1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. イケメンのセックスは微妙? 体の相性問題を語る【座談会:30代、改めて「恋」を考える】

イケメンのセックスは微妙? 体の相性問題を語る【座談会:30代、改めて「恋」を考える】

Share

30代の恋愛座談会、最終回となる今回は、やっぱり気になるセックスの話。過去、セックスが合わなかった相手はいる? 「この人、体の相性良さそうだな」と感じるのはどんなとき? なかなか人には聞けないセックスのこと、赤裸々に語ります。

イケメンのセックスは微妙? 体の相性問題を語る【座談会:30代、改めて「恋」を考える】

参加者プロフィール

まことさん(37)

2年半前、7年付き合って同棲もしていた彼氏と別れる。出会いはあるものの、新しい恋愛が怖くてなかなか踏み出せない。

れいさん(34)

20代で一度結婚し、離婚。その後は別の男性と婚約して破局、それから別の男性と不倫関係に……と波乱万丈。現在はフリーで、自分を見つめ直す期間。

あみさん(33)

20代で結婚&離婚。年内に結婚予定の婚約者がいるが、そのほかに彼氏が3人。関係を清算すべく奮闘中。


▼第1回はこちら
過去の大失恋、どう立ち直る? 【座談会:30代、改めて「恋」を考える】

▼第2回はこちら
大人の“出会い”はどこにある?【座談会:30代、改めて「恋」を考える】

■「容姿がすごく良い人は、セックスに対して努力しない(偏見)」

――れいさんから「気が合いすぎて、元々セフレだったけどデートするだけになった」という話がありましたが。みなさんは体の相性って、どのくらい重視しますか? そこが合わなくて別れたこととかあります?

まこと:私は、ありますね。すごい好きだったけど、本当に合わなくて。無理! となっちゃって。これが「合わない」ってことなんだ……と思いました。

れい:どう合わない?

あみ:気になる!

まこと:動きががさつ。普段とっても優しいんだけど。え? なんでそうなるの? みたいな。でも、キスの段階で気づいたんですよ、合わないかもって。

れい:つまり……下手ってこと?

まこと:そうなんだと思う。

あみ:気の毒だ。

まこと:その人は容姿がすごく良かったんですけど……。これ、私の、かなりの偏見なんですが、容姿がすごく良い人ってセックスに対して努力しないんだなと思って

あみ:それ、あると思います。

イケメンのセックスは微妙? に対する答えは、全員「ぶっちゃけそう思います」

まこと:容姿に甘んじて、その他の部分にあまり気を遣わないというか。コミュニケーションとかおしゃれとか、諸々努力しない傾向があるような気がしています。

あみ:ハイスペ男性は、そういう傾向ありますね。

まこと:そう、スペックに甘えに甘えまくった結果がこれなんだなと。探究心が強い人は、うまいじゃないですか。私が経験してきた範囲で言うと、元のスペックが高くて満たされている人は、探究心をあまり持たないのかなって思います

元カノとかどうしていたの? これで良かったの? と思っちゃう。

あみ:私もそう思っていたこと、あるある。前の彼女のことを案じちゃう。

れい:誰も言わなかったのかな。

まこと:不幸だよね。言えないんだよね。

――でも、言いづらくないです?

まこと:ナイーブな問題だけど、私は言っちゃった。「本当に合わない、無理だわ、本当にごめん」って。「何がどう無理なの? 教えて」って言われたんですけど……。

れい:ちゃんと改善しようとしてますね。PDCA回そうとしている。

まこと:優しいですよね。でも、そういう問題じゃない。やっぱり無理でした。

あみ:そこで一緒に改善しなかったんですか? 楽しそうじゃないですか。

まこと:2回トライしたけど。ああいうのって、空気を見て、相手の表情とかを見て、サービス精神でいろいろなことを繰り広げていくものですよね。それができないって、もう無理なんですよ。「こうして」「ここが」とかじゃなくて。もうあなたとは無理なんです、と。

れい:育てようがなかった?

まこと:そう。伸びしろを見いだせなかった。

あみ:2回トライして、そこからさらに向き合う余力がなかったということですよね。

まこと:そう。「うう……」ってなっちゃった。

まこと「改善しようと頑張ってくれましたが、ダメでしたね……」

あみ:私も同じようなこと、ありましたね。付き合った中で唯一の、スーパーハイスペ男性がいて。私、そんなにイケメンとか好きじゃないんですよ。でも、顔良し、学歴良し、仕事も良し、メディアにも出ている、言うことなしの男性がいたんですけど。セックスが、笑っちゃうくらい……。

――だめだったんですね。

あみ:卑猥な言葉を言わせようとしてきたり。たぶん、男性向けに作られたAVからしか学んでないのかな。あれはちょっとかわいそう。

れい:でも、卑猥な言葉を言わされるのが好きな人もいるから、結局は相性なんですよね。

あみ:そうなんです。あと、たぶん「昼間の俺だけじゃなく夜の俺も認めさせたい」という支配欲がすごく強かったんだと思うんですよね。セックスしながらの確認事項が多くて。

まこと:自分に自信がなかったのかな。

あみ:そうだと思います。仕事が好きで、性にそこまで関心がないから、そこのPDCAを回すとか高みを目指すことを、そんなにやってきていないと思う。頑張らなくても女の子は寄ってくるし。

私、体の相性ってあまりないと思っていて。気持ちで改善できると思っているタイプなんですよ。でもあれは無理だった。高みを一緒に目指そうと思えなかった。

あみ「スーパーハイスペ男性、セックスは合いませんでした」

――こうしておけば良い、AVのとおりにやっておけば良いと。そういうのを頑なに持っちゃうと、改善するのは難しそうですね。

あみ:それぞれ違うのに。反応を見て頑張ってくれと思う。

まこと:誰も指摘する人がいないからね……。

――あみさんは、その彼に何か言いました?

