不倫が始まるLINE

不倫の始まりはLINEから……!? 今回は、独身女性のもとに届いた、既婚男性からのお誘いLINEをご紹介します。もしもこんなLINEが届いたら、そしてそのLINEにキュンときてしまったら、要注意です!

不倫が始まるLINE

※取材をもとに、LINE画面を作成しています。

■Case1 何でも聞くよ

大人のLINE

「会社の上司(33歳)に、“最近疲れてない?”と言われて。もちろん部下を思ってのことだと最初は思っていたのですが。なんでも聞くよって言われると、弱った心に染みてしまって。相談をするという名目で食事をしてしまいました。その後、一線を越えてしまって。弱った心に、包容力のある言葉はずるいです」(29歳・女性)


上司という立場を利用して、アヤシイお誘い。弱った女性に優しい言葉をかける男性の優しさは本物……?

■Case2 “お姫様”扱い

大人のLINE術

「毎回、お姫様扱いのLINEをしてくる既婚男性(44歳)がいました。最初は適当にあしらっていましたが、やっぱりお姫様扱いは嬉しくて。愚痴を言うと、“〇〇ちゃんみたいに綺麗な女性に失礼だよね”とか。いちいち特別感を出してくる。LINEもマメでいつの間にか相談するなら彼、みたいになっちゃって。酔った勢いで一度“まあ、いっか”でベッドイン。それからずるずると関係が続いています。もうやめたい」(31歳・女性)


「まあ、いっか」と軽い気持ちで不倫をしてしまったら最後、その沼から抜けられなくなる女性も多いと思います。なかなかやめられない不倫の始まりはこんな特別扱いのCaseも多いと思います。

■Case3 共感・同調

大人のLINE 不倫LINE

「男性って、相談したり、愚痴をいったりすると、解決策を出そうとする。でも女性って、解決策を求めてなくて、しんどかったね、とか頑張ってるよ、とか、共感してほしいだけのときがある。それを分かってるのが、モテる既婚男性だと思います。前の会社の上司がまさにそうでした……。彼とは会社を辞めるまでの3年間不倫関係にありました。35歳になるタイミングで、私が転職し、関係を無理やり終わらせました。無駄な3年間だった」(35歳・女性)


「モテる」方法を知っているのが、不倫常習犯の既婚男性でしょう。無駄な時間を過ごさないためにも、不倫が始まりそうな予感からはさっと逃げる強さを……!

■Case4 添い寝しましょうか

大人のLINE 不倫

「徹底的にLINEで下手に出る既婚男性(44歳)がいました。彼の常用句は、“添い寝しましょうか”。ホテルに誘うわけでもなく、“疲れた”といえば、“添い寝して癒します!”って言ってくる。その他、“踏んでください”とか、“〇〇さんのためならなんでもします”のドM発言。それに安心していると、まぁ……添い寝で終わることなんてないですから」(29歳・女性)


女性に「危険な男性」と思わせない、ネタを含むドMテクを駆使する不倫常習犯も。気を付けたいですね。

■Case5 さらっと引く

大人のLINE術

「ご飯に行こうとしつこかったのに、急に、きつく断ったら連絡が来なくなる既婚男性(37歳)がいました。あしらっても、ずっとしつこかったので、急にあっさりひかれると、寂しくなって。それって、替えがたくさんいるってことですよね。でもそれがなんだか寂しくなって。会いたくなる。ずるいです」(35歳・女性)


余裕があるからこその強引さ。これも既婚男性の特徴かもしれません。

■不倫は恋愛ではない

今回は、不倫が始まるLINEをご紹介しました。

既婚男性の余裕にキュンときてしまったら最後、辛い不倫沼の入口に

不倫は恋愛ではありません。かりそめのものです。上記のようなLINEにキュンときてしまったら、一旦立ち止まって自分を見つめ直してみて。

毒島 サチコ

恋愛ライター。LINE記事を得意とし、自立した女性へ向けた恋愛記事を多数執筆。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article