1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 占い
  3. やぎ座の3大“自分ルール”

やぎ座の3大“自分ルール”

Share

やぎ座さんが生きていくうえで大切にしていること、譲れないこととはなにか。やぎ座の3つの“自分ルール”を、占い師・沙木貴咲先生が解説します。

やぎ座の3大“自分ルール”

■ルールその1「正しいと思う道を進む」

やぎ座を一言で述べるならしっかり者でしょう。自己管理能力が高く、ものごとの本質を見極めるのが得意なので、うわついたことはしません。常識と自分の考えを照らし合わせて、つねに地に足のついた答えを出そうとします。

それは、やぎ座が「正しいと思う道を進む」というマイルールを持つため。周囲の意見に流されたり、自分で考えることを放棄したりはしないのです。仕事でも人間関係でも、責任を持って関わろうとするでしょう。

また、やぎ座は言動が落ち着いているため、年長者から好かれて、同世代や年下からは頼られやすいはず。自分から出しゃばることは少ないのですが、周囲から信頼されて一目置かれる存在になりそうです。できるリーダーのそばで補佐役を務めるとか、表にはすすんで出ないものの陰の実力者として活躍することが多いでしょう。

年齢が若いうちは何かと裏方に回りがちだとしても、コツコツと努力を積み上げて、実力を認められることで注目する場面が多いタイプです。学生時代は目立たなかったけれど、大人になってから同窓会で再会したらものすごい変身を遂げていた……というパターンが多いのもやぎ座の特徴でしょう。

■ルールその2「ときめきも大事だけど信頼が大事」

やぎ座はどちらかというと恋愛に奥手で、「この人」と本命を決めたらめったに心移りはしません。恋人と大ゲンカをしても、きちんと話し合ってヨリを戻そうとするでしょう。

そのため、やぎ座の恋は結婚に直結しやすく、関係は安定して長く続きやすいはず。本人もそのつもりで恋人を愛するところがあり、よほどのことがなければ「別れる」という選択肢は選ばないのです。「ときめきより信頼を重視する」という恋ルールを持つやぎ座ならではでしょう。

また、公私ともに影響を与え合う関係になれば、愛する人との絆はいっそう深くなります。イケメンや高収入ハイスぺに浮気を誘われても、やぎ座は応じるどころか軽蔑のまなざしを向けるはずです。

もともと管理能力の高いやぎ座は、結婚すると頼れる妻になり、夫から絶大な信頼を寄せられます。子どもにとってはお手本となる母親になるので、家族の結びつきはしっかりしているでしょう。絵に描いたような幸せな家庭が築けそうです。

■ルールその3「最後には勝つ」

やぎ座は恵まれた仕事運を持つタイプ。大器晩成型ではあるのですが、しっかりとした実績を積み重ねていくことで成功を収められるでしょう。

自覚のあるなしにかかわらず、仕事に関しては野心を抱きやすく、「絶対に結果を出したい」「自分の思いどおりにしたい」という願望が強め。控えめなように見えて実は強気なので、退くことをあまり考えないのかもしれません。紆余曲折しても、やぎ座は「最後に勝つ」というマイルールを持つため、いざとなれば大胆な勝負にも出るのです。

しかも、現実的に考えて冷静に判断・行動ができるため、やぎ座はミスが少なく、あっても致命傷になりにくいはず。どんな仕事においても平均点以上を取り、経験を重ねることで満点が取りやすくなるタイプです。まぐれの成功でのし上がるのではなく、きちんとした土台を築いた上に実績を積み重ねていきます。

組織の中では順当にステップアップを遂げて、取引先からは信頼を寄せられるでしょう。やぎ座の仕事は、年齢を重ねるごとに盤石なものとなっていくはずです。

■やぎ座とは……?

やぎ座は優等生にたとえられることが多いですが、ただの「いい子」では終わりません。胸の奥には野心を隠していますし、ほかの人を圧倒するほどの力強さも兼ね備えています。

真面目で大人しいというイメージは、親しく付き合うほどに覆され、豪胆で頼りがいのあるタイプに上書きされるでしょう。それは、やぎ座が何に対しても熟考した上できちんと答えを出せるから。自分なりの「正解」を持つからこそ、骨太なたくましさを発揮するのです。

Share

沙木 貴咲

ライター・占い師。恋愛・婚活・占い・育児・メンタルヘルスなどをtwitterで日々つぶやいています。二児のシングルマザー。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article