1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 「シュット!インティメイツ」で叶える、自分をいたわるリラックスタイム

「シュット!インティメイツ」で叶える、自分をいたわるリラックスタイム

ファッションのように下着を楽しんでもらいたい……。そんな願いを込めて作られた“インティメイトウェア”を提案するブランド「シュット!インティメイツ」。今回はその充実したラインナップの中から、使いやすさとデザイン性の高さで人気のアイテムを選りすぐってご紹介していきます。

「シュット!インティメイツ」で叶える、自分をいたわるリラックスタイム

■「シュット!インティメイツ」は、どんなランジェリーブランド?

「シュット!インティメイツ」は、「ランジェリーもファッションのように楽しんでもらいたい」との思いから2014年にスタートしたランジェリーブランドです。軽い着け心地と、ナチュラルなシルエット、繊細なレースと華奢なストラップなど、自分の体を生かしたボディメイクとファッショナブルなデザインが特徴。

「シュット!インティメイツ」がオープンしたとき、筆者もお店に行きドレスイージーブラを購入しました。ドレスイージーブラの展開サイズが広がり、さまざまなバストに合うようになった「ドレスイージーブラ」をご紹介します。

■「シュット!インティメイツ」商品の特徴

スレンダーバスト~ボリュームバストまで合う「ドレスイージーブラ」

「シュット!インティメイツ」の中でも、人気の高いドレスイージーブラ。筆者もランジェリースタイリストとして、バストが小さめな方〜大きめの方までさまざまなお客様へご提案している優秀ブラです。ドレスイージーブラの特徴はふたつ。

まず、ひとつ目はオリジナルのサイズ設定。

一般的なブラジャーはトップとアンダーの周計の差でA、B、C、Dとカップサイズが決まります。アンダーは5cm刻み、65、70、75、80というサイズ設定です。しかし、「シュット!インティメイツ」のドレスイージーブラは、アンダー65~70の方はM、75~80の方はL、カップサイズは1~5までの数字の中から選びます。
ひとつのブラジャーサイズに対して、対応範囲が広いので体型が変化しやすい方も安心です。

一般的なブラジャーサイズに直すと、カップはB~Hカップ相当まで。アンダーは65~80相当までという幅広いサイズ展開。

※サイズ展開は、ドレスイージーブラの中でもデザインによって異なります
※今年からHカップ相当のサイズを追加

ふたつ目の特徴はL字型のワイヤー。

最近よく見るようになったL字ワイヤーですが、スレンダーバストの方はカップが浮きにくく、ボリュームバストの方は、バストのボリュームを中央に寄せてサイドをすっきりさせてくれる優れもの。

※L字ワイヤーも補正効果は商品により異なります

デザイナーの齊藤さんによると「すべての人にかわいいブラを着けて欲しい」との思いから、カップの薄さやアンダーの華奢さは変えずに、パターンバランスを変えてボリュームのあるバストを支えられるつくりにしているそう。
「小さなサイズはかわいいのに、サイズが大きくなるとかわいくない」「ホックが3段になるのが悲しい……」バストのボリュームがあるお客様からこんなご意見をよく聞いていたので、ドレスイージーブラのサイズ拡大は、とても嬉しいニュース。

「大きめサイズもかわいく」そんなデザイナーの思いの詰まったドレスイージーブラです。

バイカラーのデザインがおしゃれ! ハーフトップ&ボクサーショーツ

オフの日は、ハーフトップ&ボクサーショーツで心と体を解放して。大人のハーフトップは形とデザイン選びが重要。「シュット!インティメイツ」のハーフトップは、襟ぐりの開きが大きく、ストラップの幅も絶妙。洗練された印象に。シルク混も嬉しいポイント。

総レースサニタリーショーツ

生理のときも、好きなランジェリーでリラックス。単色総レースのデザインはお気に入りのブラとのコーディネートもしやすいのが特徴です。

こちらの商品には、鼠蹊部を締め付けず、コットンの裏打ちでお腹を冷やさない工夫もされています。

ナイトブラ

夜寝るときに着けるブラは、ノンワイヤーかつバスト&バスト周りをしっかり覆えるものを選んで。新色ローズが大人の女性の肌を美しく見せてくれます。

自分の心と体をいたわり、リラックスしたいとき、こんな風にシーンに合わせてランジェリーを選んでみてはいかがでしょうか? 皆様のランジェリー選びの参考になれば幸いです。

中根 菜穂子

ランジェリースタイリスト/ランジェリーカレッジ代表 メディアでのランジェリー企画監修・スタイリスト業の他 ーランジェリーを学ぶ、楽しむ、仕事にするーをテーマにしたランジェリーカレッジを主宰。 ランジェリーを通して人々の...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article