1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 占い
  3. 「自分のサイコパス度」がわかる心理テスト

「自分のサイコパス度」がわかる心理テスト

Share

今回は「自分自身のサイコパス度」がわかる心理テストをご紹介します。サイコパスと聞くと怖い印象があるかもしれませんが、実は一般の人にもサイコパスの要素が備わっている、とも言われます。「山火事を発見したときの対応」からあなたのサイコパス度を探っていきましょう。

「自分のサイコパス度」がわかる心理テスト

皆さんは「サイコパス」という言葉を聞いてどんな印象をお持ちでしょうか。

サイコパスは、反社会的なパーソナリティーと騒がれている一方で、利益追求をした結果、会社や社会に貢献をするタイプも存在しています。

そして、実は普通の人にもサイコパスの要素が備わっていると言われているのです。

今回は、自分のサイコパス度がわかる心理テストになります。

では、さっそく、心理テストを始めていきましょう!

Q.ある村に山火事が起きました。しかし、あなた以外そのことを知りません。そのとき、あなたはどんな行動を取りましたか?

A:慌てふためく
B:「火事だー!」と周囲に伝える
C:山火事の様子を見にいく
D:あまり気にしない

この心理テストで診断できること

「自分のサイコパス度」

深層心理において「火」は、激しい感情のシンボル。

そして山火事は「精神的な危機」を表し、危機的なシーンのなかで、どのように感情が揺れ動くかがわかります。

つまり、あなたがどんな行動をするかによって、あなたのサイコパス度がわかるのです。

■A:慌てふためく、を選んだあなた……サイコパス度10% 普通人タイプ!

あなたは、繊細で自分のココロの揺れ動きを敏感にキャッチできるタイプ。ただ、周りの環境によって、感情に左右されやすい傾向にあります。

今後は、感情が揺れ動いたときに、一旦立ち止まってゆっくりと深呼吸をすることを心がけてみませんか?

気持ちの安定を作り、冷静な判断を意識していきましょう。感情のコントロール力を磨くことで、あなたもサイコパスのように振る舞えるでしょう。

■B:「火事だー!」と周囲に伝えるを選んだあなた……サイコパス度70% 快楽主義タイプ!

あなたは、冒険心があり困難な状況のなかで、果敢にチャレンジするタイプ。ただ、目についたものから、衝動的に行動することも。

興味がある分野をとことん熱中した結果、欲望に溺れてしまう一面があります。まずは、簡単に達成できる目標を日課にすることから始めてみましょう。

小さな目標達成の繰り返しが達成感を作ります。毎日の達成感の積み重ねが自制心を育て、欲望に流されないメンタルへと成長していきます。

■C:山火事の様子を見にいく、を選んだあなた……サイコパス度60% ホラ吹きタイプ

あなたは、外向的で、周囲に気を配ることができるタイプ。ただ、誰かに認められたいという気持ちが強く、相手の期待に答えようとすることも。

周りの評価に納得がいかなかったら、みんなを巻き込んで、自分の気持ちを認めさせようとする傾向があります。

あなたに今必要なのは、自分のことを自分で認める時間を作ることです。承認のシャワーを自分にプレゼントすることで、肯定感が芽生え、周りの評価に影響されないメンタルが育ちます。

■D:あまり気にしない、を選んだあなた……90% 無関心タイプ

あなたは、冷静に状況を判断し、落ち着いて行動できるタイプ。

一方で、自分の感情にふたをし、自分のココロを感じないようにすることで、相手の気持ちに鈍感な一面も。

さらに、火事のシーンのなかでも、関心を示さないあなたのサイコパス度は、とても高めといえるでしょう。

まずは、自分の気持ちがどう動くのかを観察し、言葉に表現してみませんか? 喜びや悲しみなどを言葉にすることで、自己理解が深まり、相手の気持ちに共感する力が身につきます。

■あなたのなかにあるサイコパスの要素を強みに変えていこう!

「サイコパス」という要素は、相手を騙し、自分の思い通りにコントロールをするといった悪い方向に力を傾けることもできれば、サイコパスの要素を使って、他者と建設的にコミュニケーションをとるなど、良い方向へ進むことだってできるのです。

ぜひ、自分自身のサイコパスの要素を強みに変えてみてくださいね。

■こちらもおすすめ

あなたや彼の「サイコパス度」がわかる心理テストまとめ

「サイコパス度」がわかる心理テストまとめ

Share

玉川 隆二

一般プロフェッショナル心理カウンセラー。心理カウンセラー、心理テストライターとして活動しています。自治体によるSNS相談やSNS自殺防止対策事業などを担当。心理テストを通じて、自分を知る喜びや驚きを味わってみませんか?

関連するキーワード

関連記事

Latest Article