1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 大きなバストへのコンプレックスを解消してくれた、S by sloggiの“宝石のような”ランジェリー

大きなバストへのコンプレックスを解消してくれた、S by sloggiの“宝石のような”ランジェリー

Share

誰に見せるわけではないけれど、自分のためだけにしたい贅沢がある。自分の気持ちや暮らしを豊かにするために買ってみた、特別な“贅沢品”をテーマに、イラストレーターとして活躍するヤベミユキさんが綴ります。今回は、自分を解放してくれたとっておきのランジェリーについて。

大きなバストへのコンプレックスを解消してくれた、S by sloggiの“宝石のような”ランジェリー

自宅にいる時間が長くなり、自分に何が必要なのかゆっくり考えることも増えたタイミングで迎えた、39歳の誕生日。

30代最後の歳に私が探したものは、少々骨が折れるランジェリー。なぜ骨が折れるかというと、若かりし頃から、胸に対する絶対的なコンプレックスがあったからだ。

■ブラの“太い肩紐”が、思春期から呪縛のようだった

昔から大きすぎる胸が悩みだった。
ファミレスでバイトしていたときに、お客さんに「すげえ、スイカみたい」と言われて傷ついたこともある。いくら検索しても胸を小さくする情報は見つからないし、背が低くて童顔なのに胸だけ大きい自分が、いやらしい気がして嫌だった。

かわいいランジェリーはもはや諦めていて、使っていたのはもっぱらスポーツブラや、母の買ってきたマダム向けの機能的なブラ。

一度、かわいいブラジャーを買おうとランジェリー売り場に行ったこともあるけれど、かわいいはずのブラジャーのデザインも私のサイズだとなんだか迫力があるように感じ、おどろおどろしいレースに食われそうな錯覚を覚えた。

その当時、20年ほど前はいかに胸を盛るかという時代。お化けのようなレースに持ち上げられた胸はさらにボリュームを増し、胸から落ちるブラウスがカーテンのようにひらひらと揺れる始末。私はその新しいブラジャーをすぐに捨てた。

そのうち胸が小さく見えるブラといったアイテムができて幾分と楽になったけれど、バストが大きい人向けのブラにはどうしても肩紐が太いものが多い。親指よりも太いその肩紐は、思春期の頃からずっと呪縛のように肩にのっかっていた。

今はランジェリーも昔に比べるとエフォートレスになってきて、必ずしもワイヤーで胸を持ち上げなければならないという時代でもない。そもそも外国人の方の多くは、胸が大きくても気にせず、一枚レースで華奢なストラップのランジェリーを着たりしている。

加齢と昨年おこなったダイエットでひと回り胸が小さくなったのも幸いして、今ならイケるかもしれないと素敵なランジェリーを探した私が出会ったのが、「S by sloggi」のシルエット トップ。

最近、ブラレットにはおしゃれなものもたくさんあるけれど、Vが深いものはバストが横へ流れてしまうため、私の場合は断念せざるをえなかった。その点、S by sloggiのシルエットトップはVが浅く、胸を中心にホールドしてくれる。カップも薄く、ボリュームを最小限に抑えてくれるのもうれしい。

カラーは、いつもなら絶対選ばないイエローに惹かれた。サフランイエローの光沢が肌に溶け込み、肌そのものを輝かせる。

肩から背中にかけて走るスパゲッティストラップが宝石のような色で、かわいいランジェリーを身につけられないことにずっと後ろめたさを感じていた私の背中を押してくれる。

■コーディネート案が、子どものように次々と湧いてくる

お気に入りのイエローのブラレット。
このランジェリーを身につけて、洋服そのもののスリットやシアー感を思いきり堪能したり、アンダーグラウンドなロックTに忍ばせて、ランジェリーと洋服とのコントラストを自分だけの楽しみにしたり、休みの日には、デニムにブラレットだけでのんびり過ごしたり、と想像が膨らむ。

ゲームの攻略本を手に入れた子どものようにコーディネート案をノートに綴っていると、鏡にふと、ブラレットにショートパンツの自分が映った。……ぽっこりとお腹が出ている。

もっと引き締まった体で、この宝石のようなイエローのランジェリーを纏ってみたい。そう思い、おやつに予定していたクッキーをフルーツトマトに変更した。

連載「素敵なあのひとの空気を纏う」バックナンバーはこちら

Share

ヤベ ミユキ

イラストレーター。美容、アパレル業界を経てイラストの世界へ。前職のキャリアを活かしたファッション、美容イラストを描いています。

関連記事

Latest Article