1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 普段の装いをアップデート! スカーフを使ったコーデ6選

普段の装いをアップデート! スカーフを使ったコーデ6選

Share

火曜日のファッションコラム担当は、R*ジャスミンさん。今回は、スカーフを使ったコーディネートをご紹介。簡単に普段のコーディネートをランクアップできるアイテムなので、この冬はぜひ取り入れてみて。

普段の装いをアップデート! スカーフを使ったコーデ6選

以前商社でシルク製品の輸入を手掛けていたこともあり、毎日さまざまなスカーフに触れる機会があったせいか、スカーフには人一倍思い入れがあります。

シルクのスカーフは、添えるだけで普段のコーデをぐっとグレードアップできる優れもの。

今日はそんな便利アイテムのスカーフを使ったシチュエーション別のコーディネートをご紹介します。

■エルメスのスカーフは王道。普段着からオケージョンスタイルまで活用できます

スカーフと言えば、エルメス。
こちらは30年ほど前にパリの本店で購入したエルメスのスカーフです。

30年以上経ってもまったく色褪せず劣化もせず、「さすが、エルメス!」と言いたくなる逸品です。

発色も良く、普段着ているベーシックなニットに合わせるだけで簡単にいつもの装いをアップデートできます。

こちらは同じエルメスのスカーフを使った、次女の高校の卒業式に列席した時のスタイルです。

卒業式は入学式と違ってシックなスタイルが定番。ブラックのパンツスーツはともすれば地味になり過ぎる懸念もありますが、スカーフを1枚添えるだけでフォーマルな場にふさわしい華やかさを演出することができます。

■旅行に1枚あると便利な横濱スカーフ

先日、夫と旅行に出掛けたときもスカーフを持参しました。
こちらは「横濱スカーフ」のものです。

横浜出身の私にとってはとても馴染み深い伝統のあるスカーフ会社であり、エルメスのような高発色ではありませんが、優しい色柄で普段使いしやすいスカーフが豊富に揃っています。

旅行1日目では、白の上下にこの横濱スカーフを巻いていました。
単調になりがちなオールホワイトにポイントを作ってくれるので、旅先でも手抜き感が出にくいのがありがたいです。

こちらは旅行2日目のコーデです。
長方形のスカーフなので、ストールのようにも使え、色々とアレンジが効きます。

ニット以外は1日目のコーデと同じですが、スカーフの巻き方を変えると全身のイメージも大きく変わるから不思議です。

旅先では荷物を増やしたくない派なので、持参する服は最小限に留め、スカーフを1枚持って行くようにしています。

■プチスカーフならポイント使いに最適

こちらはバーバリーのプチスカーフ。
一般的なスカーフよりもかなり小さいサイズなので、バッグに結んで使うことが多いですが、この日はシャツの襟元に巻いてみました。

王道のバーバリーチェックに遊び心のあるペイント柄がユニークなプチスカーフ。
白×黒のシンプルなシャツスタイルも、プチスカーフを添えることで一気におしゃれ感が増します。

こちらのスカーフはマニプリ(manipuri)のもの。
マニプリのスカーフはヨーロッパやモロッコなどからインスピレーションを受けた風景や花柄が中心で、カジュアルスタイルに使いやすいモチーフ柄のスカーフが揃っています。

こちらのコーディネートで使用しているのは、鮮やかなターコイズブルーのロイヤル柄。
同じターコイズカラーのニットに合わせてポイント使いしました。

■スカーフ1枚で色々なコーデを楽しめる

スカーフがあれば普段着からオケージョン、また旅先でと、幅広いシチュエーションでさまざまなコーディネートが楽しめます。

吸湿・放湿性にも優れたシルク特有の繊維は、夏は涼感を取り入れられ、また冬は保温効果を感じられ、1年中快適に使用できるのも魅力です。

スカーフの活用法は無限大。
クローゼットに眠っているスカーフがあったら、早速今日から使ってみましょう!

Share

R*ジャスミン

1968年生まれ。ファッションブロガー。商社にてシルク繊維・製品の輸入に携わり、結婚、出産を経て2014年からブログを開始。同年に賃貸業・管理業の自企業を設立・経営する。ライフスタイルから自身の日々のスタイリングを綴った等身...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article