアルウェルネス」「コミュニケーションを重視した性生活」の提案を行っている。近著『セックスが本当に気持ち良くなるLOVEもみ』(日本文芸社)他多数。

▶︎公式サイト
▶︎Instagram
▶︎Twitter
▶︎ブログ

▶︎セックスレスの解決法が満載! OliviAさんの著書はこちら

北崎りょう

男女のあれこれについて、日々悶々と悩むバツイチライター。痩せたり太ったりを繰り返しながら、生涯の伴侶を探し続ける。ライター歴10年、ウェブメディアや書籍向けの文章を執筆。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article