チャラ男LINE選手権

Share

女性のみなさん、開いた瞬間、「ギョッ」としてしまうようなLINEを受け取ったことはありませんか? 今回は、思わずスクショ!? チャラ男LINE選手権を開催しましょう。あなたが一番「無理~!」だと思ったのはどのケース……!?

チャラ男LINE選手権

■Case1 仕事紹介するぜ男

LINE 恋愛

さまざまな手口で、女性を誘ってくるチャラ男。

その代表的な例がこの短文で「仕事紹介するぜ男」です。

主にフリーランスで仕事をしている女性をターゲットとしていて、仕事を口実に誘われ食事に行くも、結局仕事は紹介してもらえず、ただ口説かれるだけだった……! という経験をした女性は多いもの。

最初から「仕事紹介する」なんていう男性は信用してはいけません。夢を追いかける女性を食い物にするチャラ男に遭遇したら、こんなうまい話があるはずない! と思える強さが女性側にも必要ですね……。

多くのチャラ男は、短文+その女性に刺さるパワーワードを用いてLINEをしてきますが、下記のような例もあるようで……。

■Case2 チャコール・ダイエット男

LINE 恋愛 チャラ男

「チャコール・ダイエット」という、なんとなく女性が好きそうなワードを使って、アピールしてくるチャラ男も。

その他、「オーガニック」、「海外セレブご用達」、「限定〇組」など、なんとなくおしゃれなのはわかるのだけど、具体的にそれが何かはわからないワードを使って近づいてきます。でもなんとなくすごそう……? そう思った女性がいざそのパーティに参加してみると、ただの合コンだったというパターンも。

女性の好きそうなワードを使ったただの出会いの場なのです

■Case3 住所非公開男

LINE

「住所非公開」というワードも、チャラ男や遊び慣れている男性の誘い文句。

「どんなお店に連れて行ってくれるのかな」と期待が高まる一方で、「え? 住所非公開なんて危ない場所じゃ……!?」という気持ちにもなりますよね。

最悪のケースでは、「会員制だから」という名目で怪しいバーに連れ込まれ、知らない男に囲まれた……という危険な思いをしたという話も聞いたことがあります。出会って間もない人との食事は、このような場所は避けたいものです。

とはいえ、相手があなたに本気で素敵なお店を用意してくれている可能性もあるので、見極めは慎重に!

■Case4 星3以上の合コン慣れ男

LINE 恋愛

合コンのセッティングの流れがスムーズな男子も遊び人である確率が高いです

まずは3:3などのスタンダードで女性側に負担のかけない人数設定をすばやくして、そこから「貸し切り」などのワードを持ち込んできます。

これはもう何度もこのお店で合コンをしたことがあるに違いない! 

こういう男性は、彼氏にはしたくないけど、出会いのセッティングのプロなので、男友だちとして大切にしたいところ……。

合コンで3:3など、スタンダードな人数設定をしてきて、スムーズに送ってくるお店がしっかりと星3以上で、「貸し切り」だったり、女性の好きなアイテムの置いてある駅近の場所だったら、合コン慣れ男でしょう。

■Case5 ぬけがけ御免男

LINE 恋愛 チャラい

合コンやグループLINEで、必ず現れるのがこの「ぬけがけ御免男」

他の女子に対して「グループでご連絡しちゃうとほかの女の子に日失礼かな~って思い」という、どうでもいい気遣いを見せた後、いろんな意味でハイレベルなお誘いをします。

(というか会合)(オーバスワン等)という、カッコでの注意書きがますます文章を読解不能にさせ、最後は「ご興味あるますか?」という誤字で詰めの甘さを見せつけます

■Case6 効果音男

LINE 恋愛 モテない

少し前に流行った「港区おじさん」と呼ばれる属性の男性が自分より年下の女性を誘うとき、このような方法で女性を誘い出します。

急に高級料理の写真を送りつけてきては「ジャジャン!」という、ありきたりな効果音をつけます。聞いてもいないのに一人で話し出しますが、適当にあしらわれてしまいます。

でもそのことには気づかないし、この手口で何人かの女性にLINEをすると、意外に引っかかる女性が……いるのだとか!?

■いるいる~こんな人!

いかがでしたか?

上記の6ケースの中で、あなたの中の「チャラ男」センサーが一番ビビッと来たのはどのケースでしょうか? 

筆者的にはCase1の短文「仕事紹介するぜ男」です……。過去にたくさん遭遇しました……。

女性のみなさん、上記のようなLINEには十分気を付けましょう!

Share

毒島 サチコ

愛媛県出身。1000本以上のコラムを執筆。「バチェラー・ジャパン シーズン3」に出演した恋愛ライター。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article