あみ:言っていない。結局しなくなりましたね。唯一その人だけかも、セックスレス。

れい:どのくらい付き合ったんですか?

あみ:1年。短かったです。

れい:1年でレスって早いですね。

あみ:全然興味なくなっちゃって。そうするとだんだん、昼間の彼も色褪せていくんですよね、なんか

まこと:フレーズがかっこいい。昼間の彼も色褪せて……。

あみ:あんなに輝いて、後光が差しているようにかっこよかった人なのに。灰色になっちゃって。そんなことがありました。

■「話しているときにセックスを想像できる人は、体の相性が良い」

――れいさんはどうですか?

れい:本当に無理! という人に出会ったことはないですね。基本的に話し合うので。ただ、4年半付き合った彼は、話し合いができなかったです。

体の相性、悪いわけじゃないんだけど、ちょっと物足りなくて。淡泊なんですよね、基本的に。長く付き合って気持ちも途切れていた頃だったので、それも相まって冷めていってしまったことはありました。

れい「幸い、どうしても無理! という人はいなかったです」

――セックスする前から、この人相性良さそうだなってわかることはありますか?

あみ:ある。

れい:あるかもなあ……。

――どんなときに?

あみ:しゃべっているときにセックスを想像できる人は、だいたい相性が良い。

――食事しているときとか?

あみ:そう。その時点で想像できる人は、相性が良いと思います。

――まったく想像できない人もいますか?

あみ:想像できない人は、うん、絶対にそういうことにはならない。会話をしていて、この人はすごく合うなという人は、だいたいセックスも合いますね。

れい:うんうん、仮に体の相性が微妙でも、会話がすごく合うんだったら、そこは調整できると思います。気持ちでカバーすることもできるし、会話ができるっていうことは話し合える、対話ができるということだから。

あみ:あと、ベースの自己肯定感が低めで、頑張って克服してきたような人は、すごく努力してくれるなと思います。

まこと:それはかわいい。

れい:たしかに。

――まことさんはどうですか?

まこと:私は会話だけじゃわからないかな……。そこまで突き詰めていない、達観できていないですね。キスではわかるかな……。

あみ:達観しているというより、血迷っているだけかもしれない。勝手に自分で妄想を膨らませて……。

――相性って何でしょうね。ちょっとしゃべっただけで、合う、合わないとかわかるし。

れい:あるある。

――逆に、希望の条件は全部満たしているのに、会ったらうどんみたいなパスタが出てくるとか。

まこと:趣味とか全部合うのに、生理的にどうしても無理だなと思う人とか。

あみ:そんな人いるんですね。

まこと:いるんですよ。50人も会ったらひとりくらいいますよ、やっぱり。他は全部いいのに生理的に無理だなって。

――触りたくないとか?

まこと:触られたくない。触れたいなと思えない。

れい:逆に、条件だけ見たら合わないのに、会ってみたら触りたくなる人もいますよね。

まこと:うん、うん。ある。

■何歳になっても、恋には振り回される?

――高校生くらいの頃は、大人になっても恋する自分って想像できなかったですけど……全然昔と変わらないですよね。

まこと:ほんと、変わらないですよねえ。

れい:30歳すぎたら、結婚して子どもがいて……って想像したり、もっと感情に振り回されない自分になっているものだと思っていたんですけど。本当に、全然変わらないんだなと思って。それを40歳くらいの人に話したら、「40歳でも変わらないよ」って言われました。私一生これ!? みたいな。

あみ:たぶん、一生なんでしょうね。

――最後に、20代の恋愛と比べて変わったこと、うまくできるようになったことってありますか?

あみ:昔は、ふたりの関係性に「恋人」とか「友達」と名前をつけないと気が済まなかったんですけど、今は「ふたりにしかわからない、名前のない関係性がある」と思うようになりました。ズルい解を見出しちゃった(笑)

れい:ああ、わかります。私は、昔と比べて、相手をコントロールしようとする気持ちが薄れてきたなあと。昔は、自分のニーズを通すことに必死になるというか、相手に合わせてもらうのが当たり前だと思っていました。

まこと:「ありがとう」「ごめんね」みたいなシンプルなことを、素直に伝えられるようになりましたね。20代を振り返ると、相手がしてくれたことに対して、喜びをもう少し表現していればよかったなと思います。

関係性をうまく維持するために、感謝や喜びはちゃんと伝えなきゃいけないんだなって、30代になってから実感しています。

――トライ&エラーを繰り返して大人になっていくんですね……。私も勉強になりました。

まこと:すごく楽しかったです。

れい:こういう風に、人の恋愛の話を聞く機会って、そうそうないですもんね。

あみ:そうですね。

――みなさん、今日はありがとうございました!

text/べっくやちひろ

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

Latest Article