1. DRESS [ドレス]トップ
  2. カルチャー/エンタメ
  3. 「あつ森」やりすぎな人あるある

「あつ森」やりすぎな人あるある

Share

子どもから大人まで、世界中で人気のゆるふわゲーム、「Nintendo Switch」の「あつまれ どうぶつの森」。夢中で楽しんでいると、現実と虚構の区別がつかなくなり、つい……あつ森あるある。

「あつ森」やりすぎな人あるある

■スズキ問題

釣りをすると、スズキばかりが釣れる。
ゲームのなかだと売っても安いから、住民たちに押し付けているけれど、現実世界のスーパーで見かけると意外に高くて驚く!

■雑草集め

まだ始めたばかりで雑草ばかりむしっているので、現実世界の道端でも、雑草を見かけると「むしらなきゃ」と一瞬思う。

■操作ミス

フルーツを食べようとして操作を誤り、
間違ってそのへんに置いてしまう。

地味に面倒。

■亀裂に反応

現実世界で道を歩いていて、アスファルトに亀裂を見つけると、「スコップどこだっけ?」と思ってしまう。

■どうぶつに嫉妬

推しの子の家に女の子が遊びに来ていると、浮気されたような気になって軽く動揺し、「もう知らない! ◯◯なんてキライ!」と心の中でつぶやいて、その場をあとにする。

どうぶつ相手に……我ながら笑える。

■やめどきの見極めが難しい

「そろそろやめよか」と思ってからが長い。

虫をあと1匹捕まえてマイルもらったら……、

住民3人に話しかけてマイルもらったら……、

となってなかなか終われない。

■マナー違反

どうぶつに何かプレゼントしたら、そのどうぶつにもらったものだった、ってことが何度かある。

ゲームのなかのこととはいえ、ちょっと気まずい。

Share

鈴木一禾

ライター、編集者。相撲とロマコメ、フランス近代音楽が好き。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article