1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. ぼっちエピソードあるある

ぼっちエピソードあるある

Share

ひとりは自由で楽ちん。ひとに気を遣わなくていいからストレスがたまらないし、好きな格好でいられるし、好きなものを好きなだけ食べられる。でも、ときどき寂しさを覚える瞬間も……。ひとりぼっちのエピソードを集めます。

ぼっちエピソードあるある

■誕生日、LINEはお母さんからのみ

基本、誕生日を誰にも覚えてもらってない。

「おめでとう」と言ってくれるのは、私を産んでくれた人だけ。

■クリスマスなのでお先に失礼します

デートの予定があるわけでもないのに、いつもよりオシャレして出社。

その上、予定があるかのように、いそいそと退社してみる。

■机でうつ伏せ寝

高校のとき、いつも、ぼっちだった私。

やることがないので、休み時間は机に突っ伏して、ひたすら寝たフリしてた。

本当は起きてるから、みんなの会話がなんとなく聞こえてきて、わりと情報通に。

■会食が苦手

いつもぼっち飯なので、たまに誰かと食事するようなことがあると、緊張してほとんど味がしない。

■いざというとき、うまく会話できない

職場で誰かと会話する機会がほとんどなく、終日、一言も発さないこともざら。

しゃべり慣れないから、たまに美容院に行くと、会話が続かず気まずい思いをしてしまう。

■クリスマスといえば、フライドチキン

クリスマスらしいことがしたくて、イブにケンタッキーのファミリーパックを注文。

「よおし、今日は食べるぞ」と思って意気込むも、半分くらいでギブアップ。

おしぼりが4つも付いてるのが目に入って、ふと我に返る。

■ひとりでも暖かく過ごすはずが……

自分へのクリスマスプレゼントに、ひとり用のホットカーペットを購入。

暖かくなったはずなのに、なんだか余計に寂しくなった気がする。

心に冷たい隙間風が吹いているかのよう。

Share

鈴木一禾

ライター、編集者。相撲とロマコメ、フランス近代音楽が好き。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article