1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 残暑にありがちなことあるある

残暑にありがちなことあるある

Share

あんなに待ち遠しかった夏があっという間に終わってしまい、暦のうえでは秋だけど、暑さばかりが残る時期……。ある意味、一年で一番、切ない時期かもしれません。今回は、そんな季節の変わり目に特有のあるあるをピックアップ。

残暑にありがちなことあるある

■洋服選びが難しい

袖のあるものを選ぶなど、少し秋っぽい装いを、と思うけど、9月に入ってからも8月と同じくらい暑い日がちらほら。

逆に、極端に涼しい日もあって、出かけてから「失敗した!」となりがち。

■夏は短かったけど、秋も短い

残暑が長引いた年は、秋が感じられる日が1週間そこそこ、なんてことも。

気がついたら冬になっている。

■エアコンが働きっぱなし

年によっては、10月になってもクーラーをつけたくなる日があって、「まだまだ暑い」と思っていると、急激に冷え込むときがある。

エアコンがいらないのは1週間ほどなんてことも。

■蚊に注意

夏に比べると暑さが少し和らぎ、昆虫たちも過ごしやすくなるせいか、一気に蚊が増え始める気がする。

しかも、残った最後の力を振り絞っているからなのか、この時期の蚊に刺されると、やたらかゆい。

■暑いのは日中から夜にかけて

やっぱり夜も暑いから、扇風機をつけっぱなしで寝るんだけど、朝方になるとけっこう冷え込み、寒くて布団をかぶって寝る。

■暦の上ではとっくに秋ですが……

天気予報で、「厳しかった暑さも今日まで」といっていても、ほとんど当てにならない。

■秋らしさは皆無

さすがに猛暑日はないものの、30度もあれば、やはり暑い。

9月半ばでハロウィン仕様のお店とかを見ると、「早っ!」とツッコミたくなる。

こうしていつも季節に追い立てられる。

Share

鈴木一禾

ライター、編集者。相撲とロマコメ、フランス近代音楽が好き。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article