サロン、クリニック並みのケアを自宅でできる本気のDRESS美顔器大賞 2015 リフト大賞

サロン、クリニック並みのケアを自宅でできる本気のDRESS美顔器大賞 2015 リフト大賞

昨今はEMSで表情筋を鍛えたり、ラジオ波で肌の土台に働きかけたり、たるみに本気で挑む力作が目白押し。 肌の時間を引き延ばすことさえ、もはや夢じゃない!


サロン、クリニック並みのケアを自宅でできる本気のDRESS美顔器大賞 2015 リフト大賞

近年の美顔器の進化はめざましく、今やどれを使っても一定の効果が得られる時代。
そこでDRESS美容部員とスタッフが、本当に買うべき美顔器を目的別に選定。
なりたい肌をかなえる一台に“化粧品にできないこと”を託したい。

昨今はEMSで表情筋を鍛えたり、ラジオ波で肌の土台に働きかけたり、たるみに本気で挑む力作が目白押し。
肌の時間を引き延ばすことさえ、もはや夢じゃない!

この5人がジャッジ!
DRESS美容部サポーター
木村裕子さん
布施公予さん
森本文枝さん
DRESS編集長 山本由樹
DRESS美容担当 今井田留実

リフト大賞 DHC パーフェクトウェーブ

DHC パーフェクトウェーブ
¥59,800

ここがすごい!
一定の周波を搭載するEMS器が多い中、日本初の特許、高周波複合波形「EMSポレーション」でより深いアプローチが可能に。

表情筋の筋トレ効果で使ってすぐに上がるのを実感!
高周波複合波形が自分では動かしにくい表情筋をトレーニング。すっきりと引き締まった顔立ちに。「1回10分の使用で驚くほどリフトアップ。頬の位置がまったく違う! むくみが取れたのではなく、表情筋が収縮しているという感覚が頼もしいです」(木村)、「ゆるんだ印象が引き締まりました。すごい!」(山本)/ DHC

手軽さ ★★★★★
即効性 ★★★★★
コスパ ★★★

技術賞 ジェイメック NEWAリフト

ジェイメック NEWAリフト
¥62,800

ここがすごい!
クリニックの施術でも注目されるサブマイクロ波をホームケア仕様に。独自の技術で肌内部を広く穏やかに温める。

医療機器メーカーが開発したプロユース級のギア!
温熱効果がコラーゲン生成をサポートし、深刻なエイジングをケア。「マリオネットラインがふっくらしてきました」(布施)、「頬がポカポカし、癒されるので疲れているときこそ使いたい。美顔器=面倒という概念を覆しそう」(今井田)/ビューテリジェンス

手軽さ ★★★★★
即効性 ★★
コスパ ★★★

入賞 エビス ツインエレナイザー PROⅡ

エビス ツインエレナイザー PROⅡ
¥17,000

ここがすごい!
毎秒100万回の高周波と毎秒300万回の超音波で肌を温めながらマッサージ。ゆるみなどのエイジングに隙なくアプローチ。

ケアする前のディープクレンジングも肝心!
クレンジング、導入、高周波+超音波によるリフトケア。1台で上向き肌へ。「最初の5分で毛穴の汚れをしっかりクレンジングしてからケアをスタートできるのが気持ちいい。リフトケアもなかなかの手応え。この多機能さでこのお値段は買い!」(森本)/エビス

手軽さ ★★★
即効性 ★★★
コスパ ★★★★★

入賞 スターアベニュー ミリオンスマイルS

スターアベニュー ミリオンスマイルS
¥16,000

小さなヘッドが顔筋の衰えに満遍なくアプローチ
深層部の筋肉に働きかける微弱電流のマイクロカレントやEMS、バイブ&ヒーター機能が筋肉に刺激を与える。「目まわりや口角など、特に気になる箇所をピンポイントでケアできます。パーツごとのメソッドが分かりやすい。即効性もなかなか◎」(布施)/スターアベニュー

手軽さ ★★★★
即効性 ★★★
コスパ ★★★

入賞 A&C ドクターアリーヴォ ザ べガス

A&C ドクターアリーヴォ ザ べガス
¥49,800

人気の美顔器がスリム化
全体も細部も持ち上がるインサートパルス、中高周波、EMS、赤色LEDの4つの機能を効果的に出力させることでパワフルさを実現。「一度でハリが復活。エステいらずかも」(布施)、「びっくりするほど頬がアップし、美肌効果も◎。専用美容液がややお高め?」(今井田)/A&C VEGAS

