1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. スニーカーに慣れた人あるある

スニーカーに慣れた人あるある

Share

今やトレンドのど真ん中。パンプスを脱ぎ捨て、スニーカーの魅力の虜となってしまった人のあるあるをピックアップ!

スニーカーに慣れた人あるある

■極めれば、スリッポン

パンプスに慣れてたせいか、楽チンなのはいいけど、スニーカーは靴紐を結んだりほどいたりするのが結構面倒。

スリッポンタイプのスニーカーに落ち着いた。

■おしゃれじゃなくても、別にいい

ひとたびスニーカーを履き始めたら、後戻りはもうできない。

足にかかる負担軽減を最優先するようになり、今ではウォーキングに特化した、まったくおしゃれ感のないタイプを履いている。

■スニーカーだっていろいろ

昔はスニーカーなんて全部同じだと思ってたけど、ものによってソールの形や足幅が微妙に違っている。

パンプスほどじゃないけど、足に合わないスニーカーは、結構履きづらい。

ブランドやデザインだけでなく、素材や仕様など、ライフスタイルに合わせてちゃんと選ぶ必要があると思っている。

さまざまなスニーカー

■可能な限りスニーカー

スニーカー慣れして、ヒールのある靴が履きたくなくなってしまった。

友達の結婚式にもフラットパンプスで参列。

しかも会場までの移動はもちろんスニーカー(笑)。

■スニーカー率100%

職場もスニーカーOKだし、恋の予感もないので、今では家のシューズボックスがスニーカーだらけになった。

■もうヒールには戻れない

いつもスニーカーなものだから、この前、親戚の結婚式でヒール履いたら、不安定でめちゃめちゃ怖かった。

特に、階段では震えた。

よく毎日あんなの履いてたと思う。

■パンプスにお金をかけるのが惜しく思える

昔は、スニーカーなんかにお金出すのアホらしいと思ってたけど、今は、欲しいスニーカーがいっぱいあるから、滅多に履かないパンプスにお金を出すのが惜しい。

Share

鈴木一禾

ライター、編集者。相撲とロマコメ、フランス近代音楽が好き。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article