1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. GUの美シルエットワンピース1490円。夏の着こなしテクニックをご紹介

GUの美シルエットワンピース1490円。夏の着こなしテクニックをご紹介

Share

水曜日のファッションコラムは、KUMICOさんがご担当。最旬プチプラアイテムを活用した大人の着こなしをご紹介します。今日は「GU(ジーユー)」のウエストギャザーロングワンピースの着こなしテクニックを伺いました! このワンピ、リネンのような素材感と軽い着心地、上品見えするシルエットで、大人女性にぴったりの1枚です。

GUの美シルエットワンピース1490円。夏の着こなしテクニックをご紹介

ワンピースをさらりと1枚で着るのが心地いいシーズン。

普段はもっぱらシャツワンピース派の私ですが、久しぶりに女っぽいシルエットのものに惹かれています。

■美シルエットで上品なGUのワンピース

ふらりと立ち寄った「GU(ジーユー)」で見つけた「ウエストギャザーロングワンピース」1490円(税別)。トルソーが着ているのを見かけて、シルエットがきれいだなと思い手に取ると、まるでリネンのような素材感。

これは高見えアイテムかも! と思って試着すると、想像以上に軽い着心地&美シルエットで、即決でした。

ウエスト部分はゴムシャーリングでウエストマーク効果があり、たいていこのタイプのデザインはスカート部分にボリュームが出やすいのですが、このワンピースはフレア加減まで落ち着きがあって上品なので、かわいくなりすぎません。

また、デコルテの開きもちょうどよく、清潔感のある肌見せが叶います。

■カーディガンを肩掛けしてポイントに

ノースリーブワンピース

ノースリーブワンピース自体にポイントを作りたいときは、カーディガンの肩掛けがおすすめです。

おしゃれに見えるだけでなく、肩掛け方法によっては、気になる二の腕を自然にカバーしたり、視線を上に誘導してくれたりする効果があります。

さらに気温が不安定な梅雨シーズンは、肩掛けしておくと肌寒いときにサッと羽織れるのでとても便利です。

私が選んだ色はくすみパステルが今っぽいライトグリーン。これだけで、さりげなくトレンドを取り入れることができるのも嬉しいですね。

その日の気分に合わせて、ヴィヴィッドな色を効かせても。バッグはブラウンに馴染みやすい、ベージュベースのパイソン柄で、ちょっぴりモードなエッセンスを加えました。

■小物使いで大人フェミニンに

ブラウン ノースリーブ くすみ

フェミニンに装いたい日は、小物使いで差をつけるのがおすすめです。プリント柄ストールとミニバッグを合わせるだけで華やかになり、デートにも使える着こなしに。

シューズは統一感の出る色でまとめてもいいのですが、あえて夏らしくヘルシーなムードを添えることのできる、オレンジ色のパンプスを選びました。

オレンジはストールの柄にも入っている色なので、コーディネート全体がまとまりやすくなります。他にイエローやブルーなど、使用するプリント柄ストールの中から色を選べば、失敗する心配もありませんよ。

■高見え&上品見えする夏ワンピースが買い

ノースリーブワンピ

高見えして上品見えもするというなんとも贅沢な“夏”ワンピース。ダークブラウンは、トレンドのくすみパステルやヴィヴィッドカラーと相性抜群。

これからの季節、カーディガンや小物と上手に組み合わせてワンピースコーデを満喫したいと思っています。ぜひ、GUの「ウエストギャザーロングワンピース」をチェックしてみてくださいね。

Share

KUMICO

アパレル歴20年。フランスのメーカー勤務後、ライターに転身。2007年より「暮らすように旅するパリ」をテーマに、フランス各地を訪れる。雑誌GINGERのWEBメディア「GINGER web」や「michill」にて、食やファ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article