1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. LINE交換したくないときの“断り文句”あるある6選

LINE交換したくないときの“断り文句”あるある6選

Share

LINEでつながれるのはいうまでもなく便利だけれど、それはつながりたい場合だけのこと。面倒なご縁なら、できるだけ回避したいものです。LINE交換をお断りしたいときのセリフあるあるをピックアップします。

LINE交換したくないときの“断り文句”あるある6選

■「やってない」で通す

「LINE、やってないんですよー」「やってはいるんですが、身内との連絡専用で」とかシンプルに嘘をつく。

もし共通の知人がいて、しかも自分がLINEをしていることをその知人が知っているなら、「LINEやってないことにしてるから、その人に言わないで」と後で忘れずに口裏を合わせておく(面倒だけどやむを得ない)。

■画質の劣化を理由に

一緒にスマホで写真を撮る機会があって、「LINEで送るから教えて」って言われたとき。

「ん〜」ってしばらく考えたフリして、「そうそう、LINEで送ってもらうと、せっかくの写真の画質が悪くなっちゃうんですよね。だから、AirDropでお願いします。そのほうが早いし」とかわす。

iPhone限定だけど。

■本当のことを言う。ただし表現には気をつけて

LINEを教えたくないことを正直に相手に伝える。

ただし、「すごく親しい人にしか教えてないので、すみません」など、必要以上に相手を傷つけないよう、大人の表現を心がける。

その場できちんと片がつくので、嘘をついて後からバレたり、バレるんじゃないかと心配したりするより、はるかに楽ちんだし自然。

■ぜんぶ携帯のせい

その場では「携帯の調子が悪いので、機種変したら教えます」とかわして、あとは極力その人に会わないように心がける。

■メモ用紙を活用

「なんかこのところLINEがバグってて……直ったら送るんで、今日のところはこれで」とか適当なことを言って、IDをメモ用紙などに書いてもらう。

相手が視界から消えたあと、紙は処分する。

■東大話法でケムに巻く

「ネットと実生活は切り離したいと考えているので」など。

なんとなくわかるような、わからないような気になる言葉を使って、うまいこと濁す。

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article