1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 春夏の定番リネン。“ほっこり”になり過ぎず着こなすコツは?

春夏の定番リネン。“ほっこり”になり過ぎず着こなすコツは?

Share

さらりとした着心地で抜け感と季節感をもたらしてくれるリネンのアイテム。通気性が良く蒸し暑い日も快適に着ることができますが、ナチュラルな素材感を活かすとほっこりとし過ぎてしまう心配も。火曜日のファッションコラム担当・R*ジャスミンさんが、麻のアイテムをスタイリッシュに着こなすコツをコーディネートを交えて紹介します。

春夏の定番リネン。“ほっこり”になり過ぎず着こなすコツは?

■麻のアウターなら早い時期から取り入れられる

リネンと言えば生成りやベージュ、ブラウンといったナチュラルなアースカラーのイメージ。今回ご紹介するのは、まさにそんなアースカラーでまとめたコーディネートです。

毎年、夏には欠かせないリネンのアイテムですが、今年は特に大ブーム。例年よりも早い時期から積極的にコーディネートに取り入れたいところです。

とはいえ、今の時期はまだ肌寒い日もあるので、アウターで取り入れるのがおすすめです。

こちらのコーディネートではアウターもニットもスカートもすべてリネンを使用しています。
アウターは麻のナチュラルな風合いを生かしたチェスターコート。

柔らかくラフな質感がこなれた印象を演出してくれ、きちんと見えするチェスターコートも、リネン素材なら堅苦しくなく適度に抜け感あるスタイルを作り出してくれます。

■オフィスでリネンを楽しむなら、ワントーンコーデがおすすめ

トップスはリネン混の片畦ニット。
ざっくりした編地とボリューミーな袖、ゆるっとしたシルエットでリラックス感あるスタイリングを楽しめます。

スカートも麻混素材のものを穿いています。
レーヨン混のため、適度にハリを残しつつ柔らかな肌触りでシャリ感としなやかさを持ち合わせた穿き心地です。

ニットもスカートも「ゆるい」デザインのため、メッシュ編みのベルトでウエストマークをして少しだけきちんと感を出してみました。

麻特有のシャリ感ある質感を生かした風合いは、ナチュラルテイストの装いやカジュアルなスタイルとマッチしますが、実はオフィスシーンにもよく合います。

ある程度きちんと感が必要になる仕事の場では、落ち着いたアースカラーの濃淡を用いて全身のカラートーンを統一するのがおすすめ。ナチュラル感をのこしつつきれい目な印象がプラスされ、洗練されたアーバンな雰囲気に落とし込むことができます。


着るたびに柔らかく馴染み、吸水性、発散性に優れ、清涼感あるリネンはこれからの季節にぴったりの素材です。
オンオフ問わず、コーディネートに取り入れることで抜け感あるスタイリングが楽しめて、今の季節から初夏にかけて大活躍すること間違いなし。使い込むほどに風合いが変わるのも魅力のひとつです。

ぜひ、ワードローブにプラスしてみてください。

OUTER// JOURNAL STANDARD relume

KNIT// BEAMS

SKIRT// UNITED ARROWS green label relaxing

BAG// FENDI

SHOES// Mila Owen

Share

R*ジャスミン

1968年生まれ。ファッションブロガー。商社にてシルク繊維・製品の輸入に携わり、結婚、出産を経て2014年からブログを開始。同年に賃貸業・管理業の自企業を設立・経営する。ライフスタイルから自身の日々のスタイリングを綴った等身...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article