大型連休あるある

Share

大型連休で休日が続くときは、期待に胸がふくらみすぎて、なにかと力んでしまいがち。その結果、空回りしてしまうことも……。休日を効率的に過ごすのは、案外難しいものです。

大型連休あるある

■#休み終わるの早い

大型連休は、1カ月前くらいから楽しみにしてしまう。

でも、いざやってくると、あっという間に終わる。

■大型連休と言っても、実質3連休ぐらい

「最大○連休」とか言うけれど、なんだかんだ仕事がらみの用事が入って、丸々休みってわけにはなかなかいかない。

実質3連休ぐらいが関の山。

■考えることはみな、同じ

どこに行っても混んでいる。

行くところがあまりない地方だとイオンが激混み。

■自分を探しに人混みへ

大型連休

インドア派のくせに、なんとなく世間の流れにのってしまい、混んでいるとわかっていても人気スポットに行きたくなる。

結果、想像以上に混んでて嫌気がさし、自分がインドア派であることを再認識する。

■遠くへ行きたい

「今度の大型連休は家で過ごす」と決め込んでいても、駅や空港でインタビューされている旅行客をテレビで見かけると、うらやましいと思ってしまう。

■小さな嘘

休み明けに職場で「どっか行った?」と同僚に聞かれ、本当は一歩も家から出ていないのに、「映画と買い物くらいかな」と変な嘘をついてしまい、軽く凹む。

Share

鈴木一禾

ライター、編集者。相撲とロマコメ、フランス近代音楽が好き。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article