1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. これで乗り切る! 夏バテ対策あるある

これで乗り切る! 夏バテ対策あるある

Share

梅雨が明けたとたん、猛暑日となっている地域もチラホラ……。熱中症が警戒されますが、暑さが原因で体調がすぐれないというかたも多いはず。そんなとき、みんなどうしてる? 「夏バテしそう」と思ったときのセルフケアあるある。

これで乗り切る! 夏バテ対策あるある

■温かいものを飲む

喉がカラカラに渇いても冷えたものは飲まない。

からだを温めると、免疫力や代謝があがると聞いてから、白湯など温かいものを飲むようにしている。

■三食、食べる

食欲がなくてもやっぱりなにか食べておくと、そのあとに差が出る。

■外出時のエアコン対策

外出するときは、からだが冷えないよう、カーディガンなど羽織れるものをもって出かける。

電車は弱冷房車を選んで、吸汗速乾インナーを着用して、夏こそ冷え防止。

■電気代を節約しようと思わない!

「暑い」と思ったらすぐにエアコンをつけるようにしている。

我慢すると熱中症の危険があるだけでなく、汗をかいて湿疹とか出るよね。

室温を高めに設定して扇風機を併用すると電気代も抑えられそう。

■食べるものに注意

極力、体を温めるものを食べるようにする。

ネバネバ食材を多めに摂取する。

■日傘や帽子

紫外線を浴び続けていると、かなり疲れる。

美容のためとかではなく、夏バテしないように、日傘と帽子が必須。

■気合い

できるだけストレスをためこまないように気をつける。

ひとりの時間や趣味の時間を確保して、積極的に楽しみを見つけて猛暑を乗り切る!

※ この記事は、一般的にいわれている「あるある」を集めたものであり、医師の監修を受けたものではありません。

Share

鈴木一禾

ライター、編集者。相撲とロマコメ、フランス近代音楽が好き。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article