1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 日本のモダニズム建築のレッドリスト。

日本のモダニズム建築のレッドリスト。

Share

みなさん「レッドリスト」という言葉ご存知ですか? 「絶滅のおそれのある野生生物(動植物)のリスト」のことを一般的に言いますが、 今回こちらでテーマにしたいのは、日本のモダニズム建築のレッドリスト。

日本のモダニズム建築のレッドリスト。

みなさん「レッドリスト」という言葉ご存知ですか?
「絶滅のおそれのある野生生物(動植物)のリスト」のことを一般的に言いますが、
今回こちらでテーマにしたいのは、日本のモダニズム建築のレッドリスト。
戦後の重要建造物の多くが、解体、または原形をとどめないほどの改築の危機にさらされ、モダニズム建築として大きな影響を与えてきたいくつもの建物が、
経済的な理由や耐震性の問題から、壊され絶滅に危機に瀕しています。

そんな日本のモダニズム建築のレッドリスト中で、
昨年5月に建替計画が発表されて以来、しばしば話題になっているのが、
ホテル・オークラ東京本館です。

イタリアのラグジュアリーブランド、ボッテカ・ヴェネタ(Bottega Veneta)のクリエイティブ・ディレクターであるトーマス・メイヤー(Tomas Maier)氏が
このニュースを知り、ニッポンにある素晴らしいモダニズム建築の魅力を世界に向け発信しようとスタートした活動は、ファッション好きで感度の高いDRESS読者であれば知っている方も多いと思います。

1962 年に 谷口吉郎氏が設計したホテル・オークラ東京本館ラウンジ、私も好きでよく行っていたので、トーマス・メイヤー氏の活動にとても共感します。

トーマス・メイヤー以外にも、このホテル・オークラ解体計画発表後、いち早く保存を訴える署名キャンペーン(http://savetheokura.com/)を初めたのは、イギリス発のグローバル情報誌『monocle(モノクル)』。さらに、イギリス人ファッション・デザイナー、マーガレット・ハウエルも、反対の声明を出しています。

以前、NHKの『シリーズNIPPONの巨人 丹下健三 いにしえから天へ地平へ』というドキュメンタリー番組で見て、丹下健三先生の建築の偉大さに非常に感銘を受けました。香川県庁舎、東京カテドラル大聖堂、国立屋内総合競技場、広島ピースセンターなど、日本の宝として守っていきたいと純粋に思わせてくれた、とても良い番組でした。
心が込められ丁寧に作られた優れた建築ほど、時間が経てば経つほど良い“味”、“オーラ“が出てくるものです。(これはファッションや日用品全てに言えることですよね。)この”いい味わい”は、一度失ってしまうと再現は不可能です。
漫画やアニメも良いですが、日本のモダニズム建築も、日本が誇れる“Cool Japan”だと思うのですが、皆さんはどう思われますか?

同じように共感し何かアクションを起こしたいと思っている方、
こんなアクションはいかがでしょうか?


魅力的なモダニズム重要建造物が日本にどれだけあるのか? まず好奇心を持つこと。そしてレッドリストにならないよう、一人一人が監視の目として、常に関心を抱いていること。

ちなみにホテル・オークラ東京本館以外に、今、レッドリストに入りそうなモダニズム重要建造物というと、六本木にある国際文化会館や上野の東京文化会館などが上げられます。


モダニズム建物と環境形成の記録調査および保存のための国際組織で、日本の近代建築の再評価のための活動を行うとともに、取り壊しが予定される近代建築について保存要望書を提出するなどの保存活動にも取り組んでいる、「ドコモモ(DOCOMOMO=Documentation and Conservation of buildings, sites and neighborhoods of the Modern Movement)」という団体があります。そのメンバーになってみる。

ドコモモ・ジャパンが選定したモダニズム建築は2014年現在、174あります。

ドコモモ・ジャパンのオフィシャルサイト:
http://www.docomomojapan.com/membership/


そして時間を見つけては、これらのモダニズム建築を見に、実際に足を運んでみる。
上記のドコモモ・ジャパンでも、見学会も企画運営されているようなので、ぜひチェック!
たくさんの方にとって重要視されている建造物だと、過小評価している人たちに行動で示すことも大切です。


ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)が行っている、SNSインスタグラムを使ったプロジェクトに参加してみる。参加方法は簡単。ホテルオークラ東京の本館を訪ね、思い思いに写真を撮影し、投稿と写真にハッシュタグ「#MyMomentAtOkura」を追加して自身のインスタグラムのアカウントでシェア。(私も近々実施したいと思います。^^)


オンライン署名サービスの「Change.org(チェンジ・ドット・オルグ)」でキャンペーン中の「株式会社-ホテルオークラ-ホテルオークラ東京建て替え中止を求めます」で、“賛同”ボタンを押してみる。(私も既に賛同しております。)
https://www.change.org/p/

 

写真は、『トーマス・マイヤーが見つめた日本』ボッテカ・ヴェネタのオフィシャルサイトから抜粋。
http://www.bottegaveneta.com/jp/collection/日本のモダニズム建築_grd16971

林民子

Share

林 民子

NPOソーシャル コンシェルジュ主宰。ジャンルを超え、社会貢献度の高いヒト、モノ、サービスをより魅力的により多くの人へ広めるための様々なプロジェクトをプロデュース。少数民族の貧困解決を目指し、上質のヤクという素材にフォーカス...

Latest Article