手軽さ ★★★★★
即効性 ★★★★★
コスパ ★★

入賞 ドクターシーラボ エステ アップ 4

ドクターシーラボ エステ アップ 4
¥16,482

EMS、超音波、LEDの効果で顔もボディも引き締め
引き締め効果を発揮するEMS、ハリと弾力に働きかける超音波、深部を温めるLEDを一度に堪能できる。「マイルドな使い心地を想像していたけど、予想よりもパワフルで肌がリフトアップ。コスパがいいですね。軽いので、旅先にも持っていきたいです」(森本)/ドクターシーラボ

手軽さ ★★★★★
即効性 ★★
コスパ ★★★★



Photo / Kosuke Fujimoto Text / Fumi Uchida

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


美顔器 美容部

関連する投稿


【プレゼント】マドンナが手がける「MDNA SKIN」スパトリートメントメニュー体験

【プレゼント】マドンナが手がける「MDNA SKIN」スパトリートメントメニュー体験

六本木のホテル、グランド ハイアット東京の、心身のくつろぎと調和のためのスペース「Nagomi スパ アンド フィットネス」にて、「MDNA SKIN」を使用したスパトリートメントメニューの体験をDRESSメンバー限定で3名様にプレゼントします。


「美しい顔」とは? 美容医療から見た老化の原因

「美しい顔」とは? 美容医療から見た老化の原因

自由が丘クリニックの古川登隆先生が、“美を司る秘密の3ポイント”、“老化とは?”など、理論に基づく最新の美容医療について講演されました。特殊メイクアーティストのJIRO氏によるパフォーマンスも!


美しさは口元から♡ 美容イベントをレポート

美しさは口元から♡ 美容イベントをレポート

9月29日、恵比寿で美容セミナー『アンチエイジングは顔下半分から』と題して、講師の野本歯科医師と、 リフトアップ美容液 PIM(ピム)ハイドヴェール施術体験会が開催されました。


【部活BLOG】アンチエイジングの鍵は毛細血管。血管年齢の分かれ道は45歳WE.WHITE.EXPERIENCE

【部活BLOG】アンチエイジングの鍵は毛細血管。血管年齢の分かれ道は45歳WE.WHITE.EXPERIENCE

ガッテン「アンチエイジングの新常識・毛細血管SP」で特集された毛細血管。エイジングの要は毛細血管にあり。加齢により血管の壁細胞が破壊されゴースト化します。その曲がり角は45歳。毛細血管が消失し、しわ、たるみや病気の原因になるなんて。壁細胞を修復するすべはあるのか?大阪大学教授・高倉医師が開発した壁細胞修成分とは?


【まるで魔法!?】メイクアップアーティストMOTOKOメイクアップイベント

【まるで魔法!?】メイクアップアーティストMOTOKOメイクアップイベント

昨年末にも美容部で開催された、ハリウッドで活躍中のメイクアップアーティスト、MOTOKOさんによるプライベートメイクアップイベント。編集部員がお邪魔してきました!


最新の投稿


女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

チェコのイースターは日本から見ると独特かもしれません。男性が鞭で女性のお尻を叩く風習があります。1年の健康や美を願い、また子宝に恵まれる、との言い伝えもありますが、正直痛い(笑)。そんなチェコのイースターの過ごし方と独特の風習を詳しくご紹介します。


「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」はケイトのアイブロウパレット。眉ってなかなか思い通りに描けず、苦手意識がある人も多いと思いますが、デザイニングアイブロウNのような3色のパウダータイプなら色を調整でき、仕上がりもふんわりソフトなので失敗が少なくおすすめです。眉メイクのコツやノーズシャドウとして使う方法をご紹介します。


鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島県は未だに「男尊女卑がある」と言われる地域。そこで生活する女性たちは「被害者」扱いされることもあるが、鹿児島出身の私に言わせると、まったく逆だ。実は日本で一番、男社会での処世術を知っている女性は、鹿児島女性なんじゃないかと思うこともある。


海外から見た「日本人」の長所と短所

海外から見た「日本人」の長所と短所

「約束を守る」「長期的なビジョンや関係を重視する性格」などは、海外から見て日本人が評価されているポイント。一方で「英語が話せない」など、ちょっと残念と思われている要素も……。外国人が見る、リアルな日本人のイメージを知っておきませんか。


最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

思い切って結婚式プロデュース会社に相談したのは、ウエディングプランナーに相談しても、なかなか「これだ!」と思えなかったから。夢のような結婚式を実現するため、複数のウエディングプランナーに面会したものの、ピンとこなかったから。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#6をお届けします。